まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【文房具 温故知新】キャンパスダイアリーの『これでいい』と『これがいい』

文房具

キャンパスダイアリー マンスリータイプ
  • キャンパスダイアリー マンスリータイプ
  • マンスリータイプ 表紙とダイアリーページ
  • 2色刷りの証拠写真
  • マンスリー&ウィークリータイプのダイアリーページ
  • 2013年からは現行ロゴになりました。左が古いロゴです。。
  • 2016年版からは3色刷り
  • 発色が良くなった2017年版表紙(後ろは2016年版)
  • 惜しまれながら、2017年版から掲載中止となった「いいことVOICE」
 この2008年版あたりから、キャンパスダイアリーの軽快感を活かすためか、ポケットサイズ、名刺サイズ、A7サイズなど、小さなサイズのラインアップが徐々に充実していきます。私もA7のウィークリーを使っていましたが、さすがに小さすぎて、1日2行ぐらいしか書けずに、数ヶ月で大きいサイズに乗り換えたのを記憶しています。

 しかし、最近は「小さく」という方向ではなく、「たくさん書く」「なんでも書く」「すべて書く」という感じの、分厚くて、高機能な手帳が流行となりました。1日1ページのたっぷり書けるダイアリーや、余白がたくさんあるタイプ、24時間書けるタイプなどが店頭にたくさん並びます。この流れには逆らえなかったのか、先ほどのA7サイズや名刺サイズなどの小さいダイアリーは、ラインアップから消えていきます。

 「小さなサイズ」の代わりに、キャンパスダイアリーのラインアップに加わったのが、「ウィークリー&マンスリータイプ」です。ウィークリー&マンスリーというと、ダイアリーの前のほうのページがマンスリーで、後ろのほうのページがウィークリーというのが一般的なイメージだと思います。しかし、キャンパスダイアリーのウィークリー&マンスリーは、中紙が上下に分割・独立していて、マンスリーとウィークリーが上下に並びます。そして、分割されたマンスリーとウィークリーは、別々にめくることができます。上段のマンスリーは1月を開いたまま月間の予定を俯瞰し、下のウィークリーは1週目、2週目、3週目とページを繰って、細かくスケジュールを見ていくことができるのです。

 この珍しいセパレートタイプのマンスリー&ウィークリータイプは好評を得ますが、上下を別々にめくるという特殊な使用方法に、めくりにくいという評価も受けてしまいます。そこで、2016年版からは、表紙を厚くし、糸綴じからリング綴じに仕様を変更しました。(画像4枚目)

 そして、この年、ついに、ついに、マンスリータイプの土曜が青くなります。(画像6枚目)

 先日発表された2017年版には、「キャンパスダイアリーノート」という新しいラインアップが加わりました。ダイアリーの後に、たっぷり書ける40枚(80ページ)のノートが続きます。余分な機能や項目は省いた「シンプルなダイアリー+たっぷりノート」で、さまざまな記録がこれ1冊でまとめられます。

 そして、2017年版からは表紙の紙が発色の良い紙に変更。すっきり、キレイな色になっています。さすが、進化が好きなキャンパスブランドです。(画像7枚目)

 ここで残念な報告ですが、「イイコトVOICE」は2017年版からはなくなりました。(画像8枚目)

*次ページは、<「これでいい」と「これがいい」>。

《ウェブマスター》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

    DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

  2. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

    測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  3. 左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

    左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

  4. こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

  5. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

アクセスランキングをもっと見る

特集