まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

会議の多いビジネスパーソンにピッタリな罫線!エッジタイトル活用術。

文房具

エッジタイトル愛用者、マーケティング本部守本さん。
  • エッジタイトル愛用者、マーケティング本部守本さん。
  • エッジタイトル愛用者、ものづくり本部衣川さん。
  • 衣川さんのノート。シャープペンシルと赤ボールペンでシンプルに。
  • プリントもノートに貼ります。
  • ちょっと貼るのにチョイタスが便利。
  • 会議ごとに日付とタイトルを記入。
  • 図もto doも全部ノートに。
  • ソフトリングノートBiz(エッジタイトル)
 働く人が避けて通れないもの、それは会議。会議から会議へと渡り歩くうちに、ノートに書いたメモや議事録がどこに書いてあるかわからなくなってしまったり、ごちゃごちゃになって探しにくい、という困りごとを解決するために生まれた罫線「エッジタイトル」。

「エッジタイトル」罫線とは、見開きページの両端に、日付とタイトルが書き込める罫線。書き込むことでそれが見出しになり、見たい記録をすぐに探せる罫線です。案件ごとに整理して書けるのに加え、ページの途中でも次のタイトルがはじめられるのでページの無駄が出ません。
エッジタイトル罫線。
 登場を熱望されていたソフトリングタイプの発売を記念して、エッジタイトル愛用者にインタビューしてみました。

◆エッジタイトルは自分のためのノート~衣川さんの場合~

 コクヨものづくり本部で働く衣川さんにお話をうかがいました。エッジタイトル愛用者、ものづくり本部衣川さん。
--どんなお仕事をされているんですか?

衣川さん:
トータルでプロダクトデザインをしたくて入社し、キャンパスノートのリニューアルに関わりました。販売企画や商品販売戦略などの部署を経て、今はノートの企画開発で部署全体のマネージメントやメンバーのサポートをしています。

--エッジタイトル罫を愛用されているそうですね。

衣川さん:
もう5年間、ノートはこの罫線だけを使用しています。会議は一日に4~5件。会議の多い自分が使うためのノートを作ったようなものです。実際に開発にも関わっています。

--会議ではどのようにノートを使うのですか?

衣川さん:
基本的にノートは人に見せるためでなく、自分が理解できれば良いので、内容はとてもシンプル。シャープペンシルと赤ボールペンを使い、会議のポイントとなるようなことだけを書き、忘れてはいけないTO DOを赤で囲んでいます。衣川さんのノート。シャープペンシルと赤ボールペンでシンプルに。--他の罫線と比べてエッジタイトルはいかがですか?

衣川さん:
端に会議名をサッと書いて後から探しやすいエッジタイトルは、自分の働き方にしっくり来すぎて、試しに他の罫線のノートを使ってみることはあっても、結局ここに戻って来てしまいます。まさに、自分のためのノートですね。

◆ノートさえあればすべてがわかる!~守本さんの場合~
エッジタイトル愛用者、マーケティング本部守本さん。
--どんなお仕事をされているんですか?

守本さん:
マーケティング本部で販売戦略に関わっています。会議が多いですね。定まった業務もありますが、考える時間も多い仕事です。

--ノートはどのように使っていますか?

守本さん:
会議でのメモ、考えのアウトプット、議事録を貼るなどして、自分が覚えておきたい、後で検索したい情報はすべてノートで完結するようにしています。

--エッジタイトルを愛用されていますが、どんな点が便利ですか?

守本さん:
入社してシステミックを手にして、それに付属していたエッジタイトルが気に入ってそれ以来愛用しています。エッジタイトルは別の話題に移りやすくて好きです。ノートはぎっしり書いて無駄なスペースを作りたくないので、案件ごとに書きやすい点もいいですね。いくつもの案件が同時進行しているとき、あの件どうだったかな?と見返して確認するのにも、日付とタイトルを書いておけば検索しやすいです。

--ノートをとる時に気をつけていることはありますか?

守本さん:
日付は必ず記入します。発言者か内容を書き、見返したときに次に自分が何をしなければならないのかを思い出せるようにします。プリントを貼るときはノートからはみ出さないよう縮小して印刷する、などキレイに貼ることを心がけています。複数枚のプリントを貼るときや、メモを貼る時には新製品のチョイタスも役に立っています。その場で完結する仕事はほとんど無いので、追記するときにはその日付も忘れずに記入し、進行状況を把握できるようにします。
ちょっと貼るのにチョイタスが便利。
 今回インタビューした二人の共通点は、とにかく会議が多いこと。エッジタイトルの罫線はそんな人にピッタリなんですね。ぷにぷにとしたさわり心地が手に優しいソフトリング版の登場を待っていた方も多いのではないでしょうか?

◆ソフトリングノート<Biz>(エッジタイトル)
罫:中横罫6mm(表紙色カーキ)、中横罫6mmドット入り(表紙色ダークブルー)、5mm方眼罫(表紙色ブラック)
セミB5:35行、40枚、350円(税別)
A5:28行、50枚、330円(税別)
《inspi編集部》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

    ノートを仕事用に「武装」する~ノートカバーの地味な進化~

  2. ペン立てにスッと入れておける!サイドノック消しゴム「リサーレ」

    ペン立てにスッと入れておける!サイドノック消しゴム「リサーレ」

  3. 太いシャープペンシルが流行…シャープペン禁止の小学生から大人へ

    太いシャープペンシルが流行…シャープペン禁止の小学生から大人へ

  4. こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

  5. 東進の数学カリスマ講師・志田晶先生の文房具活用と効率アップ術

アクセスランキングをもっと見る

特集