まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【デジモノ文具04】ビジネスのプロに学ぶデジモノ活用術(日景聡さんの場合)

文房具

【ポイント1】描く描くだけでデータ化できる。スマホやタブレットに描くよりストレスがない!
  • 【ポイント1】描く描くだけでデータ化できる。スマホやタブレットに描くよりストレスがない!
  • 【ポイント2】保存するアクションマーカーでデータ化と同時にDropboxにアップされるように設定。Dropboxを介してパソコンからもメモの確認ができる。
  • 【ポイント3】加工するパソコンのペイントでメモに色付け。強調したい単語だけテキストにして、後から見返しやすく。これこそ手書きとデータ化のハイブリッド!!
  • 【ポイント4】活用する打合せ資料やプレゼン資料としてデータ化したメモを活用!!
  • 日景聡氏 (Satoshi Hikage)マスコミ業界勤務。社内情報システムの企画・管理を担当している。さらに中小企業診断士としても活動しており、創業支援や企業診断のほか、研究会活動にも参加。CamiAppSはメモパッド(Android版)を使用。図解ツールとして活用している。
  • CamiApp Ambassador (キャミアップ アンバサダー)
  • 【CamiApp S<キャミアップ エス>シリーズ】メモパッドタイプAndroid版(NST-CAS-PA5)紙のノートに書くだけで、簡単電子化(オープンプライス)。
  • 【CamiApp<キャミアップ>シリーズ】スマホノート キャミアップ 無料のスマホ用のアプリで撮影すると、自動で傾きなどを補正してきれいにデータ化します。各種クラウドサービスへのアップロードまで自動で完了し、情報の活用度が向上する(税抜250円~880円)
 こんにちは、inspiのアクセスランキングで、同じ部署の後輩に一度も勝てなくて、胃が痛くなりそうなガジェット好きの山崎です。

 さて今回も、前回に続きまして「ビジネスのプロの学ぶデジモノ活用術」をご紹介させていただきます。CamiApp(キャミアップ)アンバサダーの皆さんの活用術の中から、「図解がもっと楽しくなりました。」(日景 聡さん)をご紹介したいと思います。

 日景さんは、社内情報システムの管理をされる傍ら、中小企業診断士としても活動されており、創業支援や企業診断のほか、研究活動にも参加されておられます。そんな活動をする中で、図解によるコミュニケーションを行っている日景さん。図解とCamiApp S(キャミアップ・エス)がどのようにマッチしているのか? 実際にうかがってきました。


◆絵や図を気軽に描いてデータ化できるツールがほしいと思っていました

 もともと図はほとんど描かず、文章をスマホやタブレットに打ち込んでいた日景さん。参加した図解勉強会で、「言葉で説明するよりも図で示す。上手でなくてもいいから描く練習をしましょう」という話があったそうです。図解する癖をつけるために、スマホやタブレットで試してみたけど、描きづらくて断念。でも、絵や図を簡単に描けて、いつでも見返せるようにパソコンにデータとして集めておけるツールがあればいいなと思ってらっしゃいました。

◆「ここまで使えるんだ」という納得感

 CamiApp Sのことは知っていただいていた日景さん。ただ、かさばるし、値段も結構するので、躊躇されておられました。そんな中、とあるセミナーで、CamiApp Sを使われている方が同じテーブルに。実際に使っているのを見て、ここまで使えるんだと、その場で買っていただいたそうです。

◆活用方法は図解ツール「使い方の工夫が楽しい」

 どんな場面で使ってらっしゃるのかというと、本当に全部図解のために使ってらっしゃいました。テレビを見ながら番組で紹介されている企業のビジネスモデルを図解されたり、電車の中で検討事項をうまく説明する下書きをされたり、プレゼンの絵コンテを描かれたりされています。それまでは、パソコンで文章を書いて考えていたそうですが、絵を描きながらの方がまとまるとのことです。

 取り込んだデータはDropboxにすべてを自動保存、データ化して残っているので、パソコンからも見返されています。

◆パソコンで描いた図に色をつける

 日景さんの活用方法で、我々も想定していなかったのが、パソコンのペイントツールで色付けしたり、テキストを書き込んだりされていることです。塗り絵の感覚で、色付けすると、図解にメリハリがついて、とてもわかりやすくなります。こういう工夫も含めて、活用を楽しんでいただいております。

◆「図で伝える」という選択肢が増えました

 CamiApp Sでココが変わったという日景さん。CamiApp Sを使い始めてから、文章ではなく、図解で説明するというパターンができたそうです。長文の文章よりも、図解1枚、そうおしゃっておられます。図解することを、本当に楽しんでおられて、今回のお話も実際に図解で説明をいただきました。

◆まとめ

 取材をさせていただいた時にも、本当に楽しみながら、活用いただいているのが、とてもよくわかりました。実際、CamiApp Sで描いた絵や図解を、PowerPointに貼り付けて、プレゼン資料にされていたりもします。アナログとデジタルの融合のような使い方で、手書きの臨場感があり、「相手に伝わる」プレゼンになっています。私も、今度、真似をして、そういうプレゼンをしたいと思います。

(日景さん、取材への協力、ありがとうございました。)
《山崎篤》

関連 ニュース

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 太いシャープペンシルが流行…シャープペン禁止の小学生から大人へ

    太いシャープペンシルが流行…シャープペン禁止の小学生から大人へ

  3. 注目度急上昇のティーンダンサー達に突撃インタビュー! ~「【キャンパスノート】高校生スゴ技ダンス」撮影現場にて~

    注目度急上昇のティーンダンサー達に突撃インタビュー! ~「【キャンパスノート】高校生スゴ技ダンス」撮影現場にて~

  4. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  5. 文房具の新ブランド「by LoFt」 は、セブンネットショッピングで購入できます!

アクセスランキングをもっと見る

特集