まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

現場文具の地味な進化~知られざる「PB」の世界・前編~

文房具

現場文具の地味な進化~知られざる「PB」の世界・前編~
  • 現場文具の地味な進化~知られざる「PB」の世界・前編~
  • フラットファイル背補強タイプ
  • ファイルボックス A4横
  • ミシン目入りロールふせん
  • 備品管理ファイル
  • クリヤーホルダー専用インデックス
  • 携帯用ホワイトボード
  • 大判ミーティングふせん
 画期的な新機能や華々しさはないけれど、地味に進化している定番文具を紹介するのがコンセプトのこのコラム。これまでは毎回特定のアイテムにスポットを当てて取り上げてきたが、実はジャンルそのものが「地味な進化」を体現している文房具のカテゴリーがある。それは、オフィス系通販の「PB」だ。

◆安いだけじゃない!かゆいところに手が届く「高付加価値PB」

 既にご存知の方も多いと思うが、PBは「プライベートブランド」の略。メーカーが作る「ナショナルブランド」(NB)品に対して、小売店や卸など、流通事業者が独自に企画して製造する商品のことだ。かつてその目的は中間マージンや製造コストをカットして価格を安くするため、というケースが多かったが、最近では価格の面以外での差別化を狙った「高付加価値PB」が増えている。

 「セブンプレミアム」等でよく知られるようになった高付加価値PBだが、文房具の世界にもその波は届いている。コクヨグループのオフィス通販「カウネット」が「カウコレプレミアム」と銘打って展開しているオリジナル商品のシリーズもそのひとつである。

 この「カウコレプレミアム」、以前このコラムでも紹介した測量野帳専用の「ヤチョーカバー」を筆頭に、オフィスという文房具の「現場」を知りつくした流通事業者だからこそ思いつく、「わぁそれ超ニッチ!でもわかる!欲しい!」というアイディア文具が満載なのだ。

 気になるアイテムが多すぎるため、今回はやや趣向を変えて、オフィスによくある「現場」別に、これは!と思う商品を一挙に紹介してみたい。

◆ファイリング編

【フラットファイル背補強タイプ】
 私の記憶が確かならば、「カウコレプレミアム」の中でも最初期のアイテムのひとつ。オフィスにあるファイルは、長期間にわたって参照されるもの。紙製のフラットファイルは、背表紙の上側から指を差し込んで引っ張り出すことが多いが、これを繰り返すうちに指がかかる背の部分はボロボロになってしまう。「フラットファイル背補強タイプ」はこの問題に対し、「最も傷みやすいところをあらかじめ補強しておく」というド直球で解答した商品。1冊あたり税込69円というリーズナブルな価格ながら、長くキレイに使える。

【ファイルボックス A4横】
 経費削減が至上命題の昨今、中身が不要になったからといって、ファイルをおいそれと処分するわけにはいかない。ラベルを貼り替えて第二の人生ならぬ「ファイル生」を送ってもらうのだが、その際に糊が残り汚くなってしまった経験はないだろうか。そこで「ファイルボックス A4横」は、前面と背面をツルツルにコーティングし、ラベルを剥がしやすくした。さらに、75×75mmのふせんをラベル代わりに使えるスリットもある。ふせんの下部を差し込めば、保管や移動によるめくれや剥がれを防ぐことができるのだ。

【ミシン目入りロールふせん】
 ラベル代わりに使うふせんといえば、全面糊タイプのロールふせんを愛用している人も多いだろう。この商品のポイントは、50mmごとにミシン目が入っていること。ハサミやカッターを使わなくてもまっすぐ切れるのはありがたい。ファイルの背ラベル代わりにする場合には、長さをカンタンにそろえられるので棚に並べたときに見た目がスッキリする、という効果もある。幅は25mmと50mmの2種類があるので、貼りたい場所に合わせて選ぶといいだろう。

【備品管理ファイル】
 細かなニーズを拾い上げ、独自の進化を遂げているPBの中でも、「備品管理」という超ピンポイントなシーンに特化したファイル。同梱の専用カードには、備品に貼るためのシールに、書いた字を保護する透明フィルム、備品の写真を貼るための両面テープまで付いている。いたれりつくせりである。後ろの方にはA4マチ付きのポケットが4つあり、説明書や保証書もまとめておくことができる。備品管理にしか使えないが、備品管理には超使えるという、これぞニッチ!これぞPB文具!といった趣きのある商品だ。

【クリヤーホルダー専用インデックス】
 クリヤーホルダーとクリップは天下の回りもの、というのが私の持論だ。特にクリヤーホルダーは、我々のデスクで日々増殖している。毎日のようにファイルの山をひっくり返して書類を探している人には、このアイテムがオススメだ。本のスリップのようにクリヤーホルダーに差し込めば、あっという間にインデックスが完成。広い記入面は、タイトルを書いたり、TODOリストにしたり、回章用のメッセージをつけたりと、使い方は自分次第。紙製で糊も使わないので、使用後は中の書類と一緒に処分できるのもありがたい。

《ヨシムラマリ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. ライフログ手帳「ジブン手帳」2018年版発売、ラインアップがさらに充実

    ライフログ手帳「ジブン手帳」2018年版発売、ラインアップがさらに充実

  3. 予定と記録をリンク!振返りにも便利な新タイプ手帳「Drawing Diary2018」

    予定と記録をリンク!振返りにも便利な新タイプ手帳「Drawing Diary2018」

  4. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  5. 手帳Pat-miで2ヶ月間、本気で勉強してみた【Pat-miでコクヨ社員が資格に挑戦!その2】

アクセスランキングをもっと見る

特集