まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

文房具

測量野帳のちょこっとカスタマイズ
  • 測量野帳のちょこっとカスタマイズ
  • 「ヤチョーカバー」を使ったカスタマイズの例。左:お茶の専門店「TWG」の紙袋を表紙に、「ベルトシール」と「しおりシール」を貼ってみた。右:表紙は「TOKYO DESIGN WEEK」のパンフレットを切ったもの。「ブックバンドルーラー」に、「RAINBOW COLOR +PEN HOLDER」と「しおりシール」を組み合わせて。
  • ヤチョーカバー
  • ヤチョーカバー
  • ヤチョーカバー
◆これは使える!測量野帳の専用カバー

 真っ先にオススメしたいのは、オフィス通販「カウネット」のプライベートブランド(PB)商品、その名もずばり「ヤチョーカバー」である。通販PBは店頭に並ばないのであまり知られていないが、実はオフィスワーカーの声が色濃く反映された「地味に使える」商品が少なくない。そうは言っても、オフィス通販は法人登録しないと使えないんでしょ?という方も心配ご無用。カウネットには個人向けサイト「マイカウネット」があり、こちらは一般の人でも利用可能だ。

 さてこの「ヤチョーカバー」、専用というだけあってサイズは文句なしにピッタリ。塩化ビニール製で、測量野帳の良さである薄さと軽さはそのままに、表紙を傷や汚れから守ってくれる。お値段は税込298円。マイカウネットの送料(※)324円を入れても、600円ちょっとのお手頃価格だ(※税込1,500円以上の買い物なら送料無料)。

 カバーの片側は表紙を内側まですっぽり覆う形で、ホワイトボードマーカーでの書き消しができる簡易ホワイトボードになっている。これは、建築現場で使う工事黒板は重くてかさばるため、いつも持っている測量野帳をその代わりにできないか、という声から生まれたアイディアだ。書いた字がこすれて消えないように、折り返しの保護シートもついている。

 そこで私は思ったね。なになに、それって現場利用をうたっているけれど、われわれ一般の測量野帳ユーザーにとってもたいへん便利なのではありませんか?と。

 簡易ホワイトボードは買い物などの一時的なメモに使えるし、自分でチェックリストやスケジュール表を作ってセットしてもいい。折り返し部分はツルツルしていて、ふせんやマスキングテープの保管場所にピッタリ。映画や美術展のチラシ、フリーペーパー、かわいくて捨てられない包装紙など、好きな紙を適当に切って(※)カバーと本体の間にはさめば、外見も自分仕様に早変わりだ(※ジャストフィットを狙うなら、タテ16.5cm×ヨコ19.6cmが目安)。

 そしてカバーを使う最後にして最大のメリットは、「カスタマイズを引き継げる」ということ。もちろん測量野帳の本体に直接あれこれしてもいいのだが、その場合は1冊使い終わると新しいノートにまた同じことをする必要がある。カスタマイズをカバーに施せば、移行時の手間を節約できるので、めんどうくさがりな人にもオススメだ。
《ヨシムラマリ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 社運を賭けた、資格試験の合否はいかに!?【Pat-miでコクヨ社員が資格に挑戦!その3】

    社運を賭けた、資格試験の合否はいかに!?【Pat-miでコクヨ社員が資格に挑戦!その3】

  3. 【小学生のノート力】授業で配られるたくさんのプリント…。 なくすくらいならノートに貼ってしまいましょう!

    【小学生のノート力】授業で配られるたくさんのプリント…。 なくすくらいならノートに貼ってしまいましょう!

  4. 手帳Pat-miで2ヶ月間、本気で勉強してみた【Pat-miでコクヨ社員が資格に挑戦!その2】

  5. ミュージシャンのお道具箱(その5)~INSPi北の音楽的文房具「ツアーグッズ」~

アクセスランキングをもっと見る

特集