まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

もっと使おう紙めくり~地味な色が出ました、という地味な進化~

文房具

もっと使おう紙めくり~地味な色が出ました、という地味な進化~
  • もっと使おう紙めくり~地味な色が出ました、という地味な進化~
  • メクリン ネイビー
  • スーツになじみます
  • メクリン クリア
  • お客さんの前でも気にならない
  •   ネイビー3個 クリア2個 入り   
 画期的な新機能や華々しさはないけれど、地味に進化している定番文具をとりあげるこのコラム。今回はとっても便利なのに意外と使われていない、「紙めくり」にスポットをあてて考えてみたい。

◆もしも私が人体改造されるなら

 皆さんは、もしも悪の組織に捕まって「文具超人」に生まれ変わるための人体改造を施されるような事態に陥ったとき、わずかでも自分の希望が取り入れられるものだとしたら、怪人たちになんてお願いをしようか?と考えたことはあるだろうか。私はある。そしてその答えは「指先に紙めくりを仕込んでください」に決まっている。

 20代も前半までは、指先を「ペロッ」としてから新聞をめくるおじいちゃんを見て、どうしてそんなことをする必要があるのか、実感として全くわからなかったものだ。しかし、30もとうに過ぎた今ならわかる。指先は乾燥するものである、と。冬ともなれば、仕事していても、雑誌を読んでいても、紙なんてめくれやしない。つい「ペロッ」とやりたくなるのを、理性でかろうじて抑え込む毎日だ。

◆紙めくりといえば、「指サック」?

 そんなときに使える便利な道具として、指先全体をスポッとカバーする、オレンジ色や緑色をした昔ながらの「指サック」を思い出す人も多いだろう。このタイプ、実用性は折り紙つきで現在も広く使われているが、長時間の作業では蒸れるのが気になるし、なんだかオシャレじゃないし…という理由で敬遠されることもある。

 文具メーカーの側もそれを察してか、近年では「リング型」の紙めくりが数多く登場している。文字通りリングのように指先に装着するもので、先端があいているから蒸れにくく快適だ。コクヨの「メクリン」は側面を穴あき形状にすることで、いっそう通気性を高めている。

 嬉しいのはそれだけではない。女性はネイルアートを施している人も多いだろう。爪が長いとフルカバータイプはジャマになるだけではなく、せっかくのオシャレが見えなくなってしまう。リング型ならその点もクリアできる。

 また、近年のスマートフォンの普及もある。作業をしているときにかかってきた急な電話に出たり、ちょっとメールを確認したりするときも、指先が出ていれば紙めくりをつけたまま操作ができて便利なのだ。

《ヨシムラマリ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 左利き界のオアシス「菊屋」がすごい!~浦上社長に人気の理由を直撃

    左利き界のオアシス「菊屋」がすごい!~浦上社長に人気の理由を直撃

  2. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  3. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

    【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  4. トランプ、お玉、急須?「菊屋」で左利きライターが選んだレフティグッズ10選

  5. 「人にやさしくて、便利な文房具5選!」こんなところに工夫が!?

アクセスランキングをもっと見る

特集