まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

仕事中に使用する筆記具トップ3は?場面で使い分け

文房具

2WAYチェックマーカー
  • 2WAYチェックマーカー
  • 仕事中に使うことがある筆記具
  • 2WAYチェックマーカー
  • 2WAYチェックマーカー
 仕事中に使用する筆記具トップ3は、「ボールペン」「シャープペンシル」「蛍光ペン」であり、この3アイテムがさまざまな場面で使い分けされていることが、カウネットの調査により明らかになった。

 カウネットが運営するモニターサイト「カウネットモニカ」は、全国の有職者を対象に「仕事中に使用する筆記具」に関するモニター調査を実施し、344名の有効回答を得た。調査期間は8月19日~8月31日。

 普段、仕事中に使うことがある筆記具は、「ボールペン」が98.3%でもっとも多く、「シャープペンシル」82.0%、「蛍光ペン」81.4%が続いた。

 仕事中に使っている手帳やノート、一覧表・名簿などの書類の記載内容について、筆記具を使用してチェックしたり分類したりすることがあるか聞いたところ、「よくある」47.4%と「たまにある」35.8%の計83.2%が「ある」と回答。その際に使用する筆記具は「蛍光ペン」が78.4%でもっとも多く、「ボールペン」65.8%、「シャープペンシル」37.3%が続いた。

 また、仕事中に使っている手帳やノート、一覧表・名簿などの書類の記載内容について、筆記具を使用して消し込み作業をしたり目立たせないように線を引いたりすることがあるか聞いたところ、「よくある」18.3%と「たまにある」29.4%の計47.7%が「ある」と回答。具体的な場面は「ToDoリストで処理済み案件を消す」「名簿のチェック済みの個所に線を引く」といった意見が目立った。その際に使用する筆記具は、「ボールペン」が54.7%でもっとも多く、「シャープペンシル」36.8%、「蛍光ペン」31.0%が続いた。

 ビジネスシーンでは仕事中に使用する筆記具の上位3つがさまざまな場面で使い分けされ、働く人にとって欠かせないアイテムであることがわかった。

 お仕事の困りごとや面倒を解決するひと工夫を加えたカウネットのオリジナル商品シリーズ「カウコレプレミアム」では、消し込み用グレーマーカーに蛍光マーカーがついた「2WAYチェックマーカー」を販売。モニター満足度調査では、「消し込みが特に便利。淡いグレーなので消し込んでも元のデータが見えるし、蛍光マーカーとの対比が明らかで、チェック個所が際立ってわかりやすい。インクの残量がわかるのもいい」「1本で2色分なので、ペン立ての省スペースになるところがいい」と好評を得ている。
《工藤めぐみ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

    DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

  3. 【文房具 温故知新】暗記ペン勉強法の進化について伝えたいこと

    【文房具 温故知新】暗記ペン勉強法の進化について伝えたいこと

  4. 日本文具大賞に選ばれた「びわこテンプレート」って?

  5. トライストラムス手帳、2018年版発売…新タイプも登場!

アクセスランキングをもっと見る

特集