まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

味わい深い滋賀の魅力をカタチにしたノート~開発者はミタ!滋賀を愛する「ReEDENヨシ物語」その7 ~

文房具

【ReEDEN PREMIUM Shiga】光を受けて艶めく表紙
  • 【ReEDEN PREMIUM Shiga】光を受けて艶めく表紙
  • 【ReEDEN PREMIUM Shiga】表紙絵柄
  • 【ReEDEN PREMIUM Shiga】さざなみグラデーション
  • 【ReEDEN PREMIUM Shiga】便箋になるノート
  • 【ReEDEN PREMIUM Shiga】中身罫線
  • 【ReEDEN PREMIUM Shiga】折り目の際まである印刷
 ReEDENの新製品“オウミノカタチ(近江のかたち)”をテーマにした「ノートブック〈ReEDEN PREMIUM Shiga〉(リエデン プレミアム シガ)」。今回はこのノートの魅力を、開発時のこだわりと一緒に余すところなく語らせてください。

◆こだわりポイント1:滋賀の物産が満載の表紙

 一見すると楕円状のブルーとグリーンのカタチが重なり合ったシンプルな表紙ですが、艶感のあるニスを用いて特殊印刷を施し、手に取って傾け光に反射させると、ぎゅっと詰まった滋賀の魅力が、様々な「オウミノカタチ」となって現れます。

 表紙の表裏に隠れた具体的な絵柄を、一部紹介します。
【ReEDEN PREMIUM Shiga】表紙絵柄
【滋賀県の自然と生き物】
 シャクナゲ(県花)、梅花藻、淡水パール、ニゴロブナ、瀬田しじみ、カイツブリ(県鳥)、コハクチョウ、ヨシ刈り…

【滋賀の観光・レジャー】
 甲賀忍者、信楽焼のたぬき、白髭神社、ビワイチ、地酒、ふなずし、日野菜、近江牛、近江米、近江商人…

 あなたは、どこまで絵柄をご存知でしょうか。滋賀県の魅力をたっぷり詰め込んだこのノートを見ていると、滋賀に来て、見て・体感して・味わってみたくなりませんか?GWはぜひ滋賀に遊びにいらしてください。

◆妥協を許さぬ透明な絵柄

 さてこの表紙ですが、いざ生産の工程でも様々な挑戦がありました。まずは、こだわりの表紙の印刷。ブルーやグリーンの楕円のカラー印刷の上に、2種類のニスを使い特殊な印刷技法を用いて、滋賀らしい絵柄を印刷しています。このニスは透明なので、印刷の精度や出来栄えの確認はとても難しいのです。また、一定のパターンではなく、色々な絵柄の付け合わせのデザインなので、難易度はさらにアップ。

 例えば、絵柄に「琵琶湖」がありますが、この琵琶湖には竹生島と沖島という琵琶湖に浮かぶ2つの島を表現しています。この島が無くなったり、あるいは増えたりすると琵琶湖ではなくなってしまうのです。どんなこだわりやねん!という感じですが、譲れないポイントです。透明だからといって曖昧にはしない。検査工程でも、きちんとチェックが入ります。

◆こだわりポイント2:中紙~便箋になるノート~

 ノートの中紙は、琵琶湖・淀川水系のヨシを原料の一部に使用しています。ページの左右両端には琵琶湖の湖面のきらめきをイメージした水色のさざなみデザインを施し、小口側面からもその断面がグラデーションのように見えます。

 さらに、左ページが無地、右ページが7.5mm横罫線となっており、便箋としても使える機能が!

【便箋になるノート】
【ReEDEN PREMIUM Shiga】便箋になるノート
STEP1.書く    
STEP2.切り取る(綺麗に切れるようマイクロミシン入り)
STEP3.三つ折り(上部から1/3のところに目印付き。下部からこの目印に合わせて折る)

 さらにさらに、秘密が!!

・横罫線には、ページを縦2分割で書きやすいように、横罫線の中央が破線に
・水色のさざなみデザインには、とても小さく「ReEDEN」のブランド名入り

 小さなブランド名は、手紙として人に渡って行くときに、ReEDENの文字にのせて「ヨシの活用と共に環境意識の輪が広がっていきますように!」という願いを込めてこっそり入れています。本当に小さ~く入っているので、どこにあるか探してみて下さい。

◆中身罫線への挑戦

 ノートの中紙は、見開き1ページを縦半分に折り、それを枚数分揃えて折り目の方を糊付け(無線綴じ)します。今回のノートは、水色のさざなみデザインの印刷が折り目とページの左右端まで入った特殊罫線であり、こういった仕様は工場でも初挑戦でした。機械と製品の品質に問題が生じないよう、社内の技術者・生産担当者に相談し、対策を立てデザインも修正しながら、1歩ずつ進んでいきました。仕上がりを確認した時は、思わず歓声をあげました。
【ReEDEN PREMIUM Shiga】中身罫線
 こうして新製品の〈ReEDEN PREMIUM Shiga〉は、細部まで色々な工夫を凝らしたものになりました。新製品の仕様を決める企画会議では、営業・開発ともにそれぞれの視点から、もっとお客様の価値に変わる素敵機能や付加価値をつけられないかと意見を持ち寄ります。「ReEDEN10周年」の冠は、私たちにとってプレッシャーであり、同時に「10周年だからこそ!」と色々な事に挑戦できるチャンスだと思い、楽しんでいます。

◆ 開発者の喜び

 先日東京で開催された、コクヨハク2018にReEDENも参加いたしました。足をお運びくださった皆様、誠にありがとうございました。実は、滋賀ブースにはReEDENの製品を開発したシェフも、立たせていただいておりました。新製品を手にとってくださり、浮かぶ模様や、製品のお話を目を輝かせて聞いてくださる姿に、すごくホッとすると共に、すごく嬉しかったです。開発者として、一番喜びを感じる幸せな瞬間でした。

 今回、店頭では伝えきれなかった魅力を余すところなくお伝えしたく筆をとりました。お付き合いくださり、どうもありがとうございました。とはいえ、百聞は一見にしかず!と申しますし、ぜひお手にとって、この魅力を体感してみてください!

【ミタヨシコ】プロフィール"ミタヨシコ
 滋賀で生まれてこの方ずっと滋賀暮らしの「滋賀っ子」です。文具・雑貨が大好きで、ReEDENの開発グループの一員として、日々、滋賀の魅力探し・欲しい文具の妄想に励んでいます。プロジェクトの活動や製品開発の裏側など、開発視点でお届けっ!

《ミタヨシコ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. プリント管理が苦手な小2に最新文房具を渡してみたら、予想以上に使いこなした。

    プリント管理が苦手な小2に最新文房具を渡してみたら、予想以上に使いこなした。

  3. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

    東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

  4. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

  5. こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

アクセスランキングをもっと見る

特集