まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

カッターナイフの地味な進化~もっと折ろう、そして替えよう~

文房具

カッターナイフの地味な進化~もっと折ろう、そして替えよう~
  • カッターナイフの地味な進化~もっと折ろう、そして替えよう~
  • 安心構造カッターナイフ「フレーヌ」
  • 「フレーヌ」に付属している刃折ケース
  • 刃折ケースのガイドに沿って刃を差し込んで折る
  • 安全に正しい方向、位置で刃が折れ、折った刃はケースの中にそのまま落ちる
  • 安心構造カッターナイフ「フレーヌ」の替刃
  • 替刃ケースのフタを引き出すと、替刃が1枚だけ出てくる
  • 替刃をフレーヌ本体の黒いクリップでキャッチする
 画期的な新機能や華々しさはないけれど、地味に進化している定番文具を取り上げるこのコラム、今回のテーマはカッターナイフである。便利だけれど取り扱いに注意が必要な刃物を、快適かつ安全に使うための工夫に注目したい。

◆カッターといえば「折る刃式」!だけど……

 カッターナイフと聞いて多くの人が真っ先にイメージするのは、刃を溝に沿って折る「折る刃式」のものではないだろうか。オルファ株式会社の創業者である岡田良男氏が「GHQからもらった板チョコをヒント思いついた」というエピソードは、文房具好きならずとも有名だ。

 カッターナイフに限らず、切れ味の良い刃は薄く繊細なもの。ちょっとしたことで刃こぼれし、切れ味が鈍ってしまう。しかし、紙などを切るようすをイメージしてみるとわかるが、実際に使っているのは先端のごくわずかな部分。ここが欠けたからといって刃を全て取り替えるのは、いかにももったいない。そう考えれば、ダメになった部分だけを折り取ることで次々に新しい刃先が使える「折る刃式」は、実に理にかなっているのである。

 そのため、文房具を紹介する本や雑誌では「カッターを快適に使うには、刃をマメに折りましょう」と積極的に推奨してくる。しかし頭では理解していても、現実にはどうだろう。「そんなことはわかってるよ!」と思いつつ、折らずに買ったままの状態で使い続けている人、案外多いのではないだろうか。

◆私は、カッターナイフの刃がコワイ

 ではなぜ「折ればいい」とわかっている刃を、ついついそのままにしてしまうのか。刃を折るのが苦手な人代表として、私の個人的な見解を述べさせてもらえば、それは単純に「コワイ」からである。

 たとえば、あのカッターのおしりにちょこんとついている刃折り器具。刃物を折るという一大事に際して、あれほど心もとない道具があるだろうか。刃と手の距離が近すぎてコワイ。力だって結構いるし、力を込めれば込めるほど、折れた刃があらぬ方向へと飛んでいきそうでコワイ。それに、折った刃を処分するのもコワイ。自分や家族、回収の人がケガでもしたら…とついつい、不吉な想像をしてしまうのだ。

 そうこうしながら最後まで折って使ったとして、その後で刃を新しいものに交換するのがまたコワイのである。カッターナイフの替刃は、錆び防止の油が全体に塗られている。この油で刃と刃がぴったりくっついてしまうと、1枚ごとに引き剥がすのは、なかなか神経がすり減る作業だ。

 つまりカッターナイフの刃を折ること、交換することは、これらの「コワイ」と対峙することなのだ。ただでさえ刃物の取り扱いには緊張が伴うのに、過去にカッターを使っていて不注意でケガをした経験がある人(つまり私だ)ならなおさら、苦手意識を抱いたとしても無理からぬものがあるだろう。

《ヨシムラマリ》

関連 ニュース

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

    【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  3. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

    測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  4. 年末の片付けは、身の回りの書類整理から! スッキリ管理するクリヤーホルダーブック

  5. ルーズリーフケースの地味な進化~もう「あの袋め!」とは言わせない~

アクセスランキングをもっと見る

特集