まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【1分間プレゼン06】プレゼンで「自信がなさそうな人」と「自信がありそうな人」の違いとは?

ピックアップ

【自信がある風に見せるためのテクニック】自信がありそうな人となさそうな人の違いとは...。
  • 【自信がある風に見せるためのテクニック】自信がありそうな人となさそうな人の違いとは...。
  • 【自信がなさそうに見える人】1)原稿を気にして聞き手と目が合わない 2)身体が揺れて落ち着きがない 3)話に間がない
  • 【自信がありそうに見える人】1)会場に目線を配っている 2)姿勢がきれい 3)間を取って話す
  • 下地寛也(しもじ かんや) 1969 年生まれ。コクヨファ二チャー株式会社 [コクヨの研修]スキルパーク シニアトレーナー。 千葉大学工学部工業意匠学科卒。オフィスインテリアデザイン設計米国インテリア設計事務所留学、働く環境と従業員の行動(創造性、コミュ二ケーション、場のあり方等)に関する分析・研究などの業務に従事したのち、 2003 年より、現職にて企業変革コンサルティング、人材育成・教育研修を担当。著者に『会議がうまくいくたった3つの方法』(中経出版)がある
  • 『コクヨの1分間プレゼンテーション』(KADOKAWA/中経出版)
  • 『会議がうまくいくたった3つの方法』(KADOKAWA / 中経出版)
  • 『コクヨの5ステップかんたんロジカルシンキング』(KADOKAWA/中経出版)
 こんにちは。[コクヨの研修]スキルパーク、シニアトレーナーの下地寛也(しもじかんや)です。

 プレゼンの研修を長くやっていると、話す前に「この人はうまく行かなさそうだな」とか「いいプレゼンしそうな人だ」とかがわかってきます。プレゼンがイマイチな人は必ず「自信がないオーラ」を出しています。たとえば、聞き手と眼を合わそうとしないとか、手元資料を気にするそぶりをみせるとか、猫背であるとか、そういった特徴があります。

 一方良いプレゼンをする人は「自信があるオーラ」を出していますが、これには2種類あります。ひとつは、本当に人前で緊張しないタイプですが、これは全体の1割程度です。残りの9割がもうひとつのタイプで、プレゼンが終わった後に「いいプレゼンでしたね」と伝えると「本当ですか!実はとても緊張していたので良かったです」といった反応をしてくれる人たちです。そういった人は、自信があるのではなく、自信がある風に見せるテクニックを知っているわけです。

 では、どうすれば自信がある風に見せられるかというと「目線」と「話の間」と「姿勢」の3点に注意すればいいわけです。

◆目線は1センテンス1人ずつ見る

 皆さんは、プレゼンをするときに聞き手をどのように見ているでしょうか。もちろん、ずっと下を向いていたり、一点ばかり見ていても駄目ですが、よくあるのはずっとキョロキョロしてはげしく目線を動かす人がいます。そうすると落ち着かなく見えますので、お勧めの方法は1センテンスごとに誰か1人を見て話すというやり方です。会場の左側にいる人を見ながら1センテンス話して、少し間をとってから、今度は右側にいる人をみて1センテンス話すという繰り返し。こうすると、落ち着いて聞き手とやりとりしている印象を与えることができます。

◆「ゆっくり話す」より「間を取る」ことを意識する

 多くの人は「プレゼンをすると自分は早口になるので、ゆっくり話すことを心がけたいです」と答えます。もちろん、ゆっくり話すことも大切ですが、スローペースな話は眠くなってしまう恐れがあります。人間は、速く話しても案外と話の内容を聞き取れるものです。ところが話に間がないと聞き取れるけど理解がついていかないんですね。

 タタタッと言葉が続いたあとに少し間を取る。そのときに聞き手は内容を頭に入れているんです。ですから、自分がプレゼンするときは、ゆっくり話すというよりも「間を取る」という意識をもつことが大事になります。

◆クネクネした姿勢で話さない

 最後に姿勢の話です。会社の朝礼などで偉い人のスピーチを見ていると、腰のあたりをクネクネさせながら話しているのが気になったりしませんか? これ、自分ではほとんど気づいていないんです。

 どうしてクネクネしてしまうのか。おそらくこう考えていると思います。「人前に立つと緊張するな~」→「いけない、リラックスしなきゃ」→「リラックスするためには休めのポーズだな」→「(しばらくして)なんだか片足が疲れてきた」→「休めの足を左右入れ替えよう」…クネクネ…クネクネ…

 体が揺れていると、落ち着きがなく自信がなさそうに見えます。人前に出て話をするときには、両足に均等に体重を乗せ、まっすぐに立つことを意識しましょう。ジェスチャーを交えるのはもちろんOK。会場内を歩くのも問題ないですが、その場で体がクネクネ動くのはみっともないものです。
《下地寛也》

関連 ニュース

ピックアップ アクセスランキング

  1. ダブルクリップが大変身! 子どもの「気付き」を育む手作りおもちゃ

    ダブルクリップが大変身! 子どもの「気付き」を育む手作りおもちゃ

  2. 紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選

    紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選

  3. 1人の主婦がはじめた、キャンセル待ちが出るほど人気の「計算大会」の秘密・後編

    1人の主婦がはじめた、キャンセル待ちが出るほど人気の「計算大会」の秘密・後編

  4. 1日で完成させる夏休みの工作! 丸シールでイラストを描いてみよう♪

  5. 働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

アクセスランキングをもっと見る

特集