まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

音楽が、そして組織・チームがハーモニーするために必要な“立ち方”とは?「ハモる×はたらく=? 」hamo-labo品川#6

ピックアップ

自分がその場所に存在することを、まずは自分が認める。
  • 自分がその場所に存在することを、まずは自分が認める。
「たとえば、自分が立っている場所が他人の所有する場所だったとしても、『この空間を自分に与える』と唱え、その場所を自分のものと思いましょう。(中略)『空間と時間を自分に与える』という考えは、自己の尊重を促すものです。自己を尊重し配慮することは、私たちの社会生活で意外と欠けやすいことのひとつです。」(『心と身体の不調を解消する アレクサンダー・テクニーク入門』 青木紀和 日本実業出版社)

 あっ、どうも!hamo-labo所長の杉田です。アカペラグループINSPiでプロデビューして16年間「音楽ハーモニー」について考えてきたことを企業などの「組織ハーモニー」に応用する実験室「hamo-labo品川」。その活動実験レポートをお届けしています。

 前2回でハモるために必要な3つのS

・Stand
・Sing
・See

このうちのSingについてSeeについてとみてきました。今回は残るひとつ、Standについて。

◆歌にとって「Stand=立つ」ということ

 ボイストレーニングでは最初立ち方を教わることが多いですね。オーストラリア人俳優のフレデリック・マサイアス・アレクサンダーさんが100年以上前に、不調で自分の声が出なくなった経験を元に確立していった「アレクサンダー・テクニーク」も、負担のかからない立つ姿勢のレッスンから始まるようです。冒頭紹介した本は読むだけでその技術に触れることができる、僕のお気に入りの一冊。

「立ったとき頭の位置を高くして足の裏をべったり床につける」これだけみなさんいま実践してみてください。息が深く楽になるといった体の変化が感じられてとても楽しいですよ。歌や演技やダンスなど舞台でのパフォーマンスで最も大事なのは「余計な力を抜く技術」だと言われています。

◆「依存しないで自立する」ということ

 ハーモニーのために「Stand=立つ」が必要、としたのにはもうひとつの意味があります。それは「依存しないで自立する」ということ。つまり自分のパートの音をしっかりと把握して、他のパートの音に頼ることなく歌えるようにしましょうね、ということです。かく言う僕ですが、アカペラを始めた大学生の頃は全く楽譜がよめず、他のメンバーに僕のパートを歌ってもらって憶えていました。今でも楽譜への苦手意識は残っていて、ちゃんと楽譜を元に自立しよう!という、実は僕自身への戒めの言葉でもあります。

「依存」というものは個人にとって、そして社会にとって様々な問題の原因であるようですね。アルコールなどへの依存が引き起こした事件や、依存による人間関係のトラブルはよく耳にしますよね。あなたの周りでもそういった類の話はひとつやふたつ思い浮かぶのではないでしょうか。協力が前提となる組織においても、依存しない各自の自立が最低条件としてあげられるかと思います。

◆ニュートラルに立つ

 ところで、understandの語源は「対象に近いところ(under)に立つ(stand)→理解する」ということだそうです。つまり理解するために立ち位置を動かしていくことが必要だということですね。これはハーモニーをつくるために相手との音の距離を探る動きを連想させます。ある意味、かたよらず柔軟に立ち位置を動かしていくニュートラルさも肝要ということでしょう。

◆ハモるために必要なStandとは

 以上みてきたように、ハモるために必要なStandとは

・余計な力を抜いた「あるがまま」の自分で立つ
・他に依存せずに「自立」する
・かたよらず「ニュートラル」に立つ

とまとめられるでしょうか。ここでもう一度冒頭の引用をご覧ください。

「あるがままにニュートラルに自立する」ため、その土台として

【自分がその場所に存在することを、まずは自分が認める】

という根本が感じられませんか。

 不調和でカオスな世界の中で、それでも調和を目指し、その上で不調和だって楽しんじゃおう!それがハーモニーだと思ってます。そのためにまずは、立ちましょう。頭を高く上げ、自分の体の重みをしっかりと足の裏に感じて。僕がここに居ていいように、あなたはそこに居ていいのです。

hamo-labo品川#6 概要
2018年3月28日

参加メンバーさんの所属する会社(50音順)

株式会社GYAO
株式会社日本政策金融公庫
株式会社日立インフォメーションアカデミー
株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン

INSPi 杉田篤史
アカペラグループINSPiリーダー
様々な社会組織における人々の調和を考えるワークショップhamo-labo主宰
NPO法人TOKYO L.O.C.A.L 理事

《INSPi 杉田篤史》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. 【小学生のノート力】子どものノート力を上げるために親ができること

    【小学生のノート力】子どものノート力を上げるために親ができること

  2. 使わなくなったクリヤーホルダー活用術

    使わなくなったクリヤーホルダー活用術

  3. Campusロゴステッカーアワード、高校生デザイン募集

    Campusロゴステッカーアワード、高校生デザイン募集

  4. ダブルクリップが大変身! 子どもの「気付き」を育む手作りおもちゃ

  5. お部屋スッキリ化計画! 意外とかさばるおうちの書類整理術

アクセスランキングをもっと見る

特集