まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

春恒例のコクヨハク「ステーショナリーレストラン」は連日満員御礼!

文房具

コクヨハク2018のようす
  • コクヨハク2018のようす
  • コクヨ社員もシェフ姿
  • 会場を入るとすぐにそびえる「メッセージボトルセット」のタワー
  • サラダバーカウンターには、ハリナックスやドットライナーなど、定番の人気商品が色とりどりに並ぶ
  • 春のスイーツを思わせる色の「スイーツ野帳」
  • 人気イラストレーターさんとの限定「コラボ野帳」。手書きのPOPがステキです
  • 限定の測量野帳は、お一人で何冊もご購入される方が続出
  • 食べられる測量野帳「やチョコ」はステキな箱に入っていて贈り物に最適
 春の恒例イベントともいえるコクヨハク。今年も、満開の桜が街を彩る2018年3月30日~4月1日、東京丸の内 JPタワー地下1階「KITTE」で開催されました。テーマは「ステーショナリーレストラン」。開店前から行列のできたコクヨハクの初日の模様を、たくさんの写真を中心にご紹介します!

◆ステーショナリーレストランに人気文具のサラダバー出現

 2018年のコクヨハクのテーマは「ステーショナリーレストラン」。文具を提供するコクヨ社員もシェフ姿です。入場すると、小さなかわいらしい文具をドリンクボトルにつめたボトルのタワーが、まるでシャンパンタワーのようにそびえ、続いて、定番人気商品が並ぶサラダバーカウンターが見えてきました。

コクヨ社員もシェフ姿
コクヨ社員もシェフ姿


会場を入るとすぐにそびえる「メッセージボトルセット」のタワー
会場を入るとすぐにそびえる「メッセージボトルセット」のタワー


サラダバーカウンターには、ハリナックスやドットライナーなど、定番の人気商品が色とりどりに並ぶ
サラダバーカウンターには、ハリナックスやドットライナーなど、定番の人気商品が色とりどりに並ぶ

◆美味しいスイーツが並ぶ!?大人気の限定商品

<スイーツ野帳&イラストレーターコラボ野帳>

 コクヨハク限定の商品は今年も大人気。入場と同時に限定商品の並ぶ棚の前には、たくさんの人であふれていました。なかでも大人気なのは測量野帳。まるでマカロンの色のようなやわらかなピンクやアイボリーの「スイーツ野帳」は、女子力アップのアイテムにもなりそう。インスタグラムで人気のイラストレーターさんとコラボした測量野帳を手にとる方も多くいて、限定野帳をお一人で何冊も購入されている方もいらっしゃいました。

春のスイーツを思わせる色の「スイーツ野帳」
春のスイーツを思わせる色の「スイーツ野帳」


人気イラストレーターさんとの限定「コラボ野帳」。手書きのPOPがステキです
人気イラストレーターさんとの限定「コラボ野帳」。手書きのPOPがステキです


限定の測量野帳は、お一人で何冊もご購入される方が続出
限定の測量野帳は、お一人で何冊もご購入される方が続出

<やチョコ>

 コクヨハクの開催前から「食べられる測量野帳」があると評判だった「やチョコ」は、定番の測量野帳の緑の表紙を抹茶で表現。中紙部分はホワイトチョコで、表紙上には金色で「SKETCH」の文字が入った本格派。もったいなくて、賞味期限ぎりぎりまで食べたくないとの声も聞かれました。

食べられる測量野帳「やチョコ」はステキな箱に入っていて贈り物に最適
食べられる測量野帳「やチョコ」はステキな箱に入っていて贈り物に最適

<A3キャンパススケッチブック>

 人気の限定商品は、測量野帳関連だけではありません。特大のCampusノートも注目を集めていました。実は、これはノートではなく、はぎとりタイプのスケッチブック。中紙には罫線がなく、真っ白なので、風景のスケッチはもとより、アイデアなど何でも自由に書き込めます。

キャンパスノートが大きくなりました!A3サイズのキャンパススケッチブック(中は白無地です)
キャンパスノートが大きくなりました!A3サイズのキャンパススケッチブック(中は白無地です)

