まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【小学生のノート力】ノートのバランスが悪いなど感じたら 2本のラインを引いてみよう!

文房具

2本ラインの使い方(よこ書きノート)
  • 2本ラインの使い方(よこ書きノート)
  • 2本ラインの使い方(たて書きノート)
  • 2本ラインの使い方(算数ノート)
  • 太田あや著 『東大合格生が小学生だったときのノート』 講談社より発売中  Copyright (C) Kodansha Ltd. All Rights Reserved.
 「何をどう構成していこうか?」

 私は、本や雑誌の誌面を作るとき、まっさらな紙を前にして出来上がりをイメージしながら考えます。入れる要素は、タイトルにリードに本文。本文に合わせた写真やイラストはどんなものがいいのか。どれくらいの大きさにしたいのか。真っ白な紙を前に考える作業は、編集の仕事の楽しい部分でもあり、また悩ましい部分でもあります。

◆まるで雑誌のような東大生たちのノート

 東大生のノートを見ていると、まるで雑誌のようだと感じるノートがいくつもありました。小学生時代の自主学習ノートや社会のノート、高校生になってからの日本史、世界史のノートなどに多かったです。タイトルがあり、文章とイラストがあり、ときに資料などが貼ってあり。どう書いたら見て楽しく、分かりやすい構成になるのか。自分が読者と想定しながらノートづくりを楽しんでいたのだなと感じ、この子たちがいつか編集者になったとしたらとても力を発揮するんだろうなと思いました。

 東大生の多くがどうしてこのような編集能力があったのか。ノートにページ数を書いている東大生に「どうしてページ数を書いているの?」と聞くと「本がそうなっているから。ページ数があると見直ししやすいですよね」と答えました。資料をたくさん貼ったノートを作っていた東大生は「好きな雑誌の真似をしました」と教えてくれました。

 そうか。本をたくさん読んできたという経験が、編集能力の高さの理由の一つなんだなと思ったのです。小さい頃から図鑑や雑誌、マンガや絵本などたくさん触れる中で、多くの情報を1ページの紙にまとめる場合、どのようにすると分かりやすいのか、それを知らず知らずのうちに覚えてきたのだと思います。タイトルを書き、ページ数を書き、イラストを入れ、ときには資料を貼り、自分で自分専用の本づくりをするような感覚でノートづくりをしてきたのです。

<「ノートのバランスが良くなるコツ」は次のページへ>
《太田あや》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 進化文具!ココが解決!こういう文具が欲しかった!

    進化文具!ココが解決!こういう文具が欲しかった!

  3. それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

    それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

  4. プリントとノートを一緒に管理できる「カバーノート」、小学生向け新登場

  5. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

アクセスランキングをもっと見る

特集