まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

ミュージシャンのお道具箱(その6)~INSPi北の音楽的文房具「ピンバッジ」~

文房具

100均のコルクボードとA4ファイルでほこりをシャットアウトしつつも選びやすいディスプレイに。コレクション総数はこの倍ぐらいあります。
  • 100均のコルクボードとA4ファイルでほこりをシャットアウトしつつも選びやすいディスプレイに。コレクション総数はこの倍ぐらいあります。
  • 僕の胸元にご注目ください。ト音記号のピンバッジはお気に入りの一つ。その土地にちなんだものを持っていない時はこれを選ぶことが多いです。
  • 以前はコレクションをすべて持ち込んで楽屋で眺めながらニヤニヤしていたのですが、数が多くなり重くなるため、厳選したものをいくつか持っていくだけになりました。
  • 「秋田と言えばなまはげ」のように、その土地ならではのピンバッジを見つけるととても嬉しくなります。
 「この木なんの木」のCMでおなじみ、アカペラグループINSPiのメンバーである北の文房具好きが高じてスタートしたこのコラム。今までに誰も目指さなかったニッチな目標「ミュージシャンの現場と文房具との懸け橋となる」を実現すべく、今回もミュージシャンの現場からお届けします。

 コンサートの楽屋は基本的には殺風景なものです。ライブハウスだと(本当はいけないことなのですが)出演者たちが壁や天井にサインやメッセージをを書き連ね、そこに来たという証を残していることも多く、ガチャガチャとした雰囲気の楽屋であることも多いのですが、INSPiの場合は公共のホール等でのコンサートも多いので、きれいに整頓された楽屋を使用することも多々あります。

 壁際には一面に鏡が張られ、舞台照明に負けないぐらい明るいライトが設置されています。鏡の前にはテーブルと椅子がならび、それぞれ髪をセットしたりメイクしたりするのに使います。楽屋中央部にも島のように長机といすがあり、こちらではお弁当を食べながら曲目の確認や打ち合わせをしっかりしたいときに自然に集まって顔を見合わせて話せるようになっています。

 どんなホールに行っても置いてあるものはとてもシンプル。他にあるものと言えば、衣装をかけておくハンガーラックや館内の内線電話、客席やステージの状況確認用のテレビモニターとスピーカーぐらいなもので、乱暴に言ってしまえば「どこの楽屋もそれほど変わらない」のです。

 ミュージシャンとして旅している身ながら、本当のところは会場入りしてしまうと楽屋で待機している時間が思いのほか多く、その土地のものに触れる機会が取れないこともよくあるのです。

 さて、毎回のごとく前置きが長くなりましたがいよいよここから文房具との懸け橋のお話。「ピンバッジ」です。これを文房具と呼んでよいのか迷いましたが、画鋲的役割を持たせることも可能ということでどうかご容赦ください。

 僕の趣味の一つに旅先でのピンバッジ集めがあります。旅先で自分に選ぶお土産の条件は3つ。「軽い」「安い」「使える」。ピンバッジはこの条件にぴったり合致する、僕にとって最上級のお土産なのです。「軽い」「安い」は当然のこととしてご理解いただけると思いますが、「使える」という条件にはてなマークの浮かぶ方もいるかと思います。

 連綿と受け継がれるコーラスグループのスタイル「揃いのスーツでパリっと決める!」INSPiもこのスタイルを選ぶことが多く。楽屋のハンガーラックにはスーツがずらっと並びます。楽屋入り前にちょっとだけ早起きしてその土地を少しだけでも堪能、ピンバッジを購入。メンバーの中で僕だけが持っているご当地ピンズを胸のボタンホールにすっとさすことで、僕はその土地を訪れた証を自分の中に刻むのです。
「秋田と言えばなまはげ」のように、その土地ならではのピンバッジを見つけるととても嬉しくなります。
「秋田と言えばなまはげ」のように、その土地ならではのピンバッジを見つけるととても嬉しくなります。


 もちろん客席からは最前列の人でも判別がつくかどうかわからないほどの大きさですので、完全に自己満足の世界の話です。ですが、その場所でしか歌えない歌を歌うため、そしてもう一度その土地を訪れて再び歌えますように、という願掛けの意味も込めて、僕はいつもピンバッジを探し続けるのです。
僕の胸元にご注目ください。ト音記号のピンバッジはお気に入りの一つ。その土地にちなんだものを持っていない時はこれを選ぶことが多いです。
僕の胸元にご注目ください。ト音記号のピンバッジはお気に入りの一つ。その土地にちなんだものを持っていない時はこれを選ぶことが多いです。


INSPi 北剛彦
アカペラグループ「INSPi(インスピ)」のVocal担当。文房具好き。出身地である静岡県磐田の「いわた茶PR大使」を務める。 / INSPi:2001年フジテレビ「ハモネプ」出演がきっかけとなりメジャーデビュー。2005年2月より日立CMソング「この木なんの木」を担当。

《INSPi 北剛彦》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  3. 【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

    【2017ダイアリー診断】性格・使い方から、あなたにぴったりの手帳を診断しちゃいます!

  4. 必見!ママ手帳術~家族の予定管理も日々のメモも1冊で~

  5. 【文房具 温故知新】キャンパスダイアリーの『これでいい』と『これがいい』

アクセスランキングをもっと見る

特集