<スイーツ透明クレヨン>

 テリーヌの形で、まるでグミのような色合いの「スイーツ透明クレヨン」は、試し描きしてみると、とってもすべらか。普通のクレヨンとは全く違う描きごこちでした。色合いもあわく、はかなくて、春の風景を描くのにぴったり。思わずテンションがあがりました。

「スイーツ透明クレヨン」で試し描き。テリーヌ型の横を使うと、色が混ざり合ってきれい
「スイーツ透明クレヨン」で試し描き。テリーヌ型の横を使うと、色が混ざり合ってきれい


美味しそうに見える「スイーツ透明クレヨン」の箱の中には、「食べられません」の注意書きが入っていました
美味しそうに見える「スイーツ透明クレヨン」の箱の中には、「食べられません」の注意書きが入っていました

◆滋賀県グッズ販売所やカスタマイズバー(BAR)も登場

<コクヨ工業滋賀のReEDENシリーズ>

 Campusノートの工場「コクヨ工業滋賀」のReEDEN(リエデン)シリーズは、文具好きの間でも大人気。びわこや手裏剣の形を描ける「びわこテンプレート」や滋賀ではおなじみのとび太くんや道路標識を描ける「とび太くんテンプレート」なども販売されていました。ぜひ測量野帳にはさんで使いたいテンプレートです。なお、とび太くんは、飛び出し注意を啓発する人形型の看板で、滋賀県の路上ではよく見かけるのだそうです。

左が「とび太くんテンプレート」、右が「びわこテンプレート」
左が「とび太くんテンプレート」、右が「びわこテンプレート」


「びわこテンプレート」は、日本文具大賞2017でデザイン部門優秀賞を受賞しています
「びわこテンプレート」は、日本文具大賞2017でデザイン部門優秀賞を受賞しています


 コクヨハクでは、コクヨ工業滋賀の滋賀らしい文具だけでなく、滋賀県との共同開催ということで、東京の滋賀県情報発信拠点「ここ滋賀」も出店し、滋賀県のお菓子や食品も販売されていました!

とび太くんが包みにプリントされたお菓子など琵琶湖の名産品も販売されていました!
とび太くんがプリントされたお菓子など琵琶湖の名産品も販売されていました!

<野帳カバーを作れるカスタマイズBAR>

 カスタマイズBARには、野帳カバー用のシートが5枚用意され、オリジナルのエンボッサーやスタンプも設置。なかでも、一番人気のシートは赤。たくさんの方が買ったばかりの測量野帳におもいおもいのカバーをし、スタンプを押してカスタマイズしていました。

測量野帳を、オリジナルのカバーシートとエンボッサー、スタンプでカスタマイズできるコーナーもありました!
測量野帳を、オリジナルのカバーシートとエンボッサー、スタンプでカスタマイズできるコーナーもありました!

◆使う側へのさりげない気遣いがうれしい文具たち

 ここまで、コクヨハクならではの限定商品などをご紹介してきました。ここからは、会場(レストラン)で各文具を紹介してくれる文具の担当者(シェフ)の話を聞いて、おもわず欲しくなった商品をご紹介したいと思います。すべて、使い手への気遣いがうれしい商品ばかりです。

<TOTONOEのリバーシブルペンケース>

 コクヨのファイルを作っている鳥取工場「コクヨMVP」のTOTONOEシリーズが提供している「リバーシブルペンケース」。ペンを使うときには裏返して革ひもを巻いておけば、使いたいペンやふせんなどがすぐに取り出せます。本革としっかりした帆布が使われているので、おしゃれでありながら丈夫で機能的。カードポケットも付いていました。

「使い勝手のよい、リバーシブルのペンケースなんですよ」と笑顔で紹介してくれた担当シェフと「TOTONOEのリバーシブルペンケース」
「使い勝手のよい、リバーシブルのペンケースなんですよ」と笑顔で紹介してくれた担当シェフと「TOTONOEのリバーシブルペンケース」

