まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【年末企画】ノートの2016年を振り返る! 気になる5Sトピックス

文房具

ノートのトピックス「5S」勢揃い
  • ノートのトピックス「5S」勢揃い
  • 上:ソフトリングノート  下:キャンパスバインダー<スマートリング>
  • 上:スマートリングの表紙を裏に折り返した状態  下:スマートリングをとじた状態  
  • キャンパスノートの方眼罫は大人キャンパスの一員で、黒表紙
  • CamiAppSはこのペンで書きます。ノート・メモパッドは、お客様に合わせて、フォーマットのカスタマイズが可能です。
  • 「測量野帳スタイルブック」 株式会社エイ出版社より販売中
 12月になり、だれもが1年を振り返るシーズンになりました。そんなシーズンにぼんやりノートについて振り返ってみました。普通は5「大」トピックスだと思いますが、思いついたトピックがどれも「S」がらみだったので、5「S」トピックスでまとめてみました。「5S」といっても、整理整頓できたり、躾がでてきたりするものではありません。

 今回取り上げる5Sは次のとおりです。
 Softring   Smartring   Squared   Sokuryouyacho   Solution

◆Softring (ソフトリングノート)

 折り返して、コンパクトに使えるノートして人気のリングノート。しかし、リングノートには、手がリングに当たって痛い、書きづらいという不満が昔からありました。その悩みを軽減すべく開発されたのがソフトリングノートです。独自開発された柔らかい素材のリングを採用することで、当たっても痛くなく、リングの高さも低く抑えられているため、邪魔にもなりにくくなりました。従来から好まれていた機能を損なうことなく、大きな不満を解消したソフトリングノートは、発売2年弱で250万冊を売り上げています。

 また私感ですが、リングノートに何かを書くときに、右手で右に移動しながらリングの山を越えるより、左利きの人が左手で右に移動して山を越えるほうが大変なような気がします。もしかすると、ソフトリングは左利きにオススメなリングノートかもしれません。

◆Smartring (キャンパスバインダー<スマートリング>)

 同じくリングでとじるタイプですが、今度はルーズリーフです。これまでのルーズリーフのバインダーというと、表紙、背表紙、裏表紙一体型が主流でしたが、背表紙のないタイプが各社から登場しています。

 背表紙をなくして、表紙と裏表紙を分割し、バインダーでとじることにより、リングノートと同じような形になり、折り返すことができます。ルーズリーフを抜き差しするために、リングを開閉させる機能が必要ですので、さすがにソフトリングのような柔らかい素材ではないですが、見開きのよさや、折り返して使えるという使いやすさは、表紙一体型ではなかったものです。

 「5S」からはそれますが、ルーズルーフに関するトレンドとしては、ケースつきのルーズリーフがありました。ルーズリーフ使用者のあるあるネタ「ビニールの袋に対する不満」を解消し、本サイトinspiでも「もうあの袋めと言わせない」というキャッチフレーズで紹介されたキャンパスルーズリーフケースが代表例です。

◆Squared (キャンパスノート<方眼罫>)

 今年に限ったトレンドではありませんが、方眼罫のノートは今年も流行ったと思います。昨年初めに登場したキャンパスノートの方眼罫も、無線とじタイプ3サイズ3品番だけでスタートしましたが、今では、ツインリングタイプ、メモパッド、多枚数タイプを加え12品番に増えました。

 ビジネスにおいて、大切なのはインプットよりもアウトプットだと思います。そのアウトプットのためには、頭の中を整理する、アイデアを考えるという過程があります。そんなときは、頭の中でぐるぐる考えをめぐらせるよりも、ノートに書き出して、整理するほうがスッキリします。自由にイラストを書いたり、紙面を分割して構成を考えたり、図や表にまとめたり。きっとそんなシーンで活躍しているのではないでしょうか?

 次ページはちょっと意外な「S」もふたつ…。
《ウェブマスター》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

    それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

  2. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

    測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  3. 早くも来年開催が待ち遠しい! 今年も大盛況の文具イベント「コクヨハク」

    早くも来年開催が待ち遠しい! 今年も大盛況の文具イベント「コクヨハク」

  4. 40歳を過ぎたら「オヤノコト」に。実家の親を想い、文房具の工夫について考えた。

  5. 左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

アクセスランキングをもっと見る

特集