まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

実は進化していた!使い心地がクセになる最新文具アイテム

文房具

32枚をサクッととじられるホッチキス
  • 32枚をサクッととじられるホッチキス
  • パワーラッチキス
  • 32枚とじたときの針足
  • 軽い切り心地のカルカット
  • 切り口もまっすぐ
  • カルカット
  • ダマにならないなめらかな塗り心地
  • なめらかプリット
 幼い頃から身近にある文具…日常的にペンやハサミ、ホッチキスを使っているけれど、実は学生の頃から同じものを使っていたり、会社に置いてある昔からの備品を使っていたりしませんか? 心当たりのある人に、一度使ってもらいたい進化した最新の文具をご紹介します。見た目は、普段使っているものと何ら変わりないかもしれませんが、その使い心地は、一度手にしたらやみつきになること間違いなしです。

◆もう親指が痛くならない!サクッととじられるホッチキス

 分厚い書類をホッチキスで留めるとき、最後まで針が貫通しなくて、親指が真っ赤になるほど力を入れたり、デスクの上にホッチキスを置いて自分の全体重をかけて押し込んだり。それなのに、ホッチキスを外してみたら結局ちゃんととじられていなくて、針を外してもう一度挑戦…なんて経験したことありますよね? でも今は、そんな分厚い書類も子どもの片手の力でラクにとじられる時代になっています。

 たとえば「ラッチキス」は、なんと32枚までの書類をとじることができるホッチキス。実際に32枚の書類をとじてみると、確かにきちんと書類がとじられています。裏側を見てみると、これが日常的に使っている10号針が紙をとじられる枚数の限界なのではと思うほど、出ている針足はギリギリです。

◆テープカッターの常識を変える!やみつきになる切り心地

 これ以上進化するところなんてあるの? と思われてしまいそうなテープカッターも、実は画期的な新製品が登場しています。その名も「カルカット」。見た目は従来と違わないように見えますが、一度テープを切るとその差は歴然です。思わず「あっ」と声が出てしまいそうになるほど軽い切り心地。しかも、テープの切り口がまっすぐなんです。

 こんなに切れ味がいいと、刃の部分が鋭くて危ないのでは? と思うかもしれませんが、軽く触れてみても指が切れてしまうこともなく、従来のようにギザギザの刃が刺さるような感覚もありません。よーく見ると細かく凹凸があるのですが、この凹凸が皮膚よりも浅いので、触っても切れてしまわないそうです。切れ味もよく、切り口もきれいで、しかも安心して使えるなんて、いいとこ取りのテープカッターです。

◆どこまでも塗り続けたい、なめらかすぎるスティックのり

 なめらかなボールペン、なめらかな蛍光ペンなど、少し前からなめらかな筆記具がブームになっていますが、実はスティックのりにも、なめらかタイプがあることを知っていますか? スティックのりといえば、ダマになるし、塗り心地悪いし、という理由で敬遠されがち。中には、テープのりという便利なのり付けアイテムもあるから、本当はスティックのりを使いたくないけれど、コスパのよさからやむを得ずという人もいると思います。

 そんな人には「なめらかプリット」がお勧めです。スティックのりのコスパのよさ、接着力はそのままですが、独自の素材配合により薄く均一に塗れて、塗りムラ・ダマができにくいうえ、塗り心地はなめらか。ヘビーユーザーならやみつきになる一品です。

 見た目は変わらないけれど、使い心地は進化している文具たち。騙されたと思って一度使ってみてはいかがでしょう?
《inspi編集部》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

    測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  3. 現代オフィス向けファイリングシリーズ「NEOS」、新たに6アイテム登場!

    現代オフィス向けファイリングシリーズ「NEOS」、新たに6アイテム登場!

  4. 文房具店の探訪、あるいは堪能~文具自分紀行・その4

  5. 左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

アクセスランキングをもっと見る

特集