まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

自分に合うペンを選ぶ至福の1時間~inspi編集長が文具と戯れるゴールデンウィーク特集~エラベルノ~

文房具

エラベルノを選んでみます。
  • エラベルノを選んでみます。
  • ボディ×インクの組み合わせでなんと84種類もの組み合わせ。
  • ペン先のパーツはスプリングが固定されています。なくすことがありません。
  • 次々に試していきます。
  • Dグリップは円筒の一部が平面になっている構造。私はこの平面に親指の腹を置くのが好みでした。
 文房具のニュースをお届けしているニュースサイトinspi。ゴールデンウィーク特集と題して、編集長の私が文具と戯れている様をご覧いただいております。今回はボディとインクを選んで作る自分だけのボールペン、エラベルノです。

 エラベルノのコンセプトは、3種類のボディ(太め・標準・細めグリップ)と2種類のインク(シルキー油性・エアリーゲル)から自分の握りやすいボディと好みのインクを選んで組み合わせる新しいタイプのボールペン。ボディーカラーやインク色、ボール径の違いを考慮すると、84通りの組み合わせから選ぶことになります。

 発売前の昨年9月末。ちょうど編集長として働き始めた頃に、新商品のサンプルが私のところに届きます。その商品のことを知って正しく伝えるために、発売前の商品を実際に手に取ることは仕事のひとつ。これは仕事なのだ、仕事だから当たり前なのだ、ズルいわけではないのだ、というわけのわからない言い訳を自分の中で繰り返しつぶやきつつも、まだ世に出ていない新商品に心おどったことを思い出します。

 業務の合間のサンプル選びでしたので、さすがに84種類をひとつずつ試す時間もなく、なんとなくで選んだボディ(太めグリップ)×インク(0.5mmエアリーゲルブルーブラック)の組み合わせ。そうです、エラベルノなのにしっかりエラベナカッタのです。ゴールデンウィーク特集の場をお借りして、今回しっかりと選んでみたいと思います。

 ラーメン屋さんの券売機では左上のメニューがイチ押しだそうです。きっとボールペンもオススメメニューは左上からかもしれないとの予測をもとに、エラベルノのホームページをチェック。各カテゴリーの左上をチェックしてみると、ボディ(太めグリップ、クリヤー)×インク(シルキー油性、0.5mm、黒)となります。

 ひとつめですからどう表現したらいいのかわかりませんが、ザ・ボールペンといった印象。シルキー油性は従来の油性インクよりも低粘度の油性インクなので、なめらかで滲みにくくなっています。同じインクでボディの太さを変えてみると、このインクであれば太めグリップがしっかり書ける感じがしました。

 インクタイプを変えてみましょう。エアリーゲル0.5mm黒で試してみます。インクを入れ替えたい時にはペン先のパーツをねじって取り外します。ノック用のスプリングはペン先パーツに固定されていて、交換の際にどこかへ飛んで無くしてしまうことがありません。パンフレットやホームページで語られていないそういった心遣いに気が付くと、嬉しくなります。
ペン先のパーツはスプリングが固定されています。なくすことがありません。
 エアリーゲルタイプのインクはシルキー油性よりも濃く書ける印象です。サラサラ・スッスッとペンが走る感覚で、筆圧もそれほど必要ない感じがします。シルキー油性よりも走り書きに適していそうです。インクタイプの違いとしては、しっかり書いて残したい時はシルキー油性、メモのようにサッと書きたいときはエアリーゲル、といった使い分けが良さそうです。

 ボディのタイプ3種の中で一番しっくり来たのは、太めグリップでした。Dグリップと呼ばれる平面を設けたグリップは自由に回転できるので、その平面に親指をおいたり、人差し指に絡めたり、自分に一番フィットする持ち方を探せるようになっています。私は親指の腹を平面に置くのが好きです。

 次々に組み合わせを試して、全部試し終わったのはたっぷり1時間後でした。これもいいな、それもいいな、と楽しく過ごして得た結論は、なんとなく選んだ最初の組み合わせ、ボディ(太めグリップ)×インク(0.5mmエアリーゲルブルーブラック)は私にとって最高の組み合わせだった、ということでした。

 店頭で1時間もかけてボールペンを選ぶのは現実的ではないと言えるでしょう。直感で選べば、それがきっとあなたにとっての最高の1本になっているはずです。
《inspi編集部》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. みんなメモ帳を何に使っているの?気になる職業の方に聞いてみた【後編】

    みんなメモ帳を何に使っているの?気になる職業の方に聞いてみた【後編】

  3. 【文房具 温故知新】暗記ペン勉強法の進化について伝えたいこと

    【文房具 温故知新】暗記ペン勉強法の進化について伝えたいこと

  4. 山と自然の写真家・野川かさねの企画展「VIEWING MOUNTAIN」開催。愛用の測量野帳展示など。

  5. 下敷き・紙はさみ・クリップボード?立って書くときに使う「あれ」の名前

アクセスランキングをもっと見る

特集