まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

コクヨのシンプル整理術<前編> ~ノートの神様の場合~

整理は苦手だと思っているビジネスマンも、生産性をあげる工夫がされているという事実。そこに本書の神髄があると思いました。そして本書では紹介しきれなかった、文具メーカーの社員ならではの整理術を紹介してみたいと思います。

ピックアップ
村上智子さんは、年間国内販売1億冊を超えるキャンパスノートの開発を担当し、社内ではノートのエキスパートとして一目置かれた存在
  • 村上智子さんは、年間国内販売1億冊を超えるキャンパスノートの開発を担当し、社内ではノートのエキスパートとして一目置かれた存在
  • 開発用には、ページの差し替えができないラボノートを使用。改変ができないので、特許の取得時の証拠資料として残る。
  • キャンパスノートの秘密が満載(?)の開発ノート。
  • 測量野帳も使いこなす。
  • KaTaSuで書類を持ち運ぶ。見出しの位置はランダムだという。
  • フリーアドレスになってから持つようになった肩掛けの自作バッグ。
  • スマホが入るポケットを用意。便利な工夫が随所にされている。
  • 持ち物には携帯用ルーペも。さすがノートの神様。
◆ノートの神様が実践する「便利」のポイントとは

「1つ目は『見出し』です。見出しは重ならないようにずらしています。ずらし方は結構ランダムにしています。その方が逆にずれたことやバランスが悪いことが気にならないからです。2つ目は『分ける』ことでしょうか。必要なものがすぐにまとまって取り出せるように、書類を分類してまとめたり、小さいフォルダーには、細かいものを入れられるようにしています。あと、よく使う筆記具は3色あるのですが、すぐに使えるように収納場所を決めてます。」
自作のポーチには原紙を観察するためのルーペも
 好きこそものの上手なれといいますが、「便利がすき」が故に、自然に次々と小さな便利を発明をされておられました。読者のみなさんにも刺激になったのではないでしょうか。次回の後編では、更にアイデア満載。最もこだわりの強い社員の一人、アイデアマンの香山さんの整理術を紹介いたします。

防災訓練生.S
愛用の文房具は測量野帳。いろんな視点で、楽しい働き方や、便利な文房具の使い方などを紹介していきます。

《防災訓練生.S》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. 柿の種をご飯にかける!?亀田製菓の新たなる“挑戦”とは

    柿の種をご飯にかける!?亀田製菓の新たなる“挑戦”とは

  2. 相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

    相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

  3. 紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選

    紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選

  4. 働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

  5. これならできる!4STEPで家庭の書類がスッキリ片付くカンタン整理術

アクセスランキングをもっと見る

特集