まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

定規も消耗品!? 映画公開間近「ちはやふる」原作者の末次先生にお気に入り文具をインタビュー♪

文房具

末次由紀先生が描かれた「ちはやふる」ネーム( (c)末次由紀/講談社)
  • 末次由紀先生が描かれた「ちはやふる」ネーム( (c)末次由紀/講談社)
  • 「ちはやふる 1巻」の表紙((c)末次由紀/講談社)
  • 「ちはやふる 31巻」(講談社)の表紙((c)末次由紀/講談社)
  • 取材時の末次由紀先生がお持ちの文房具
  • 末次由紀先生の描き下ろしイラストが表紙になったコクヨのキャンパスノート(BE・LOVE(2016年2・3号)の読者プレゼント (c)末次由紀/講談社)
  • 『ちはやふる -上の句-』のポスター((c)2016映画「ちはやふる」製作委員会  (c)末次由紀/講談社)
  • 『ちはやふる -上の句-』((c)2016映画「ちはやふる」製作委員会  (c)末次由紀/講談社)
  • BE・LOVE(2015年21号)の読者プレゼントになったダイアリーの百人一首暗記帳((c)末次由紀/講談社)。43番が末次先生のお好きな句
 2007年にBE・LOVE(講談社)に掲載され、現在も好評連載中の青春マンガ「ちはやふる」。主人公たちの競技かるたへの情熱、友情が鮮烈に描かれ、多くの読者の胸を熱くさせ続けています。

 この「ちはやふる」の作者、末次由紀先生の描き下ろしイラストが表紙になったコクヨのキャンパスノートが、BE・LOVE(2016年2・3号)の読者プレゼントになりました。また、「ちはやふる」の舞台の1つがキャンパスノートの工場がある滋賀県ということで、体感できるステーショナリーショップ「コクヨハク」(2016年4月1日(金)~3日(日)に開催)でも「ちはやふる」のパネル展示を予定しています。

 そこで今回は、文房具好きでもある末次先生にお会いして、お気に入りの文房具や熱いマンガを生み出すまでの道のりをお聞きしてきました!

◆初めて興味を持った文房具は消しゴム

-- マンガを描きはじめた小学生のころに好きだった文具はありますか?

 私は、なぜか親に欲しいものを買ってと言えない子でした。極端に貧乏だったわけではないのになぜだか言えなくて、輪ゴムをいっぱい結んでかたまりにして、消しゴム代わりにしていたんです。

 お小遣いをもらうようになってからは、消しゴムを集めるのが好きになって、その当時流行っていた色のついたものとか、においのするもの、お弁当の中身みたいなものなど、全種類の消しゴムを集めようと思ってました。

 世界にどれだけ消しゴムがあるかを知らない子どもの、壮大な、絶対にかなわない夢です(笑)! 普通の文房具屋さん1軒でさえ、消しゴムを買い占めることは無理なのに。

-- どれくらい集めたんですか?

 結局、20個くらい集めたときに、無理だと気がつきました(笑)。お金もないし、置く場所もない。 それと、しばらくしてそういう消しゴムは、本来の消しゴムの機能としてはだめだ、と気づきました(笑)。きれいな消しゴムが汚れていくのも悲しいし、使いにくいですし。たとえばきれいなぶどうの形をした消しゴムも、使って減っていったら、気に入っていたぶどうではなくなる。この、使うのに抵抗がある感じもだめだと思ったんです。

◆マンガを描くにはお金がかかる!

-- そのころ、マンガを描くときには何を使われていましたか?

 ノート、鉛筆、消しゴムとか、普通に買える道具で描き始めました。特別なものはありません。でも、こうした文具の世界とマンガを描くための画材の世界とは違います。普通の文房具屋さんで画材は売っていないので、そこに小学生の壁が…… 1枚40円のケント紙が買えない壁です。普通の紙1枚1枚に、自分で定規で図って、内枠、トンボも描いたりしてました。でも、それではマンガを描き続けるのは無理だとわかって、6年生くらいではじめて父に画材屋さんに連れて行ってもらったことを覚えています。

 それこそ、額縁などを専門に売っているようなお店の片隅にあったんです。青い内枠が描いてある原稿用紙が。文房具ならすぐに買えるけれど、画材の壁は高いものでした。

 マンガ雑誌に投稿しようにも、「サインペンはだめ、ペンで」と、書いてあるので、中1の時に一度マンガを完成させたものの、お金がないという理由で続行を断念。お小遣いを貯めて中2から投稿しはじめました。

 そのころはスクリーントーンが1枚800円くらい。1枚買って限界まで使ったり、自分でペンで描きこんだり、投稿して戻ってきた原稿をはがしてもう一回使ったり、それこそ親には「買って」となかなか言えない子なので使いまわし。だけど、1回投稿すると、賞品としてスクリーントーンセット3枚とか、特製原稿用紙がもらえるので、楽になりました(笑)。

◆マンガを描きまくった中高生時代

-- その頃、マンガはどのくらい描かれていたのですか?

 中学生のころは、2年半で32作投稿していて、毎月1作、夏休みのときなどは月2作くらい描いていました。・・・・・・部活も入っていなかったし、友だちも潤沢(じゅんたく)にはいなかったので、遊び相手がいない代わりに投稿していたんですね(笑)。何といっても出版社の人に評価されるのがうれしかった! 漫画を描くためのお小遣いももらえるし、「すてき!」と思って、やりがいを感じてたくさん描いていました。

-- 高校生で新人賞をとられましたね。その段階で編集担当の方はつかれるものなのでしょうか?

 つきましたね。でも、そこに新たな壁がありました。それまで好き勝手に描いていて、誰にボツと言われることもなかったのが、とたんにボツと言われはじめるので、描きたいのに描けなくなるんです。

 そうすると、担当さんとの打ち合わせが止まってしまう。編集担当の方も新人相手にそれほど時間を割けるわけではないので、打ち合わせすることもなくなりました。それで「受験勉強しよう、大学に行ったら考えよう」と思うように。趣味でマンガは描くけど、なにがなんでも雑誌に載ろうというのはやめました。それまでは、自分でもどうかしてるって思うくらいに描いていたのに、描けなくなったのは悲しかったですね。

-- 投稿をやめられたんですね。マンガを描くこと自体もやめてしまったのですか?

 ノートにマンガを描いて友だちにみてもらう、ということはしてました。投稿は「読みきり」を求められるので、「シリーズもの」みたいな形にして、自分で勝手に連載してました(笑)。

《渡邊淳子》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

    こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

  3. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  4. 漫画『ベイビーステップ』の作者、勝木光先生にインタビュー!

  5. 【開発者に聞く】デキるビジネスパーソンのための持ち運びに便利なペンケース「ウィズプラス」~8月新発売~

アクセスランキングをもっと見る

特集