まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

2015年5月の文房具 文房具ニュース記事一覧

動画で文具や家具などの秘密に迫る「コクヨチャンネル」 画像
ピックアップ

動画で文具や家具などの秘密に迫る「コクヨチャンネル」

 「コクヨチャンネル」は、動画で文具や家具などの秘密に迫るコクヨの動画専門サイト。今回は、文具・文房具や家具好きなら一度チェックしておきたいいくつかの人気コーナーを紹介しよう。

「荷造り時にしっかり縛れない」女性の悩みは解決できる!? 画像
雑貨

「荷造り時にしっかり縛れない」女性の悩みは解決できる!?

 コクヨグループでオフィス通販を行うカウネットが運営する「カウネットモニカ」では2015年1月7日から13日にかけて、全国の女性を対象に「梱包作業」についてのモニター調査を行った。

工夫するのは服装だけじゃない!? ○○でクールビズする方法って…? 画像
ピックアップ

工夫するのは服装だけじゃない!? ○○でクールビズする方法って…?

 そろそろ蒸し暑くなってくる季節。毎年夏は、日中の外出はもちろん、オフィスでのデスクワークでも、どこにいても暑くて仕事がはかどらないですよね。そこで今回は、見た目が涼しい青色で、オフィスで大活躍の○○を紹介します。

本のサイズに合わせて選べる、幾何学柄の鮮やかなブックカバー 画像
文房具

本のサイズに合わせて選べる、幾何学柄の鮮やかなブックカバー

 「trystrams」は、シミズダニヤスノブのテキスタイルブランド「JUBILEE(ジュビリー)」とのコラボレーションによる文具「JUBILEEgg(ジュビリー・ジージー)」シリーズのブックカバーを、7月1日から全国のセレクトショップで販売する。

月間タイプと週間タイプ、「trystrams」ブランドの2016年版ダイアリー発表 画像
文房具

月間タイプと週間タイプ、「trystrams」ブランドの2016年版ダイアリー発表

 「スマートワークスタイル」をコンセプトにこだわりのビジネスアイテムを展開する「trystrams」ブランドから、月間ダイアリー「linklet」と週間ダイアリー「LIFEHACK」の2016年度版が全国のセレクトショップや専門店で8月1日から販売される。

テープのたるみの直し方、これができたらドットライナー上級者? 画像
文房具

テープのたるみの直し方、これができたらドットライナー上級者?

 売上No.1(※)テープのりといえば、コクヨの「ドットライナー」。2005年6月に発売され、わずか8カ月で100万個を販売して以来、改良を重ねさまざまな派生商品を生み出している人気のロングセラー商品だ。そのドットライナーの、テープのたるみの直し方を紹介する。

ビジネスシーンで映えるOrobianco特別仕様3アイテム 画像
雑貨

ビジネスシーンで映えるOrobianco特別仕様3アイテム

 ビジネスアイテムブランド「trystrams(トライストラムス)」から、来年のイタリアのファクトリーバッグブランド「Orobianco(オロビアンコ)」創立20周年を祝した「オロビアンコ ステーショナリー」の特別色仕様3アイテムが販売されている。

「とび太くん」と「びわこ文具」が出会って誕生したコラボグッズ 画像
文房具

「とび太くん」と「びわこ文具」が出会って誕生したコラボグッズ

 水質浄化や生態系保全など環境維持につなげるため、コクヨは琵琶湖・淀川水系のヨシを用いた「ReEDEN」シリーズを2007年から発売している。琵琶湖をモチーフにした「びわこ文具」も販売。新たな展開として今春、「とび太くん」とのコラボレーションが実現した。

紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選 画像
ピックアップ

紙を綴じるといえば…文具好き必見クリップ8選

 紙を綴じるもので最近なにかと話題のステープラー(ホッチキス)。ところが、同じ機能でも「クリップ」が話題になることは、ほとんどありませんよね。そこで、今回はゼムクリップを代表例に、さまざまなクリップの進化を紹介したいと思います。

ほのぼのタッチで滋賀県が描かれた「しが旅マスキングテープ」 画像
雑貨

ほのぼのタッチで滋賀県が描かれた「しが旅マスキングテープ」

 水質浄化や生態系保全などの環境保全につながることから、ヨシを活用した紙製品「ReEDEN(リエデン)」シリーズ。「ReEDEN」シリーズのひとつである「びわこ文具」に、「しが旅マスキングテープ」が新しく仲間入りした。

プリット発売45周年「抱き枕&ミニ文具」キャンペーン 画像
文房具

プリット発売45周年「抱き枕&ミニ文具」キャンペーン

 1970年に日本で初めて固形タイプのスティックのりとして発売された「プリット」。水のりが中心だった当時、手が汚れにくく、きれいに貼れる固形のりは画期的で、それ以来長きにわたって愛され続けてきた商品だ。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2