まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

玩具販売、2016年上半期1位のキャラクターは?

ピックアップ

2016年上半期販売金額前年同期比
  • 2016年上半期販売金額前年同期比
  • 2016年上半期主要キャラクター別販売金額TOP5
 2016年上半期の玩具販売額は、前年比3%増となり、もっとも売れた主要キャラクターは「それいけ!アンパンマン」であることが、GfKジャパンが8月5日に発表した調査結果より明らかになった。キャラクター玩具が市場をけん引しているという。

 調査は、2016年1月~6月に販売された玩具について調べたもの。調査対象は、テレビゲーム関連商品やホビー関連商品(プラモデル、フィギュアなど)、雑貨を除いた純玩具。

 2016年上半期の玩具販売額は、前年比3%増と、2桁成長であった前年からさらに伸長した。第1四半期は前年比1%増、第2四半期は前年比6%増と、後半の伸び率が大きかった。

 市場をけん引した要因について、第1四半期は「それいけ!アンパンマン」の基礎玩具や、「ヒミツのここたま」「シルバニアファミリー」などの女児玩具が2015年末より販売好調を維持したことによる。一方、男児玩具は前年大ヒットを記録した「妖怪ウォッチ」の販売が一段落したことで、前年割れが続いた。

 また、第2四半期になると、前年好調だった女児ホビーやブロックの成長鈍化により、女児玩具と基礎玩具の成長率は第1四半期を下回った。一方、男児玩具は、「ベイブレード」や「仮面ライダー」など男児キャラクターの販売が上向いた結果、プラス成長に転じた。そのほか、「プリキュア」「リカちゃん」「メルちゃん」などの女児キャラクターも好調だった。

 キャラクター別に販売金額を見ると、「それいけ!アンパンマン」が2桁成長を維持し、1位を獲得。続いて2位「仮面ライダーシリーズ」、3位「スーパー戦隊シリーズ」、4位「妖怪ウォッチ」、5位「プリキュア」となった。

 2016年下半期は、「カミワザ・ワンダ」「ウルトラマンオーブ」などの新しいキャラクターの製品登場で、テレビキャラクターによる市場の盛り上がりが見込まれる。また、スマートフォンアプリが大ヒット中の「ポケットモンスター」は玩具市場においても需要を喚起するとみられる。このことから、下半期は上半期並み、またはそれ以上の市場拡大が見込まれるという。
《工藤めぐみ》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. 働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

    働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

  2. インターンシップ「満足」学生9割、企業は満足度低

    インターンシップ「満足」学生9割、企業は満足度低

  3. いくつ知っていますか? 昔ながらの様式の手書き「社内用紙」

    いくつ知っていますか? 昔ながらの様式の手書き「社内用紙」

  4. 中高生が200万回以上見た! “神ノート”作者のみいこさんインタビュー

  5. 資生堂の調香師 中村靖子さんに聞く、子ども向け「香りのワークブック」ができるまで

アクセスランキングをもっと見る

特集