まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【我喜愛的文具店(私の好きな文具店)香港編2】「人を楽しませるプロ」の新店オープン

ピックアップ

多くのゲストが見守る中、豚への入刀。これも香港ならでは。
  • 多くのゲストが見守る中、豚への入刀。これも香港ならでは。
  • 入り口で豚の丸焼きがお出迎え(しかも頭の上に花が!)
  • 左が社長の陳さん。家族を率い、1973年にお父さんが作られたお店を大きくされました。
  • 売り場には祝福の果物がズラリ。
  • 笑顔の社長を中心に、テープカットで式典開始。
  • 黄色基調のお店の外観に、周囲を彩る花・花・花。めでたい新店オープンの瞬間です。
  • レジの周りにも、これでもか!と楽しい商品があふれています。
  • 店の広さと商品の多さは圧巻!
 香港には約400の文具店がありますが、日本と同じくその数は年々減少しています。そんな中で頑張り続け、子供たちにとって貴重な楽しみとなっている空間があります。今回はそのお店の新店オープンに立会うことができましたので、日本とは一風変わった、オープニングセレモニー当日の様子をお届けしたいと思います。

 1月17日、九龍湾にある淘大花園の中に、Wonderland Superstoreがオープンしました。少し歴史をご紹介すると、九龍湾はビルの間を抜けて着陸することで有名だった旧啓徳空港の近くであり、香港で初めての地下鉄もここを通りました。また淘大花園は、2003年香港中に大きな悲しみをもたらしたSARSとの関連でも有名です。当時多くの感染者が出たこの住宅は周囲を封鎖され、住民は一切外部との出入りを絶たれました。事件の収束した後、人気歌手が集まったコンサートがこの淘大花園で行われました。私はテレビ越しに見た住民の方々の、絶望を経て平穏を取り戻した何とも言えない表情を、今でも覚えています。

 さて、オープン当日の様子です。黄色を基調とした店の外観と、周囲をぐるりと囲むお祝いの花で、すぐに場所が分かりました。お店の方々にご挨拶し、入り口でまず目に入るのは、文具…ではなく豚の丸焼き!私は今までレストラン以外で豚の丸焼きを見たことが無かったのですが、後で知合いに聞くと、大きな店のオープン時にはよくあることだそうです。

 店に入ると、通路という通路に人、人、人。そして、果物、果物、果物。売り物ではありません。それにしてもすごい量。このお店が多くの関係者に祝福されていることの証です。しばらくすると、入り口方面がにぎやかになり、テープカットが行われました。続いて社長が大きな包丁を持ち、多くのゲストが注目する中行われたのは、ケーキカット…ではなく隣にある豚カット。皆さんの笑顔があふれます。式典の後は食事が振舞われ、美味しい料理を食べながらみんなで談笑です。
たくさんの料理が振舞われ、売り場のあちこちで談笑の輪が広がります。
 それにしても、これが全部売り場の中で行われることに軽い衝撃を受け、社長に素直に伝えたところ、「2月にオープン予定の沙田店ではライオンダンス(獅子舞)も呼ぼうかな」とのこと。さすが商売で人を楽しませるプロ、常にもっと楽しいことを考えておられます。

 Wonderland Superstoreは、1973年に現社長の陳さん(通称:基哥)のお父さんが始めた小さな商店に起源を持ち、香港に6つの大きな店を持つチェーン店です。
左が社長の陳さん。家族を率い、1973年にお父さんが作られたお店を大きくされました。
(写真)左が社長の陳さん。

 その特徴は、圧倒的な商品の数。文具・玩具からお菓子にラーメンまで、あらゆる物がぎっしり詰まった店内は、迷路のようでも宝箱のようでもあり、ワクワクする子供心を刺激する、まさに子供にとってのワンダーランド。私は仕事でこのお店に行くことも良くありますが、時には同行した出張者(エライ方)がスターウォーズの売り場から出てこなくなったことも(笑)。香港在住の日本人にも人気のお店で、誕生日会のプレゼントを買いに行く定番の店となっているそうです。

 文具売り場は、しっかりと押さえるべきものが押さえられ、かつ珍しい輸入ブランドなどの掘り出し物も加えた圧巻の品ぞろえ。ペンもファイルもドットライナーも!多くのチョイスの中からきっと欲しいものが見つかります。大人も子供も楽しめるこのお店、香港にお越しの際にぜひ行ってみてはいかがでしょうか。あっという間に時間が過ぎること間違いなしです。

【店舗情報】
Wonderland Superstore(奇趣天地) 九龍湾分店
九龍牛頭角道77號淘大花園商場一期一楼F121-F125號舗
他、香港内に計6店舗
www.wonderland.com.hk

【雲呑麺】コクヨ香港支店勤務のアラフォー日本人男性。以前は好きなローカル料理を聞かれると、迷わず雲呑麺と答えていた。駐在歴4年で広東料理の奥深さを知るにつれ、「好きなローカル料理は?」が、今となっては最も答えに困る質問となっている。雲呑麺
コクヨ香港支店勤務のアラフォー日本人男性。以前は好きなローカル料理を聞かれると、迷わず雲呑麺と答えていた。駐在歴4年で広東料理の奥深さを知るにつれ、「好きなローカル料理は?」が、今となっては最も答えに困る質問となっている。

《雲吞麺》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. コクヨのシンプル整理術<前編> ~ノートの神様の場合~

    コクヨのシンプル整理術<前編> ~ノートの神様の場合~

  2. 【1分間プレゼン04】相手の心を動かすシナリオを作る3つの手順

    【1分間プレゼン04】相手の心を動かすシナリオを作る3つの手順

  3. 相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

    相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

  4. コクヨ「THINK OF THINGS」ジェネラルグラフィックなどがADC賞を受賞

  5. 徹底した仮説と検証…穴をあけずにとじる「ハリナックスプレス」開発秘話

アクセスランキングをもっと見る

特集