まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

東大からマサチューセッツ工科大学に渡ったノート

文房具

東大ノート、MITのキャンパスに降り立つ。
  • 東大ノート、MITのキャンパスに降り立つ。
  • ハリナックスも注目されたそうです。MITにいるだけで、心なしかハリナックスも賢そうに見えます。
  • 展示品は実際に体験してもらえるようになっていたそうです。
  • 会場で配布されたハリナックス。素敵なレポートを綴じてください。
  • 本とノートの最強タッグ 「東大合格生ノートはかならず美しい」と「キャンパスノート(ドット入り罫線)」
 新学期が始まった4月上旬、アメリカからコクヨのお客様相談室に一本の電話が入った。マサチューセッツ工科大学(以降MIT)の学生だというのだ。

 電話の主は、MIT修士課程で留学中の辛知恩さん。どうやら、日本の文化や技術などを紹介するイベントがあるそうで、「日本の技術、特に日常生活の中で何気なく触れている優れた技術に着目し、『キャンパス・ドット入り罫線ノート』を展示したいので協力してほしい。」という申し出でした。

 通称「東大ノート」として親しまれている『キャンパス・ドット入り罫線ノート』が「MIT」に渡る、こんな素敵な橋渡しがあろうか!いや、もちろんよろこんでご協力いたしますとも。なんでしたら、針なしホッチキス「ハリナックス」やペン先が楽しい蛍光ペン「ビートルティップ」もお送りさせて頂きましょう。

 というわけで、4月下旬には、日本の文房具たちが無事に海を渡り、MITの日本の技術を紹介する場で紹介されました。パネルも美しく作られ、展示品は実際に学生に使って良さを伝えることができ、評判もよかったそうです。

 このイベントは、MITで日本人ネットワークの促進や、日本文化に関する情報発信などをしているJapanese Association of MIT (JAM)が運営されているそうです。春・夏に定期的に行われており、300人ものMITの学生が参加する、比較的大きなイベントとのこと。イベントの様子は、主催者からメールで届けて頂きました。日本の技術発信にお役にたててよかったです。

 この(通称)「東大ノート」は、2008年に書籍「東大合格生のノートはかならず美しい」(文藝春秋・太田あや著)とのコラボレーションから誕生しました。書籍は、シリーズ累計で55万部を突破し、ノートは、いまでは東大合格生の70%が使用経験があるという実績を持っています(※)。

 MITの学生はどんなノートを使っていたのでしょうね。

※コクヨ株式会社調べ(2015年12月、東大生379人にドット罫ルーズリーフを含む使用経験を調査)

防災訓練生.S
愛用の文房具は測量野帳。inspiでは防災番や下地先生のイラストも担当しています。いろんな視点で文房具の便利な使い方などを紹介していきたいと思っています。

《防災訓練生.S》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 【小学生のノート力】カラフルなだけのノートは卒業! シンプルでルールのある色づかいを目指そう

    【小学生のノート力】カラフルなだけのノートは卒業! シンプルでルールのある色づかいを目指そう

  2. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  3. 万年筆と、書くことの快感~文具自分紀行・その5

    万年筆と、書くことの快感~文具自分紀行・その5

  4. ルーズリーフケースの地味な進化~もう「あの袋め!」とは言わせない~

  5. 【驚くほど時短!】仕事ができる人が使っている、効率UPアイテムまとめ!

アクセスランキングをもっと見る

特集