まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

知っているようで意外に知らない「イスの正しい座り方」とは?

家具

イスの正しい座り方 動画の一部
  • イスの正しい座り方 動画の一部
  • 座る姿勢は、内臓の圧迫、関節や筋肉の血流阻害などにつながる
  • コクヨが考える「快適なイス」の3つのポイント
  • イスの正しい座り方 動画の一部
  • 骨盤上部を支える形状の調節が可能な「ランバーサポート」
  • 座面クッションとフレームに骨盤をしっかり支えるくぼみを設けた「ポスチャーサポートシート」(座面)
  • 座面の高さは、靴を履いたときのひざから下の長さマイナス1センチ
  • 座面の奥行は深く腰かけ、ひざ裏と座面の間にこぶし1つ分が入るくらい
 オフィスで用いるイスを1960年代から開発。1980年には人間工学に基づいたチェアを発売するなど、数々のチェアを発表し続けてきたコクヨは、コクヨチャンネルで「イスの正しい座り方」を紹介している。

 「体に一番近い家具、それがイス」。体をまかせるイス次第で、座る人にも大きな影響を及ぼしかねない、という。

 たとえば、日々の仕事の中で感じる腰痛、肩こり、足のむくみなどの症状は座る姿勢から生じているものかもしれない。

 人の体はもともと、立っている状態がもっとも負担がかからないつくりになっている。座る姿勢は、内臓の圧迫、関節や筋肉の血流阻害などにつながり、さまざまな負担がかかって、実は体にとっては楽な姿勢ではないのだという。

 一般的なオフィスワーカーがイスに座っている時間は、1日4.3時間以上にも及ぶ。つまり、体のことを考えたイスに正しい姿勢で座ることは、体への負担を軽減させることにつながり、そうでない場合は体への負担が増えることになる。

 コクヨが考える、快適なイスのポイントは3つ。

 1.体圧(体の表面にかかる圧力)が適正に分散されること。
 2.背骨を自然なS字形状に近づけること。
 3.自分の体に合ったサイズに調節できること。

《大倉恭弘》

関連 ニュース

家具 アクセスランキング

  1. 職場で家庭で簡単整理…ファイルボックス活用術

    職場で家庭で簡単整理…ファイルボックス活用術

  2. オフィスを抜け感ある心地よい空間に! 新しい発想のアイテムを発売

    オフィスを抜け感ある心地よい空間に! 新しい発想のアイテムを発売

  3. プロが教える「いいソファの本当の選び方」…全国5か所で開催

    プロが教える「いいソファの本当の選び方」…全国5か所で開催

  4. コクヨデザインアワード受賞作品を商品化! 疲れにくくて軽いプラスチック製クッション「Stoop」

アクセスランキングをもっと見る

特集