まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

アイラーセン120年目のアーカイブ…アクタスが名作チェアを限定復刻

家具

IW2 CHAIR
  • IW2 CHAIR
  • アイラーセンソファ
  • クリスチャン・イルム・ウィッケルソー
  • アクタス
  • IW2 CHAIR
 ソファブランドとして名高いアイラーセン社の創立120周年を記念して、往年の名作「IW2 CHAIR」をアクタスが限定復刻する。アイラーセンの歴史をたどる、1958年にデザインされたスポークバックチェアだ。

 アイラーセンは1895年、デンマークのオーデンセに馬車をつくる工房として誕生した。馬車製造から大型バスなどの車体製造を経て、1930年代に家具の製造へと移る。ソファ製造からではなく、当時は木工家具、特に椅子の製造を行っていた。同社の馬車や椅子の製造技術で培われた頑強なフレーム作りのノウハウは、その後のソファ製造にも活かされている。

 アクタスが創立120周年を記念して販売するのは、ミッドセンチュリー期のデンマークを代表するデザイナーの一人、クリスチャン・イルム・ウィッケルソーが1958年にデザインした「IW2 CHAIR」。1950~60年代に実際に作られていたスポークバックチェアは、現在のヴィンテージ市場でも非常に人気の高い椅子だ。

 馬車から始まり、現在、北欧ではもっともポピュラーなソファブランドとしてその地位を築いたアイラーセンの歴史を語るデザイナーズチェア。アクタスでの限定復刻販売となる。

◆IW2 CHAIR
デザイナー:クリスチャン・イルム・ウィッケルソー(Kristian Illum Wikkelso)
サイズ:W46×D49×H78×SH43.5cm
カラー:アイボリー
価格:88,000円(税抜)
《勝田綾》

関連 ニュース

特集