まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

キャンパスノートとコラボした写真集『ナスカイ』物語<前編> 男子高校生・滋賀工場へ行く

文房具

これが噂の3連キャンパスか。
  • これが噂の3連キャンパスか。
  • 次々と流れてくるキャンパスノート。
  • 工場内にある特別バージョンのとび太くんと。
  • あっという間にできあがりました。
  • できたてほやほやを。
  • 名物、無線綴じ耐久実験。ミネラルウォーターを何本まで吊るせるか。
  • 滋賀工場内のトリックアート。
  • 彦にゃんを知らなかった生徒たち。
 男子高校生の日常を切り出した写真集『ナスカイ』。その装丁はデザイナー・中島英樹氏の発案から、キャンパスノートに中高生生活をスクラップしたようなイメージに仕上がりました。

 「ナスカイ」とは、全国でも珍しい全寮制・男子校の那須高原海城(かいじょう)中学校・高等学校の愛称。東日本大震災の影響で那須から校舎を移すことを余儀なくされ、都内で継続してきたものの、今年3月5日に最後の卒業生8人を送り出し、閉校となったのです。

 6年間ナスカイですごし、被写体でもあり続けた最後の卒業生2人とのキャンパスノート工場見学記、そして、彼らを撮り続けた写真家・梅佳代さんがその想いを語ったインタビューの2編からなる「キャンパスノートとコラボした写真集『ナスカイ』物語」<前・後編>をお届けします。

◆キャンパスノートを生産する滋賀工場見学が実現した!

 昨年、文具メーカー・コクヨに一通の手紙が届きました。そこには、今度出版する梅佳代さんの写真集にキャンパスノートのデザインを採用したいという企画がしたためてあったのです。梅佳代さんのファンであった社員たちのテンションは、それはもう半端ないほどに盛り上がりました。

 コラボ検討会議の場では、全寮制の男子高校生の日常を、キャンパスノートの表紙の写真集にするのは大変面白いが、ただ表紙にしてもらうだけでなく、もっと楽しいイベントにすることができないだろうかと、メンバーは大いに盛り上がりました。そんな思いから、「じゃあ、写真集のデザインをしたキャンパスノートを作って卒業生にプレゼントしたらどうだろう。」「梅佳代さんにコクヨハクに来てもらったら面白いんじゃない?」とか、「ナスカイ・キャンパスノートを作るのなら、滋賀の生産工場へナスカイ生に来てもらったらいい思い出になるんじゃないか?」など、次々とアイデアが出てきて、ついには全て実現してしまうのでした。

◆男子高校生の日常

 ナスカイ卒業生を滋賀に招待する工場見学ツアーの当日、東京駅の待ち合わせ場所にナスカイの制服を着た2人の学生はいました。知らないおじさん(筆者)との初対面に、ちょっとした緊張感が漂いつつ、担任である鈴木先生、亜紀書房の編集担当・田中さんという一行で滋賀工場ツアーは始まったのでした。

 新幹線の車中では、前週に刷り上がったばかりの写真集『ナスカイ』が初めてお披露目され、二人は、写真集をみながら、いろんなことを語ってくれました。布施智史くんは、小学校卒業後すぐに全寮制学校に行くことに不安と緊張を感じていたところ、震災の影響で最初の1年間は、都内の自宅から新宿にある避難先の兄弟校に通うことになり、ホッとした思いもあったようです。磯村柊斗くんは、最初洗濯の仕方が分からず、衣服から異臭が出る騒ぎを起こしたという思い出を語ってくれました。(どう洗えば異臭が発生する事態になるのかは、最後まで謎が残りましたが…) カナダへのホームステイでは、ブロッコリーが生で出てきて、すぐに日本に帰りたくなったというエピソードや、金髪の女の子に一目ぼれした同級生のほろ苦い話など、なんてことないけど、くすっと笑える話が満載でありました。

 なるほど、自分も数十年前の中高生時代を思い出すと、そんなに前向きな感情ばかりでなく、後から思い出すと笑い話にしかならないような、数々の失敗を経てきたように思います。そんな経験は、布施くんの言葉を借りると、きれいな思い出に補正されてしまうということになるのですが、補正前の場面をそのまま切り取るという面白さが、この写真集の魅力なのだろうと感じました。

◆滋賀工場見学

 滋賀が初めてだということだったので、まずは彦根城に立ち寄って観光。彦根城は、全国で天守閣が現存している12城のうちの1つで大変貴重なものであるとか、国宝に指定されているだとか、現在放送されている大河ドラマの主人公の井伊家が築城しただとか、そんな豆知識を交えて会話しつつ、昼食には近江牛のステーキをいただき、滋賀を満喫したところで、いよいよ滋賀工場での生産立ち会いです。

 工場のラインには写真集と同様に3種類の表紙が用意され、一同が到着したのを見計らってマシンが稼働。数百冊のノートは、数分の間に生産されました。自分たちのノートを模した写真集が、本物のキャンパスノート生産工場で作られるという不思議な体験でした。

◆最後の卒業式

 3月5日には、最後のナスカイ生8名の卒業式が行われました。同日夕刻に開催された閉校式は、「感謝の会」として執り行われ、OBや関係者、父兄など、たくさんの方々が参集されました。最初の卒業生はもう立派なおじさんになっていました。会場に展示されていた歴代の卒業アルバムからは、教頭の塩田先生が創立時からナスカイを見守って来られた様子が伺えました。いろんな場面に、学校の歴史を感じとることができました。

 その歴史に幕を閉じることになり、涙ぐんでいる先生も見られましたが、不思議と終始爽やかな感じで式が進行していったのは、男子高校生の為せる技なのでしょうか。大人はいろんな美談や悲哀を、勝手に脳内演出してしまいがちですが、当の学生たちは、いまこの瞬間を自然体で受け止めて過ごしているのだなと感じました。人生にはいろいろなことがあるけれども、何はともあれ、いまを楽しむことをナスカイ生たちに教えてもらった気がしました。

 2人の卒業生が生産を見届けた『ナスカイ』仕様のキャンパスノートは、感謝の会に出席したOBや関係者に配られました。一部は、下記イベントにて、写真集を購入いただいた方、全員にプレゼントされます。ぜひご来場ください。

◆コクヨハク2017
日時:2017年3月31日(金)、4月1日(土)、2日(日)10:00~20:00(※最終日は18:00まで)
<梅佳代写真集『ナスカイ』メイキングトークイベント>
 4/1(土)14:00~15:00(サイン会 15:00~15:30)
会場:JPタワー・KITTE地下1階 東京シティアイ(東京都千代田区丸の内2-7-2)
コクヨハク情報

防災訓練生.S
愛用の文房具は測量野帳。inspiでは防災番や下地先生のイラストも担当しています。いろんな視点で文房具の便利な使い方などを紹介していきたいと思っています。

《防災訓練生.S》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. サーティワン ギフト券31日分が当たる、キャンパスノートのキャンペーン開始

    サーティワン ギフト券31日分が当たる、キャンパスノートのキャンペーン開始

  3. 【小学生のノート力】ノートのバランスが悪いなど感じたら 2本のラインを引いてみよう!

    【小学生のノート力】ノートのバランスが悪いなど感じたら 2本のラインを引いてみよう!

  4. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  5. 【開発者に聞く】デキるビジネスパーソンのための持ち運びに便利なペンケース「ウィズプラス」~8月新発売~

アクセスランキングをもっと見る

特集