まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【1分間プレゼン07】聞き手の想像超える“深~い”結論を言うテクニック

ピックアップ

プレゼンにおいて、「結論」を言う瞬間はひとつの山場と言えます。しかしここで非常に当たり前のことを言ってしまうと聞き手は「そんなことわかってるよ」と思うでしょう。
  • プレゼンにおいて、「結論」を言う瞬間はひとつの山場と言えます。しかしここで非常に当たり前のことを言ってしまうと聞き手は「そんなことわかってるよ」と思うでしょう。
  • 話の概念が上位に行けば行くほど、結論が的外れになる可能性は低くなりますが、話の塊が大きくなればなるほど、その結論はつまらないものになります。
  • 下地寛也(しもじ かんや) 1969 年生まれ。コクヨファ二チャー株式会社 [コクヨの研修]スキルパーク シニアトレーナー。 千葉大学工学部工業意匠学科卒。オフィスインテリアデザイン設計米国インテリア設計事務所留学、働く環境と従業員の行動(創造性、コミュ二ケーション、場のあり方等)に関する分析・研究などの業務に従事したのち、 2003 年より、現職にて企業変革コンサルティング、人材育成・教育研修を担当。著者に『会議がうまくいくたった3つの方法』(中経出版)がある
  • 『コクヨの1分間プレゼンテーション』(KADOKAWA/中経出版)
  • 『コクヨの3ステップ会議術』(中経出版)
 こんにちは。[コクヨの研修]スキルパーク、シニアトレーナーの下地寛也(しもじかんや)です。

 今回は、相手の想像より一段深い「結論」を言うテクニックについてお伝えします。

 第4回のコラムでシナリオの作り方は、「疑問」「結論」「理由」の順番でつくるとわかりやすくなりますよという話をしましたが、プレゼンにおいて、「結論」を言う瞬間はひとつの山場と言えます。しかし残念なことに、ここで非常に当たり前のことを言ってしまう人が多いのです。

 「営業に大切なのは一人ひとりの情熱なんです」とか、「チームワークにとってもっとも重要なのは円滑なコミュニケーションです」など。聞き手は「そんなことわかってるよ」と思うでしょう。

 漠然としたデカイ話を“ビックワード”と言いますが、これに陥らないためにどうすればいいのかを考えていきましょう。

◆話を「まとめる」ではなく「細かくする」

 ここで紹介したいのが、「チャンクアップ/チャンクダウン」という考え方です。チャンクとは「塊」という意味で、話の塊を大きくするのがチャンクアップ、小さくするのがチャンクダウンです。

 人は間違ったことを言うのが怖いので、話の結論は基本的にチャンクアップ側に行きがちです。たとえば社内の問題点について語るときに、「部門間の連携が悪いんですよ」と言うと外れる可能性がありますが、「コミュニケーションの問題ですよ」と一段大きく言えばほぼ当たります。話の概念が上位に行けば行くほど、結論が的外れになる可能性は低くなるわけです。

 ところが、話の塊が大きくなればなるほど、その結論はつまらないものになります(塊の超大きい話がビックワードです)。そしてプレゼンでは、話の塊を小さくして、より具体的な内容を発信すると、聞き手の心をつかむことができるのです。

◆相手がどこまで深く考えているかを推測する

 結論を考えるときには、まず相手がどのくらいのレベルで問題を認識しているかを推測してみましょう。たとえば、「組織の活性化」についてプレゼンをするときに、担当者が「たぶんコミュニケーションに問題があるはずだ」とすでに思っていそうなときに、「問題はコミュニケーションですよ」と言ったのでは、なんの示唆も与えません。

 そこで、コミュニケーションの問題って何があるかなあと一段深掘りしてみて、「部門間の連携」「会議がダラダラ」「経営と現場の距離感」…と拾い出してみます。次に例えば、「部門間の連携」が課題だなあと思えば、さらに一段深掘りして、「情報共有のしくみがない」「各部門は成績の競争をしている」「上司同士の仲が悪い」…、と細かく考えていくわけです。

 そうして相手に響くと思えるポイントを見つけたら、結論として「組織の活性化で今一番しなければいけないことは、もちろんコミュニケーションをよくすることですが、特に部門間が成績の競争をしているために、連携ができずにいる現状に手を入れるべきです!」と言えば、相手も「あ、そこかもしれない」と食いついてくれることでしょう。

 結論は、無難にまとめようとチャンクアップ側に進めるのではなく、相手の考えているレベルを推測し、それよりも一段深い、チャンクダウン側に持っていくよう心がけてください。
《下地寛也》

関連 ニュース

ピックアップ アクセスランキング

  1. 1人の主婦がはじめた、キャンセル待ちが出るほど人気の「計算大会」の秘密・前編

    1人の主婦がはじめた、キャンセル待ちが出るほど人気の「計算大会」の秘密・前編

  2. 働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

    働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

  3. お部屋スッキリ化計画! 意外とかさばるおうちの書類整理術

    お部屋スッキリ化計画! 意外とかさばるおうちの書類整理術

  4. 中高生が200万回以上見た! “神ノート”作者のみいこさんインタビュー

  5. 年末は「2度と散らかさない」ためのシステムづくり=おうちの片づけルール

アクセスランキングをもっと見る

特集