<キャンパス書類収容カバーノート>

 書類を持ち運べるノートカバーは他社を含めて複数商品化されていますが、「キャンパス書類収容カバーノート」のカバーが気になったのは、使う側への気遣いがさりげなく施されていること。A5のノートカバーにはA4の書類を広げて入れることができるポケットが付いていて、書類を出し入れする箇所にはあえて線を入れて、スムーズな出し入れを可能にしていました。使う側の立場になって作られた職人技の文具です。なお、「キャンパス書類収容カバーノート」とあるように、カバーには必ず1冊のキャンパスノートが付いています。

「A5のノートなのに、A4の書類が入るんですよ。書類を出し入れしやすい工夫もしています」と声をかけてくれた担当シェフと「キャンパス書類収容カバーノート」。書類を入れたり出したりする部分には線(写真のココの箇所)が入っています
「A5のノートなのに、A4の書類が入るんですよ。書類を出し入れしやすい工夫もしています」と声をかけてくれた担当シェフと「キャンパス書類収容カバーノート」。書類を入れたり出したりする部分には線(写真のココの箇所)が入っています

<Numbered Notebook(ナンバードノートブック)>

 「本のようにノンブルが入っているノートなんですよ」と声をかけられて、思わず手にとったのが「ナンバードノートブック」。最初のページはインデックスになっているので、項目を記入してページ番号を記入しておけば、すぐに見たいページを開くことができる、工夫が冴えるノートでした。

「本のようにノートを作ったんです」と語る担当シェフと「Numbered Notebook(ナンバードノートブック)」
「本のようにノートを作ったんです」と語る担当シェフと「Numbered Notebook(ナンバードノートブック)」


全ページにノンブルを入れるだけではなく、ついには、全ページに異なる絵が印刷されているノートも登場。題して「EHON NOTE」
全ページにノンブルを入れるだけではなく、ついには、全ページに異なる絵が印刷されているノートも登場。題して「ehon note(エホンノート)」

<凸凹(でこぼこ)ぬりえ>

 かわいらしい絵本が並ぶテーブルから「凸凹(でこぼこ)ぬりえ」を手にとって開いてみると……ライオンという文字が見えても、ライオンの絵が見えず、思わず頭に?マークが浮かんでしまいました。

 しかし、よーく見てみると、ライオンの形が凸凹で描かれているのが見えてきました。実は、その上に薄い紙をしいて色鉛筆等でなぞると、ライオンが浮かび上がってくるぬりえでした。「普通のぬりえは、1回色をぬるとそれで終わりですが、これは何度でもぬりえができますよ」と話しながら、担当シェフが実際にぬってみせてくれました。

開くと、一瞬文字だけが目にとびこんでくる「凸凹(でこぼこ)ぬりえ」
開くと、一瞬文字だけが目にとびこんでくる「凸凹(でこぼこ)ぬりえ」


薄いコピー用紙を上にのせて透明クレヨンでなぞると、ライオンが現れる!
薄いコピー用紙を上にのせてミックス色鉛筆でなぞると、ライオンが現れる!

◆文具というモノづくりを知る祭典

 紙面の関係で紹介できる文具や本は限られてしまいましたが、このほかにも、コクヨデザインアワードから生まれた文具や、創造性を伴う描くを促すツールであるDrawing+シリーズなど、気になる文具がたくさんありました。長年文具をデザインして提供してきたコクヨならではの、こだわりのモノづくりを堪能させていただき、次回のコクヨハクがさらに楽しみになりました!

コクヨハクの会場を前に、文具愛がはじけて興奮のinspi北編集長。来年も楽しみ!
コクヨハクの会場を前に、文具愛がはじけて興奮のinspi北編集長。来年も楽しみ!
《渡邊淳子》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. 持ち歩くとルーズリーフの袋がボロボロ…専用ケースで不満を解決!

    持ち歩くとルーズリーフの袋がボロボロ…専用ケースで不満を解決!

  3. 【文房具 温故知新】今さら、定規に驚かされる。

    【文房具 温故知新】今さら、定規に驚かされる。

  4. おもわず欲しくなる、かわいい、なつかしい!「ミニ文具」

  5. 大人手帳は「記運確楽」動詞で選べ!おすすめ4選をチェック

アクセスランキングをもっと見る

特集