まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

文房具

それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2
  • それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2
  • 例えば、シャープペンシル。軸の形状で、持ちやすさ、フィット感などが変わってきます。
  • もちろん、芯の太さ、濃さでも書きごこちなどの印象も大きく変わります。
  • 色の選択肢もたくさん。ビジネスシーン向けのシックなカラーや、ポップなかわいいカラーなど好みにあわせて。
  • さらには、ペン先の素材、消しゴムの有無、クリップの有無など、選ぶポイントはいろいろ。
◆困る理由2 「いい」といってもいろいろありすぎるから

 バリエーションがあるのはペンばかりではない。それを使う側の人間にも、さまざまな事情や好みがある。

 たとえば、書き心地。インクやペン先はどのような感触がお好みだろう?「さらさら系」「スラスラ系」が一般的にはウケがいいようだけれど、それと匹敵するほどに「カリカリ系」も大きな派閥だし、中には「カリカリ原理主義者」といえるほど過激な人もいる。そういえば、万年筆の台頭で「ぬらぬら系」というのも増えてきた。

 書き心地はなにもインクだけで決まるのではない。軸の機能やデザインも、常に傍らに置いて相棒にしてやろう、という気分を決める大事なポイントだ。ペン先の出し方はキャップ式かノック式か。ボディは細い方がいいのか、あるいは太い方が疲れにくいと感じるのか。ラバーグリップもあった方が握りやすいという人もいるし、アレは生理的にうけつけない、という人もいる。質感や柄、色も「持ちたい」と思う気持ちを大きく左右する。

 書き方のクセも重要な判断軸だ。ペンを傾ける角度や筆記時の姿勢は? 持つ部分が前よりか後ろよりかで最適な重心も違う。それから、筆圧や筆記速度はどうだろう。そうそう、右利きか左利きかも大事な情報なのでぜひ聞いておきたい。

 大体、そもそもなんのためにペンが必要なのか。自分用? それともプレゼント用? 書くとすれば何を書くのか。メモ、ノート、手帳、イラスト、手紙、履歴書、縦書き横書き、それによっても違う。愛用のノートや手帳が決まっているなら、その紙との相性もある。それ以外にも何か特殊なシチュエーション、立って書くとかお風呂でメモをとりたいとか冷蔵倉庫で働いているとか、そういう事情があればぜひ教えて欲しい。

 このように、なにを基準におくかによって「いい」の中身はまったく変わってしまうのだ。ペンの特性と使う人の事情を掛け合わせていくと、その組み合わせは無限大。なので、これらの情報が一切ない状態で「いいペン」を聞かれたとき、私は眼前に広がる茫漠とした宇宙にひとり言葉を失い、クラクラとしてしまうのである。

◆困る理由3 おすすめをハズしてがっかりされたくないから

 それに私だって、本心では自分の身がかわいいのだ。「その道に詳しい」と見込まれたからこそ、ヘタなアドバイスをしてガッカリされたくない、という気持ちがある。すごくある。評判のレストランに入って「シェフのイチオシ!」と書かれたメニューを頼んだら「まずくはないが特別おいしいというほどでもない」という状態だったときの、微妙な気持ちを向けられることを想像しただけで胃がキュッとなるではないか。

 もっといわせてもらえば、ペンにはなんの罪もないのだ。それを一生懸命に開発してくれたメーカーさんにもない。ただ!私が!私がすすめ方を間違えたばっかりに!「なんだ、いいペンと言ってもこんなもんか…」と思わせ、ひとりの人間から文房具そのものに対する興味を奪ってしまったとしたら? まったく、業界に顔向けできなくなってしまうではないか。そのことへの不安も、即答を難しくする要因のひとつである。
《ヨシムラマリ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 【毎日忙しいママにおすすめ!!】最新時短文房具ランキング

    【毎日忙しいママにおすすめ!!】最新時短文房具ランキング

  2. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  3. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  4. 必見!ママ手帳術~家族の予定管理も日々のメモも1冊で~

  5. ライフログ手帳「ジブン手帳」2018年版発売、ラインアップがさらに充実

アクセスランキングをもっと見る

特集