まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

ツイートから現地の問題を抽出! 対災害SNS情報分析システム

ピックアップ

「DISAANA」で「どこでノロウイルスが発生していますか」と入力した場合の実行結果例。表現の違いなども考慮して幅広く回答候補を抽出、地図上に表示する(画像はプレスリリースより)
  • 「DISAANA」で「どこでノロウイルスが発生していますか」と入力した場合の実行結果例。表現の違いなども考慮して幅広く回答候補を抽出、地図上に表示する(画像はプレスリリースより)
  • これまで日本語ツイートの10%を対象に試験運用を行ってきたが、今回の熊本地震を受け、1ヶ月の期間限定で日本語ツイートの100%を対象にして検索できるように(画像は公式Webサイトより)
 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は25日、これまで日本語ツイートの10%を対象として試験公開してきた対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster-information ANAlyzer)について、期間限定で日本語ツイートの100%を対象に運用することを発表した。熊本地震を受けての緊急対応となる。

 「DISAANA」は現在流れているツイートをリアルタイムで分析し、簡単な質問を入力するだけで膨大な災害関連情報から回答を容易に得ることができるシステム。時間の経過とともに変化する被災地のニーズや、今現在発生しているトラブルをリアルタイムに知ることができる。

 例えばノロウイルスがどこで発生しているかを知りたい場合、「どこでノロウイルスが発生していますか?」という質問を入力すると、さまざまな表現の違いなども考慮した上で幅広く回答候補を抽出し、地図上に表示する。

 また、特定エリアのトラブルを自動的に検出することも可能。例えば「熊本県」で検索すると、「土砂崩れが起きる」などの回答を一覧表示し、それらがどの地点であるかが判るようにマーカーを地図上に配置するようになっている。

 今回の熊本地震を受けて、Twitter社とNTTデータ両社の協力により、期間限定(1ヶ月の予定)で全ての日本語ツイートを対象に分析・検索することが可能になる。これにより時間経過とともに変化する被災地でのリアルタイムのニーズやトラブルを、より網羅的に把握できる。「DISAANA」はPC及びスマートフォンで利用可能。

ツイートから現地の問題を抽出!対災害SNS情報分析システム

《防犯システム取材班/小菅篤》

ピックアップ アクセスランキング

  1. 中高生が200万回以上見た! “神ノート”作者のみいこさんインタビュー

    中高生が200万回以上見た! “神ノート”作者のみいこさんインタビュー

  2. お役立ちアイテムで困りごとを解決!カウコレプレミアムから新商品

    お役立ちアイテムで困りごとを解決!カウコレプレミアムから新商品

  3. ルーズリーフ参考書が大ヒット、シリーズ11万部突破!

    ルーズリーフ参考書が大ヒット、シリーズ11万部突破!

  4. 相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

  5. 働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

アクセスランキングをもっと見る

特集