まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

見直したい「手書き」の価値、用紙にこだわるノート2選

文房具

ゲルインキボールペンに最適
  • ゲルインキボールペンに最適
  • ゲルインキボールペンに最適
  • 消しゴムできれいに消しやすい構造
  • キャンパスノート(用途別)
  • キャンパスノート(用途別)
  • キャンパスノート(用途別)
  • キャンパスノート(用途別)
  • キャンパスノート(用途別)
 パソコンの世帯普及率が80%を超え、日本人の2人に1人はスマートフォンを持っているデジタル全盛時代になりましたが、一方でひそかに手書きの価値が見直されています。

 たとえば、新年に送られていた年賀状にちょっと添えられた手書きのメッセージが嬉しかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?もしかしたら、「デジタル疲れ」のようなことがあるのかもしれませんね。そこで今回は、手書きする時に普段何気なく使われている筆記用紙にスポットを当ててみました。

 普段何気なく使っている筆記用紙にも、「紙の厚み」や「重さ」、「白さ」、そして書いたときの「なめらかさ」など、さまざまな種類があり、書いたときの書き味にもそれらが違いとなって現れます。世の中には多種多様な筆記用紙を使った商品がありますが、今回は特にこだわって開発されたという筆記用紙を使っている商品を、ふたつご紹介したいと思います。

◆キャンパスノート<MIO PAPERシリーズ> 

 「手帳の紙のように薄くて書きやすい紙をノートにできないか?」というテーマで開発されたのがこのシリーズ。紙そのものの原料を少し変えることによって従来の薄口の紙に比べて裏写りしにくく、キャンパスノートより軽くて薄いので携帯にも便利。

 なめらかな書き心地も魅力的。筆記具の書き心地は紙表面のざらつき具合に関係するため、MIO PAPERは紙を抄く時の工夫により、つるつるすぎず、ざらざらすぎないゲルインクボールペンでの筆記に最適な風合いを実現しました。インクの乾きが早く、にじみにくいので左利きの人や縦書きのときにもピッタリです。

◆キャンパスノート(用途別)

 鉛筆で濃く書けて、消しゴムで消しやすい紙を採用した小学生向けノートシリーズです。小学生の95%以上が鉛筆(Bや2B)の濃い鉛筆を使用しており、消しゴムの消し跡が残ってしまうという不満の声が多いことから生まれました。

 紙の繊維の隙間を埋め、鉛筆の黒鉛が紙の繊維の奥に入り込みにくい状態にし、紙表面の繊維の重なりを滑らかにすることによって消しゴムでこすったときに黒鉛が吸収されやすい仕組みになっています。

 子供の頃に書いたノートの筆跡、書き直した跡、そして書くことに費やした時間や手間は、思い出とともにその時に連れ戻してくれるのではないでしょうか?もしかすると、それが手書きの価値なのかもしれません。

ココさん
毎月締め切りに追われ、思い通りの記事がお届けできていない気分に苛まれている崖っぷち編集員です。でも、読者の皆さんに少しでも楽しんでいただける記事を書こうという想いだけは負けていませんので、長い目でみてやってください。ちなみに、ペンネームは、愛犬(コーギーちゃん)の名前です。
《ココさん》

関連 ニュース

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

    測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  3. 年末の片付けは、身の回りの書類整理から! スッキリ管理するクリヤーホルダーブック

    年末の片付けは、身の回りの書類整理から! スッキリ管理するクリヤーホルダーブック

  4. 【開発秘話】え!これって手貼り生産?閲覧性の高い「Pat-mi手帳」が生まれた秘密。

  5. 文房具の新ブランド「by LoFt」 は、セブンネットショッピングで購入できます!

アクセスランキングをもっと見る

特集