まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

文房具

ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~
  • ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~
  • SYSTEMIC 黒 リングノートタイプ 合皮 
  • SYSTEMIC 紺 リングノートタイプ 合皮 
  • SYSTEMIC グレー リングノートタイプ 合皮 
  • SYSTEMIC 茶 リングノートタイプ 合皮
  • SYSTEMIC カバーに入れたままでも折り返せる
  • キャンパスダイアリー
  • キャンパスツインリングノート(方眼罫)

◆わーん、名刺入れ持ってきてないよ~!でも、大丈夫

 いそいそと打合せに行ったら、「うちの新人でして…」と予想外に初対面の人を紹介され、「わーん、いつものメンバーだと思ったから、名刺入れ持ってきてないよ~!」という経験、誰しも一度はあるはずだ。

 いやいや、そんなときのために手帳に何枚か挟んでありますよ、という人でも、いざ取り出してみると、なんだか薄汚れてボロボロ…でもあるからには渡すしかない…なんだか持ってないより恥ずかしい…第一印象が大事なのに…というパターンの失態がある(私はあった)。

 その過ちを繰り返さないために手に入れた装備が、ロンド工房の「カードリッジ」である。いわばこれ、紙製で必要最小限の名刺入れ。一般的な手帳や「SYSTEMIC」の名刺ポケットにも入るスリムさでありながら、「いざ」という時が来るまで名刺を綺麗な状態で守ってくれるのだ。

 それに名刺は渡すばかりではない。頂いた名刺も、これに包んでからしまうことで、そのままノートに挟むよりも丁寧な印象を与えられる。メインの名刺入れとは別に、緊急事態への備えとして持っておきたいアイテムだ。

◆仕事が変われば装備も変わる

 仕事とは本来、新しいアイディアや価値を生み出す「攻め」の領域が本分だ。ここで紹介したような緊急事態を回避する「守り」の策が直接的に価値につながることはないかもしれないが、本来やるべき仕事に集中する手助けにはなる。

 今回は私が使用しているノートの「武装」を取り上げたが、これはあくまでも一例である。どのような仕事をしているか、どのようなシチュエーションに置かれることが多いかによって、必要な装備も変わるのだ。いつものノートも、いろいろなアイテムを組み合わせることで、戦闘力を高められないか?と試行錯誤しつつ自分の落とし所を見つけるのが、おもしろいのである。

ヨシムラマリ
1983年生まれ、神奈川県出身。会社員として働くかたわら、イラスト制作を手がける。日常の「あっ」という瞬間をイラストと文章で切り取るブログ「コロメガネ」を運営。また、文房具マニアとしてワークショップ、イベントでも活動中。
《ヨシムラマリ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. ミュージシャンのお道具箱(その3)~INSPi北の音楽的文房具「先生の赤ペン」~

    ミュージシャンのお道具箱(その3)~INSPi北の音楽的文房具「先生の赤ペン」~

  3. 万年筆と、書くことの快感~文具自分紀行・その5

    万年筆と、書くことの快感~文具自分紀行・その5

  4. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  5. 【小学生のノート力】カラフルなだけのノートは卒業! シンプルでルールのある色づかいを目指そう

アクセスランキングをもっと見る

特集