まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

文房具

東進ハイスクール 数学講師 志田晶先生
  • 東進ハイスクール 数学講師 志田晶先生
  • 東進ハイスクール 数学講師 志田晶先生
  • 志田先生愛用の文具:ドットライナー(左:青・黄)、ハリナックス(右)、カドケシ(奥)
  • 授業で役立ちそうなコクヨ製品をご紹介
  • コクヨ製品を興味深そうにご覧になる志田先生
  • インタビュー後、CamiApp Sを使っていただいた
  • CamiApp Sで、数式を書いて使い心地をチェック
  • CamiApp Sで、細い数式も認識
◆問題作りや執筆に文房具をフル活用

--パソコンを活用されているのですね。文房具はどんなものをお使いでしょうか。

 実は文房具のインタビューと聞いて、いくつか持ってきました。テープのり(ドットライナー)はプリントなどを貼り付けるのに便利なので使っています。普通に貼りつけるタイプと、貼ってもはがせるタイプとありますが、両方ともよく使います。

 テープのりは、本やテキストの原稿を書くときによく使っています。数式等を手書きで書き込むと、印刷の業者さんも原稿が読みにくくなり、間違いが多くなりがちです。でも、元原稿を、コピーして切り貼りし、それをベースにしたものを利用すると、間違いが少なくできます。

 また、模試や問題集などを作るときに、過去問のコピーの切り抜きをたくさん並べてスクリーニングしていくのですが、このとき貼ったりはがしたりが簡単にできると、問題候補の入れ替えや整理がしやすいため、きれいにはがせるテープのりが便利です。

 針のいらないステープラー(ハリナックス)もよく使います。授業の資料や配布物など数ページの束を作るのですが、針なしで手軽に綴じられるのが楽ですね。また、綴じた資料をバラすこともよくあるのですが、これも針式に比べて簡単なので助かっています。

 あとは、カドケシです。グラフや数式の細かい部分を消すのに使っています。通常の消しゴムでは消したくない分も消えてしまうのですが、このカドケシは必要な部分のみ消すことができてとても便利なので、ずっと愛用しています。

 筆記具は、グリップ部分の太さや形状にこだわりがあって、太目のものが好きです。書いた文字が消せるフリクションペンも便利でよく使っています。

◆「作業時間を勉強時間にするな」とアドバイス

--コクヨ製品も使っていただいているのですね。ありがとうございます。生徒に、勉強方法や文房具の使い方などをアドバイスすることはありますか。

 まず、受験勉強だからといって、参考書や教科書に載っている解き方をそのまま教えるようなことはしていません。数学的な考え方では、答えは一つでも、そこにたどり着く方法、解法はたくさんあります。それを考えること、思いつくことが大切なのです。それが数学の面白さだからです。

 次によく言うのは「作業時間を勉強時間にするな」です。ノートを作ったり、資料を作ったり、単語帳を作ったり。これらは勉強のための作業であって、時間をかけるのではなく効率化、省力化できることがあればするべきだと思っています。

 コピーで済むものはそれでよいし、授業ノートも、素早くとって後で清書に時間をかけるより、多少字がきたなくても最初からきちんとしたノートをとったほうが効率的です。グラフや図なども、フリーハンドでいいのです。計算ミスも、いちいち消すなと言っています。ミスも含め、計算や思考の大事なログですので、きれいに書き直すより、そのまま残したほうが、のちのち気づきにつながりますし、講師も的確なアドバイスやフォローができます。
《inspi編集部》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 【文房具 温故知新】暗記ペン勉強法の進化について伝えたいこと

    【文房具 温故知新】暗記ペン勉強法の進化について伝えたいこと

  2. こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

    こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

  3. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

    【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  4. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

  5. 勉強のスケジュール管理に便利!「キャンパス スタディプランナー」発売

アクセスランキングをもっと見る

特集