まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

メモがとれる人間にあこがれて~文具自分紀行・その3

文房具

メモがとれる人間にあこがれて
  • メモがとれる人間にあこがれて
  • 「突発的」であることが「メモ」の最大の特徴であり、同時にメモをとることを難しくしている要因でもある
  • バッグに入れて持ち歩くメモ帳として愛用している「測量野帳」
◆書く「モノ」がない問題について

 次に書く「コト」があるのにメモがとれない、という場合は、必要なときに必要な「モノ」(紙やペン)がない状態が問題である、と考えられる。メモは「突発的」なものなので、いつどこで「ビビッ」とくる瞬間が訪れるのかを予測することはできない。そのため、「いつでも」「どこでも」書く「モノ」がある状態を構築することが、この問題に対する解決策となる。

 そこですぐに思いつくのは、お気に入りのメモ帳とペンを用意して「これからはこのセットを肌身離さず持ち歩くぞ!」と決意することである。だが、先の例を思い出して欲しい。それは果たして、実現可能な目標だろうか? 少なくとも私の場合は、過去の決意と挫折の繰り返しによる苦い経験から、「実際の自分」は常に「期待する自分」の斜め下を行くという、動かしようのない事実を学んできた。

 では、どうするか。自分が「メモ帳を持ち歩く」という新しい習慣を身につけることに期待するのではなく、実際の自分がすでに身につけている習慣に、メモを結びつけるのだ。「ビビッ」とくる瞬間は予測できないが、自分がとりそうな行動は予測することができる。だから、自分自身の先回りをして、あらかじめ「モノ」を仕込んでおくのである。

 たとえば、いつも持ち歩いているもの(スマホやサイフ)があれば、それに紙片を仕込んでおく。毎日同じバッグを使うのであれば、その中にメモ帳とペンの「定位置」を作る。お風呂場やトイレ、車の中など、自分が「ビビッ」ときやすい「場所」を思い返して、そこに道具を常備しておくのもひとつの手だ。

 ここでポイントとなるのは、はじめから1冊のメモ帳にまとめようとこだわるよりは、そもそもメモを取りっぱぐれないことを重視したほうがいい、ということだ。メモは「突発的」なので、その瞬間にしかとることはできない。まとめるのは「計画的」な行為なので、このメモは取っておきたい、後で見返したいと思うなら、余裕のあるときにゆっくりまとめればいいのである。メモは発生する時点では散逸していてもいいのだ。

 ちなみに私は、バッグに入れて持ち歩くメモ帳として「測量野帳」を愛用している。バッグの中に決まった場所があり、そこにペンと一緒に収めている。社内ではバッグを持たずに動き回ることが少なからずあるので、仕事中は必ず身につけている社員証の裏にふせんを何枚か仕込み、ネックストラップにペンを取りつけている。家では布団の中であれこれ考えることが多いため、枕元に手帳を置いておく、というのが今のスタイルだ。

 スマホのアプリも使うが、これは買い物リストなど用が済んだら捨てて「見返さない」メモ用だ。私の場合は、紙のメモの方が見返しやすいと感じるため、見返す可能性があるメモは基本的に紙に書くようにしている。このあたりは個人の好みや習慣に大きく左右される部分だと思うので、どのような「モノ」を用意するかは自分で自分を観察して探っていくといいだろう。

《ヨシムラマリ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

    左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

  3. 必見!ママ手帳術~家族の予定管理も日々のメモも1冊で~

    必見!ママ手帳術~家族の予定管理も日々のメモも1冊で~

  4. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  5. サーティワン ギフト券31日分が当たる、キャンパスノートのキャンペーン開始

アクセスランキングをもっと見る

特集