まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

「キャンパスノートの現代史」 -後半を駆け足にしない歴史の授業-

文房具

「キャンパスノートの現代史」 -後半を駆け足にしない歴史の授業-
  • 「キャンパスノートの現代史」 -後半を駆け足にしない歴史の授業-
  • 『東大合格生のノートはかならず美しい』と『キャンパスノート<ドット入り罫線シリーズ>』
  • ドット入り罫線は、普通の横罫の上にドットを並べただけのシンプルな罫線。
  • 書籍の中で、ノート開発の様子をとり上げていただいています。
  • キャンパスノート通史
 学生時代、歴史の授業というと「近代史以降は駆け足」という印象をもたれている人は少なくないのではないでしょうか。歴史の先生は「歴史大好き!」という先生が多くて、熱く丁寧な授業をしてくださいます。しかし、3学期に入ると時間がなくなり、授業は一変し、急に駆け足になり、第二次世界大戦前後までくると、時間が足りないを理由に、「後は各自読んでおくように」というエンディングを迎えるような印象があります。

 歴史というとコクヨではキャンパスノートの歴史がよく話題になります。おかげさま社外、メディアからの取材を受けることも多く、ホームページ内でも人気上位にくるコンテンツです。

 そのとき語られるキャンパスノートの歴史というと、1975年発売当時から続く「無線とじ」という独自の製本の手法や、背クロスの丈夫さ、紙質へのこだわり、ロゴやデザインの変遷などが語られます。私の勝手なイメージですが、どうもここまでだと、歴史の授業でいうところの近代までのような気がしていて、もっと現代も語りたいなと前から思っていました。

 そこで、このコラムでは、ある大きな節目となった商品以降を「現代」と勝手に定義して、現代史を語りたいと思います。節目となった商品とは、書籍「東大合格生のノートはかならず美しい」とのコラボで当時すごく話題になった「キャンパスノート<ドット入り罫線>」です。

 このノートの登場以降、コクヨだけでなく、ノート市場全体が大きく変わったと思います。それまで、ノートを含む文房具は、単純な構造、機能のものだし、長い期間をかけて改善がくりかえされてきたはずなので、革新的な商品が出てくる余地はもうないというイメージがありました。しかし、このドット入り罫線の大ブレイクをきっかけに、作る側も、使う側も、まだまだノートには可能性があるのではないかとみんなが思いはじめたと思います。それは、ドット罫以降、他社からもさまざまな機能罫線が研究され、発売されたことでも確認できると思います。

 現代史の第一回は、このドット入り罫線について語りたいと思います。

《ウェブマスター》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 筆記具に新しい付加価値を!選んで作れるボールペン「エラベルノ」開発秘話

    筆記具に新しい付加価値を!選んで作れるボールペン「エラベルノ」開発秘話

  3. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  4. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  5. 左利き用文具あれこれ…右利き用との違いとは?

アクセスランキングをもっと見る

特集