まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

親子の対話が生まれる子ども向け家具、アクタスからデビュー

家具

The Good Design Kids Products(イメージ画像)
  • The Good Design Kids Products(イメージ画像)
  • モイ 揺りかご(ロッキングチェアにもなる)
  • モイ ロッキングチェア(揺りかごにもなる)
  • ワノワ テーブル&スツール
  • 内緒 デスク&チェア
  • 内緒 デスク&チェア
  • ノーム キッズチェア
  • ノーム キッズチェア
 家具・インテリアを提供してきたアクタスでは、「The Good Design Kids Products」と名付けられた、新しい子ども向け家具を提案し、販売している。

 これは、アクタスが数年前から進めてきた、ベビーからトドラー(幼児)期に使う家具の開発プロジェクトによるもので、コンセプトは「100x100 Dialogue」。「Dialogue」(ダイアログ)は「対話」を意味する英語で、親子の間や、子どもとモノとの間にたくさんの対話が生まれるように、という願いからこのプロジェクトはスタートした。

 人は生まれてから3歳くらいまでのことをほとんど覚えていないとされているが、一方で「気持ちいい」「おいしい」などを感じ、その時に感じた部分の脳細胞は発達するとも。それなら、できるだけ多くのポジティブな体験や経験をさせてあげたい、とアクタスは考えた。

 このプロジェクトの第一歩となったのは「絵本シリーズ」。絵本を介した、さまざまな親子のシーンを思い描き、暮らの中に子どもの居場所がちゃんとあることが、家族の「幸せ」につながる、そそんな考えからリリースされた。

 当初は2名のデザイナーとアクタスが一緒に考えてつくり、その後、思いを共有したデザイナーたちからアイデアがたくさん集まった。

 アクタス二子玉川店でリリースされて以来、注目を集める「The Good Design Kids Products」の家具。この子ども向け家具は、親子の間の対話も増やしそうだ。
《大倉恭弘》

関連 ニュース

家具 アクセスランキング

  1. コクヨデザインアワード受賞作品を商品化! 疲れにくくて軽いプラスチック製クッション「Stoop」

    コクヨデザインアワード受賞作品を商品化! 疲れにくくて軽いプラスチック製クッション「Stoop」

アクセスランキングをもっと見る

特集