まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

エンディングノートって必要かもと思った話

文房具

エンディングノートって必要かもと思った話
  • エンディングノートって必要かもと思った話
  • エンディングノート「もしもの時に役立つノート」セット内容
  • エンディングノート「もしもの時に役立つノート」
  • エンディングノート「もしもの時に役立つノート」
  • ライフイベントシリーズ
 先日、祖母が亡くなりました。86歳、大往生だったと思います。

 久しぶりに体験した祖母の死の通過儀礼を通して、私は改めて「記録しておくこと」の意義を実感しました。今回はそのことを書きたいと思います。

 祖母はとてもしっかりして、意志が強い人でした。祖父が亡くなってから8年、自ら1人暮らしをのぞみ、長年住み続けた家で暮らしていました。ボケ防止と言いながら、クイズ番組やRPG(主にドラクエやFF)をやるのが趣味で、若い頃に買っていた宝飾品類(バブル時代を謳歌した人なので)も、すでに生前からどれを誰にあげるのかを決めて、伝えているような人でした。でも、自分のことについて書いておくということはしていませんでした。

 そういう祖母の性格もあるし、葬儀というもの自体が画一的というイメージが私の中にあったので、母や叔父など祖母の子ども達が、葬儀を迎えるまでに何度も「どうすれば喜んでくれるだろう」と悩む場面に遭遇し、とても印象に残りました。
例えば・・・

・湯かんの時のメイク
「生前どんなメイクをされていましたか? どういう感じがいいですか?」という質問への答えに、いろいろな意見が出て、悩んでいました。

・棺にいれるもの
展示会に出すほど書道が好きだった祖母ですが、どの作品を入れていいのか悩み、結局作品が灰になるのは避けて、見本帳を棺に入れることに。ただ、その見本帳が一番よく使っていたものなのかは、誰にも分かりません。祖父が絵を描いていてそれを家の中によく飾っていたので、それを入れた方がよかったのか、それも分かりませんでした。

・死装束の色・棺のデザインや色
最近のものは、いろんなデザインが選べるようで悩んでいました。結局、祖母が好きだったであろう藤紫色で統一していました。棺にはフリルがついていました。

・祖母の経歴
お葬式の際に読み上げられていました。どこの小学校・中学校出身かということは、意外と子でも分からないものですね。祖母の兄弟に聞いて、解決していました。

 他にも細々と悩んでいる場面はありました。遺産はどうする~、お墓はどうする~みたいな大きいことではないですが、故人を温かく送り出したいという気持ちが強いほどそういうことでも悩んでしまうものなんですね。長年連れ添った家族だからこそ、自分のことを改めて話すこともないのかもしれません。そんな時、もし何か参考にできる記録があれば、こうしようと決めた子どもたちも、自信を持って決断できたと思います。

 ちなみに、コクヨには「もしもの時に役立つノート」という商品があります。「もしも」なので、葬儀のことだけでなく、入院した時や日常何か起こったときに役に立つような情報を書いておけるノートです。

 自分のことを普通のノートに少しずつ書いていくのもアリですが、今書いておけることから少しずつ書いていけるので、何を書いておけばいいかわからない人でも書けます。私も家族のために、少しずつ、もしもの時に役立つノートを書いていこうかなと思っています。

のじーあわあわ
2歳児育児に奮闘するワーママです。夫は単身赴任中。がさつだけどハンドメイド好き。女子のみなさんに喜んでもらえるような記事を書いていきたいと思っています♪

《のじーあわあわ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

    東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

  3. DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

    DIME×吉田カバン×コクヨの夢のコラボ “大人のネオクリッツ” 堂々完成!

  4. 【小学生のノート力】ノートは黒板を写すだけでいい?…心が動いたことも書きましょう。

  5. 文房具店の探訪、あるいは堪能~文具自分紀行・その4

アクセスランキングをもっと見る

特集