まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

カイツブリの足やナマズのおっぽ、おもしろ文具開発秘話…コクヨ工業滋賀 田中沙季さん

文房具

琵琶湖やカイツブリの足、ナマズのおっぽ…ちょっと変わったおもしろ文具「びわこふせん」
  • 琵琶湖やカイツブリの足、ナマズのおっぽ…ちょっと変わったおもしろ文具「びわこふせん」
  • コクヨ工業滋賀 開発グループ 田中沙季さん
  • 田中さん。開発に携わっている「びわこ文具」と一緒に
  • コクヨ工業滋賀が開催する工場見学では、会場でReEDEN・びわこ文具が購入できる
  • しが旅マスキングテープ(左)、 びわこマスキングテープ(右)
  • びわこクリップとヨシメッセージカード。ヨシ紙を使用したメッセージカードは「びわこクリップ」とマスキングテープ2種にセットされている
  • 試作段階の「びわこふせん」
  • ノリの塗布位置・面積を細かく試したようすがわかる
 滋賀の魅力をぎゅっと詰め込んだ文具、それがコクヨ工業滋賀が企画・販売する「びわこ文具」。びわ湖・淀川水系のヨシを有効活用したエコ文具「ReEDEN(リエデン)」の新シリーズで、2014年9月9日に第1弾が発売されて以来、全国のおもしろ文具ファンをとりこにしてきました。

 びわこ文具シリーズのうち、最初に発売されたものは琵琶湖をモチーフとした「びわこクリップ」と、琵琶湖固有の魚と琵琶湖と人のさまざまな関わりをデザインした「びわこマスキングテープ」。これらの商品は、一体どのようにして生まれたのでしょうか。コクヨ工業滋賀 開発グループの田中沙季さんにお話を伺いました。

◆若手が携わるおもしろ文具…滋賀の魅力を発信

田中さん:商品開発に携わって3年目になりました。採用選考の段階では生産管理グループを志望していましたが、採用担当の方が開発グループへお声がけくださり、現在に至ります。大学ではまったく異なることを学んでいたので、戸惑うことばかりでしたが、とても楽しくやりがいのある職場です。

 今でこそ滋賀県や琵琶湖をモチーフとしたさまざまな商品の開発に携わっていますが、実は会社に入るまではヨシを使った「ReEDEN(リエデン)」シリーズについてはもちろん、滋賀県や琵琶湖に関しても詳しく知りませんでした。滋賀県やヨシについて学ぶようになったのは、入社後に「ReEDEN(リエデン)」シリーズやびわこ文具の開発に携わるようになってからのことです。

◆まずは手にとってもらうことから始めよう

--田中さんは「びわこ文具」の立ち上げに携わっていますね。びわこ文具は、どのようにして誕生したのでしょうか。

田中さん:コクヨ工業滋賀では、びわ湖の環境を守るという理念のもと、ヨシの活用に取り組み、広く琵琶湖の環境保全意識を広めるため、2007年から「リエデン・プロジェクト」をスタートしました。プロジェクトでは、琵琶湖・淀川水系のヨシを使用した文具「ReEDEN(リエデン)」シリーズの展開、ヨシ刈りのボランティア活動に取り組んでいます。

 現在は利用されることが少なくなってしまったヨシを刈り取り手入れし、刈り取ったヨシを使用し紙製品として工業製品化することでヨシの活用に繋げています。その製品をお客さまにご利用いただくことができれば、また新たなヨシの活用に繋がります。そうした循環が、琵琶湖の環境保全に繋がるという思いです。

 コクヨ工業滋賀は、「キャンパスノート」をはじめとするコクヨグループの紙製品基幹工場です。「ReEDEN(リエデン)」シリーズの開発当初は自社の強みを活かし、ヨシを製品の一部に使用したノートやルーズリーフ、コピー用紙などを製造・販売しておりました。

 しかし、「エコ・環境に良い」というメッセージだけではお客さまに喜んでいただく商品にはなりませんでした。やはり、使う人の気持ちになって考えると、気に入って繰り返し利用していただけるような面白い商品でないと、それはお客さまや環境のためにはならないのですよね。

 そこで、文具を滋賀のお土産に、という発想から、滋賀の魅力を詰め込み、まずは「面白いな」という気持ちで手に取って頂けるような商品作りを目指しました。そのなかでヨシ紙を活用し、「あとから気づく環境意識」に繋げています。それが、ちょっと変わった「びわこ文具」シリーズ誕生のきっかけです。

◆びわこ文具は全4種…ほか「とび太くん」コラボ文具も

--びわこ文具には現在、どのようなものがありますか。

田中さん:2014年9月9日に発売された「びわこクリップ」「びわこマスキングデープ」のほか、2015年3月21日に販売した「しが旅マスキングテープ」、同年3月30日に発売した「びわこふせん」があります。「ReEDEN(リエデン)」シリーズ同様、環境保全への思いを込めて、「びわこクリップ」とマスキングテープ2種に同封されているメッセージカードや「びわこふせん」自体に琵琶湖・淀川水系のヨシを使用しています。びわこ文具の累計販売数は約17,000個になり、多くの方にお手にとっていただけるようになりました。

 びわこ文具のほか、滋賀県内では“飛び出しぼうや”として広く知られている交通安全を啓発するキャラクター「とび太くん」とコラボしたノートや付箋も展開されています。また、「ReEDEN(リエデン)」シリーズでは、そのほか「滋賀のお土産文具」として「麻とヨシのノート」「ReEDEN colours SHIGA セミ B5・A5・A6ノート」「滋賀のお魚ヨシノート」も発売しております。

◆風通しの良い職場から生まれた「びわこ文具」

--商品開発は、すべて現場の方が企画されるのでしょうか。

田中さん:商品開発は、おもに開発グループメンバーの女性3名でデザインや企画を担当しています。グループ内のアイデアで商品が生まれることも多いですが、社長からのアイデアもありますし、営業さんが集めてきてくださる販売店さまやお客さまのお声から商品が誕生することも多々あります。開発会議には社長も加わり、とてもフラットな雰囲気で打ち合わせを行っています。「とび太くんふせん」の簡易卓上スタンドのアイデアなど、社長の発案をもとに製品化した商品もありますね。

 そのほか、ピンク色の「しが旅マスキングテープ」は、営業さんの聞き込みから生まれたものです。当初は、青色の「びわこマスキングテープ」のみの販売でしたが、営業さんから「マスキングテープの利用者は女性が多いので、ピンク色も欲しいという声が多い」という話を聞き、ピンク色のかわいらしい滋賀の旅のシーン・名物をデザインした新しいラインアップが生まれました。
《佐藤亜希》

関連 ニュース

文房具 アクセスランキング

  1. 【開発秘話】え!これって手貼り生産?閲覧性の高い「Pat-mi手帳」が生まれた秘密。

    【開発秘話】え!これって手貼り生産?閲覧性の高い「Pat-mi手帳」が生まれた秘密。

  2. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

    【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  3. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

    測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  4. 年末の片付けは、身の回りの書類整理から! スッキリ管理するクリヤーホルダーブック

  5. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

アクセスランキングをもっと見る

特集