まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【防災のススメ9】 震災から5年。いま売れている注目の防災用品

雑貨

あのドラマの舞台前で、記念撮影。うかつなことに、カタログを忘れたために、合成となりました(涙)
  • あのドラマの舞台前で、記念撮影。うかつなことに、カタログを忘れたために、合成となりました(涙)
  • これがエレベーター用防災キャビネット(コクヨ製)。今回は、このエレキャビ探しの旅に出ました。
  • 海浜幕張駅前の商業施設
  • 海浜幕張の高層ビル
  • 海浜幕張の高層ビル群
  • 新宿高層ビル街につながる地下道
  • 展望ロビーからの眺望
 こんにちは。防災訓練生.Sです。明日3月11日で、東日本大震災から5年が経とうとしております。震災の教訓を忘れないためにできることを改めて考えてみたいと思いました。

 そこで、防災についての最新情報を得ようと思い、コクヨの防災用品担当者を訪ねて、いま売れている防災用品を聞いてみると意外な答えが...。いま最も売れている防災用品、それはエレベーターキャビネットだというのです。(あくまでコクヨの場合です。)

 このエレベーターキャビネットというものをご存知でしょうか?普通の人はおそらくあまり聞いたことがないと思いますが、先の大震災でもエレベーターで閉じ込められる事故が起きました。停電が起きると真っ暗で、しかも閉鎖された狭い空間に閉じ込められるのは、想像しただけでも恐怖を感じますが、救助や復旧を待つ間には、給水やトイレなどの問題が起きます。そういった万が一に備えて、必要な備品・物資を収納したものがエレベーターキャビネットなのです。通常は、エレベーターの片隅にひっそりと設置されています。

 このエレベーターキャビネット(長いので、以降エレキャビといいます)について、みなさん意識したことがないと思います。見たことありますか?本当に売れているのでしょうか?

 百聞は一見にしかず。ということで、実際に調査に行って参りました。今回調査したのは、液状化現象でニュースになった海浜幕張地区と、高層ビルが立ち並ぶ新宿高層ビル街です。

 まずは、海浜幕張地区。あのドラマで舞台となったビルで記念写真など撮りながら、駅前にあるビルを片っ端から調べていきました。最初は駅前の商業施設ビル。高層ではありませんが、しっかりエレキャビがありました。その後、某大手家具屋の入っているビルなど、確認してみますと、6棟中のエレキャビ設置は3カ所という結果。震災での被害が大きかった地区だったので、もう少しあるのではないかと推測してましたが、微妙な結果に...。

 次は新宿高層ビル街を訪れました。当時、ここで勤務していた友人の話では、かなりの揺れがあったと聞きましたので、エレキャビの設置も期待ができます。調査した日は、あいにくの雨でしたが、展望ロビーなどで眺望を楽しみつつ、調査をしてみたところ、結果は6/7。エレキャビ率は85%でした!かなり高い設置率ではないでしょうか。

 そして今回調査して、改めて気がついたのは、いろんなカラーバリエーションのものがあるということ。白いもの、黒いもの、細いものや腰かけできるものなど多種多様。やはり美観も大事だということですね。最近、東京では営団地下鉄の全駅でもエレキャビが導入されたそうです。みなさんの周りにもエレキャビがあるかどうか、観察してみてください。

防災訓練生.S
愛用の文房具は測量野帳。inspiでは防災番や下地先生のイラストも担当しています。いろんな視点で文房具の便利な使い方などを紹介していきたいと思っています。
《防災訓練生.S》

関連記事

雑貨 アクセスランキング

  1. ペンを入れるだけじゃもったいない! ペンケースお勧め活用法

    ペンを入れるだけじゃもったいない! ペンケースお勧め活用法

  2. モノを増やさないコツは、器を大きくしないこと

    モノを増やさないコツは、器を大きくしないこと

  3. つけたままでも話しやすい、快適性にこだわった「口元ゆったりマスク」

    つけたままでも話しやすい、快適性にこだわった「口元ゆったりマスク」

アクセスランキングをもっと見る

特集