まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

流行を大流行に!「デコりやすいキャンパスノート」の挑戦(3)-キャンパスノートの現代史-

文房具

その道のプロにデコっていただいたキャンパスノート
  • その道のプロにデコっていただいたキャンパスノート
  • 当時のデコりコンテストの結果は、今もこちらで見られます。
  • オリジナルキャンパスノートのリニューアルに合わせて、デコキャンもモデルチェンジしました。
 デコキャン企画は、準備が整い、いよいよ商品の発表、発売です。

 「デコりやすいキャンパスノート」と名付けられたこのノートは、毎年発売される、かわいい限定柄の「キャンパスノート(限定版パックノート)」というシリーズのひとつとして発売されます。しかし、当時、このシリーズは、通常、プレスリリースはせずに、静かに店頭に並び始め、販売が始まります。しかし、今回の「デコりやいキャンパスノート」は話題性が高いからと、プレスリリースを管理する部門と交渉して、シリーズ初のプレスリリースを発行します。

 リリース後の反響は、予想を越えていました。多くのメディアで取り上げていただきました。文房具売り場にたくさんのデコりやすいキャンパスノートが並び、お店での売り上げも好調に推移します。

 その象徴となったのが、TBSテレビ「王様のブランチ」に取り上げていただいたことです。この人気情報番組で、「デコキャン」を取り上げていただき、ブランチレポーターお二人が、デコり達人の絵馬にデコりを習いにくるという形で取材され、絵馬本人もテレビ出演をはたします。

 今だから言えますが、当時の絵馬のデコり術は、付け焼き刃もいいところでした。デコりやすいキャンパスノートの企画を進める過程で、販促物を作るためにサンプルが必要で、その製作過程で習得したもので、1~2ヶ月の修行期間でした。しかし、その期間、デコられたキャンパスノートをネットや雑誌で漁って勉強し、ある筆記具メーカーにデコりの達人がいると聞くと、その門を叩き、教えを請うなど密度の濃い修行期間を過ごしていました。その甲斐あって、撮影時のレポーターの方たちへの指導も無事こなすことができました。

 デコりコンテストは、対象商品を買わないと応募できないクローズドキャンペーンでした。しかも、1.キャンパスノートを購入する、2.デコる、3.撮影する、4.応募するとステップが多いキャンペーンだったため、目標を600件と設定していましたが、目標を大きくクリアし、1,491件の応募がありました。ホームページには、10万ユーザーが訪問し、ノートの販売も対目標140%を達成します。企画は、「大流行」で「大成功」でした。

 デコりやすいキャンパスノートが販売されたのは、その年だけでしたが、その後も、コクヨが主催するイベントや、お店の催しとして、キャンパスノートをデコるワークショップが開催され、好評を博しています。

 ほかにも、その道のプロフェッショナルの方たちにデコってもらったどうなるかにも挑戦し、その結果はWEBコンテンツとして公開しています。それは。もはや芸術作品でした。

 この記事を書くにあたって、絵馬に改めて話を聞きにいったところ、「当時の大流行も嬉しかったんですが、今も、ワークショップなどで、小学生やもっと小さな子たちが楽しんでくれているのが何より嬉しい」という言葉が返ってきました。

 この年のデコりやすいキャンパスノートの成功以降、「キャンパスノート(限定版パックノート)」は、毎年発売される、かわいい柄の5冊パックという意味合いだけでなく、さらなるストーリー、付加価値をつけたものも登場するようになります。

 次回の「キャンパスノートの現代史」もお楽しみに。

●関連記事
ノートに日記を書いてみむとてするなり。<きっかけ編>
「キャンパスノートの現代史」
-後半を駆け足にしない歴史の授業-
「頭が軽くなる手帳Pat-mi」の実力を証明!?
【Pat-miでコクヨ社員が資格に挑戦! その1】
太田あやの「小学生のノート力、どうやって伸ばす?」


ウェブマスター
アナログなノートが好きなのに、仕事はなんともデジタルなウェブマスターです。ロングライフでロングテールなモノが気になります。最近のお気に入りは、方眼罫のキャンパスノートと黒のサインペンです。

《ウェブマスター》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 進化文具!ココが解決!こういう文具が欲しかった!

    進化文具!ココが解決!こういう文具が欲しかった!

  3. それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

    それでも「いいペンを教えて」と聞く覚悟はあるか~文具自分紀行・その2

  4. プリントとノートを一緒に管理できる「カバーノート」、小学生向け新登場

  5. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

アクセスランキングをもっと見る

特集