まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

今年はキレイな机で、好きなモノに囲まれて仕事をする。

文房具

今年はこのデスクでスタートしました。
  • 今年はこのデスクでスタートしました。
  • 黄色い円筒形のトレーシングペーパー。まだ、封を切っていません。
  • 5cm方眼で1cm単位のメモリ付きのカッティングマット
  • ほそぼそと、でも確実に新しい葉を出してくれる観葉植物
  • 目がかわいいペンギンの置物
  • カッコいいバインダー
  • 使ってみたいノートたち。はたして使う日が来るのか・・・。
  • キャンパスダイアリーをカレンダーで使用中。
 カフェや自宅など、会社以外で仕事をされる方が増えています。会社で仕事をしていても、自分専用の固定席はきめられていなくて、そのとき空いている席や、気分に合わせた席に座って仕事をする「フリーアドレス」を採用している会社も増えていると思います。

 そんな中、私は固定席で仕事をしています。固定席は、机の上が散らかりやすく、ここ何年か、机の上がきたないのが当たりまえという日々が続いていました。

 しかし、昨年末の最終日、近くの席の同僚が、突然、「来年は、メディアの取材が来ても、恥ずかしくない席にしましょう!」と言い出しました。その言葉を真に受けて、昨年末、机の上を大掃除しました。散らかっていた机の上から、やりかけの仕事の書類や、出しっ放しの文房具を全部片付けました。

 そして、好きなモノだけを置くようにしました。昨年のカオス状態から、現在残っているモノを見ると、すぐに使うモノではなく、ちょっと変わったモノが多い気がします。それらは、これまで私の席に来た人たちが、「なんですかコレ?」って声をかけてくれることが多かったモノばかりでした。

 自分が好きなモノに囲まれているという幸せもありますが、置いてあるモノをきっかけに、いろんな人と、いろんな話ができることも楽しみです。自分が好きなモノに、誰かが反応してくれるのは嬉しいものです。

 年明けの出社から数日が経ちましたが、キレイなまま、好きなモノだけに囲まれて仕事をしています。そんな机の上に残ったモノを語ってみたいと思います。

【黄色いトレーシングペーパー】

 トレーシングペーパーというと、透かして複写するための半透明の紙ですが、そういう本来の用途で使うために置いているのではありません。

 写真を見ていただくとわかるとおり、このトレーシングペーパーは四角い平面ではなく、巻き物の形状で円筒形です。(2枚目の写真)。後輩のニューヨーク土産です。

 アイデアを書き出すときに、途切れることなく書き出すために、面積が決まっている四角い紙に書くのではなく、巻き物に、ずーっとながーく書く有名なデザイナーさんがいるそうです。そんなクリエイティブな仕事をしているわけではありませんが、「クリエイティブ」でありたいという想いはあり、これをみて、その想いを忘れないようにしています。

【緑のカッティングマット】

 緑のカッティングマットをデスクマットとして使っています。
 デスクマットというと、一般的には、無色透明で、下に書類をはさんだりされると思うのですが、私は緑のカッターマットを敷いています。カッターで何かを切るときにすぐに切れます。5cm角の方眼で、一部1cm単位の目盛りが付いている線が引かれているので、何かの大きさや長さが大まかに測れて便利です。加えて、メラミンの天板ほど表面が硬くないので、紙にボールペンで書くときの書き心地がいいのも好きな点です。

【観葉植物】

 何年前か忘れましたが、オフィスに植物を置くといいということで、コクヨが販売していた植物を今も置いています。水を足すのを忘れて、かわいそうな状態にしていることもありますが、細々と、緑の葉をつけてくれます。小さな緑の葉が出てくると、毎回嬉しくなります。

【ペンギンの置物】

 目が可愛い、木彫りのペンギンの置物を観葉植物のそばにおきました。手に取った人は、たいていその軽さに驚きます。

【バインダー】

 以前、「【文房具 温故知新】「コクヨ バインダー」 この箱の中身、実はかなりのイケメンなんです」という記事で紹介したことのあるカッコいいバインダーを実際に使っています。重くて、ハンドリングは簡単ではないのですが、見た目のカッコ良さは満足度が高いです。

【使ってみたいノート】

 A5サイズの方眼罫大人キャンパスノートとバーチカルキャンパスダイアリーしか使っていないのですが、使ってみたいノートをためています。A4サイズのメモパッドとかを、さらさらと使いこなしたいものです。

【カレンダー(キャンパスダイアリーです。)】

 A6のキャンパスダイアリーをカレンダーがわりに立てて使っています。手にとってページをめくれば、先の予定が簡単に見られます。閉じれば、普通にダイアリーなので、持ち歩きも簡単です。立てるときに使うのは、以前、「紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選」で紹介した「クルップ」です。

 以上が、今年、私の机に残ったモノたちです。こういうモノたちに囲まれて仕事ができるのは、固定席ならではの楽しみかも知れません。

 固定席のみなさん、一度、ご自身の机の上を見直してみてはいかがでしょうか?

ウェブマスター
アナログなノートが好きなのに、仕事はなんともデジタルなウェブマスターです。ロングライフでロングテールなモノが気になります。最近のお気に入りは、方眼罫のキャンパスノートと黒のサインペンです。

《ウェブマスター》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  2. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

    【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  3. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  4. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  5. 必見!ママ手帳術~家族の予定管理も日々のメモも1冊で~

アクセスランキングをもっと見る

特集