まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

目指せ横綱、全日本ロボット相撲大会2018…受付7/20まで

 2018年9月1日の関東大会を皮切りに、全国で「全日本ロボット相撲大会2018」が開催される。作者が自作した「ロボット力士」を、技術とアイディアで戦わせる競技。エントリーを2018年7月20日まで受け付ける。

ピックアップ
2017年に開催された「全日本ロボット相撲大会」のようす
  • 2017年に開催された「全日本ロボット相撲大会」のようす
  • 2017年に開催された「全日本ロボット相撲大会」世界大会 決勝戦のようす
  • 全日本ロボット相撲大会 2018年のスケジュール
  • 全日本ロボット相撲大会
 2018年9月1日の関東大会を皮切りに、全国で「全日本ロボット相撲大会2018」(主催:富士ソフト、全国工業高等学校長協会)が開催される。自作した「ロボット力士」を、技術とアイデアで戦わせる競技。7月20日まで、Webサイトで「高校生の部」と「全日本の部」へのエントリーを募集している。

 「全日本ロボット相撲大会」は、1989年から開催されている競技大会。競技では、土俵上に2台の「ロボット力士」を置き、どちらかのロボットを土俵外に押し出すことで勝敗を決める。ロボットの身長は自由に決められるが、サイズは幅20cm×奥行き20cm以内、体重は3,000g以内でなければならない。規格に基づく「体格検査」をクリアし、勢いよく戦う技術と戦略、発想力が求められる戦いだ。

 ロボットの種類は、あらかじめロボットにコンピュータープログラムを設定した「自立型」と、プロポ(プロポセット、操縦に必要)で操縦者がロボットを自由自在に動かして戦う「ラジコン型」の2種類。高校生が対象の「高校生の部」と、年齢制限なく誰でも応募できる「全日本の部」でエントリーを受け付けている。

 参加を希望する場合は、2018年7月20日までに大会Webサイトから申し込むこと。参加費は、「高校生の部」「全日本の部」ともに3,000円。エントリー詳細や概要はWebサイトで確認すること。

 地区大会は、2018年9月1日に神奈川県横浜市の「パシフィコ横浜」で行われる関東大会から、10月21日の福岡県福岡市「福岡工業大学 FITアリーナ」で行われる九州大会まで、全国6地区で開催する。「高校生の部」の全国大会は11月23日に福島県郡山市「ビックパレットふくしま」で、「全日本の部」の全国大会は東京都墨田区の「両国国技館」で12月15日・16日の2日間開催する。各会場とも見学・入場は無料。ただし、全国大会にはチケットもしくは大会フライヤーが必要。

 なお、「全日本の部」の全国大会は、今大会から「INTERNATIONAL ROBOT SUMO TOURNAMENT」と統合し、「全日本ロボット相撲全国大会(All Japan Robot SUMO Tournament Grand Final)」として開催される。日本国内の地区大会に加え、海外の公認大会で勝ち上がった選手が集結し、「相撲の聖地」である両国国技館で「世界一の横綱」を目指して戦う。

◆全日本ロボット相撲大会2018
エントリー受付:2018年7月20日(金)まで
エントリー方法:大会Webサイトに従って申し込む
エントリー部門:高校生の部(高校生対象)、全日本の部(制限なし)

<地方大会>
開催期間:2018年9月1日(土)~10月21日(日)地区によって異なる
開催地区:関東(神奈川県)、北海道・東北(福島県)、北信越・東海(三重県)、中国・四国(山口県)、近畿(大阪府)、九州(福岡県) 全6地区

<全国大会>
開催日・会場:
 高校生の部 2018年11月23日(金・祝) 福島県郡山市「ビッグパレットふくしま」
 全日本の部 2018年12月15日(土)・16日(日) 東京都墨田区「両国国技館」
《佐藤亜希》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. 使わなくなったクリヤーホルダー活用術

    使わなくなったクリヤーホルダー活用術

  2. 夏休み宿題・自由研究大作戦…初代大賞は小4「Let’s make my 納豆!!」

    夏休み宿題・自由研究大作戦…初代大賞は小4「Let’s make my 納豆!!」

  3. ルーズリーフ参考書が大ヒット、シリーズ11万部突破!

    ルーズリーフ参考書が大ヒット、シリーズ11万部突破!

  4. えっ、イスに座ったまま行列が進む!? 自動運転技術を生かした日産の「プロパイロットチェア」がスゴい

  5. プレゼンテーションツールの使い方が残念な人

アクセスランキングをもっと見る

特集