まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

太田あやの「小学生のノート力、どうやって伸ばす?」 ~お子さまのノート、見ていますか?~

文房具

息子に注意事項を言ってもすぐに忘れてしまうので、付箋に書いて貼っています。
  • 息子に注意事項を言ってもすぐに忘れてしまうので、付箋に書いて貼っています。
  • ときには直接書いてみたり
  • 太田あや著 『東大合格生が小学生だったときのノート』 講談社より発売中  Copyright (C) Kodansha Ltd. All Rights Reserved.
  • 初めての本『東大合格生のノートはかならず美しい』(文藝春秋、2008年)にはじまり、ノートの書き方研究は10年近くにおよびます。 Copyright (C) Bungeishunju Ltd. All rights reserved.    
 では、そのために小学生のうちに何をしたらいいのか。

 それを、昨年の春、『東大合格生が小学生だったときのノート』(講談社)という本にまとめました。その中身は、このコラムでも少しずつ紹介していきたいと思っているのですが、小学生のノート力は、子どもが一人でつけられるものではありません。基本は、先生なり親なり大人のサポートや指導が必要になります。

 親ができることは、まず、子どものノートを見ることだと思います。とは言え、ノートを見ていきなり「きれいに書きなさい!」としかるだけでは意味はありません。ノート指導をする前にお子さまの状態を見てあげることが大切です。ノートはとても雄弁です。毎日見ることで、子どもの書き方のくせや授業の理解ができているところ、できていないところが分かったり、字の揺らぎや筆圧から精神状態が見えたりもします。

 ある小学生のノートでした。前半部分はポツポツと乱れた文字が並ぶくらいでほとんど白紙状態だったのが、後半になるとしっかりとした字で知識をきちんとまとめたノートを書いている子がいました。同一人物のノートとは思えないくらいの激変で。その子のお母さんに話を聞くと、1学期は学級崩壊で授業が成り立たなかったそうなのですが、2学期に先生が変わり、クラスが落ち着いたことでノートが変わったとのことでした。

 小学生のノートにはそのときの環境や気持ちがものすごく反映されます。
 どうしてそう書いているのか。また、どうしてきちんと書けないのか。
 そこには、能力だけでなく、環境による理由がある場合もあります。だからこそ、その理由を探るためにもお子さまのノートを日々見ることが大切になってきます。

次ページ: 私の息子のノートは?
《太田あや》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  3. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

    東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

  4. 大人手帳は「記運確楽」動詞で選べ!おすすめ4選をチェック

  5. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

アクセスランキングをもっと見る

特集