まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

inspi編集部<東十条王子>のコラムに関するニュースまとめ一覧

ニュース一覧

言葉にならない気持ちは 、物語にして原稿用紙に書きつけるといいかもしれない 画像
文房具

言葉にならない気持ちは 、物語にして原稿用紙に書きつけるといいかもしれない

小説は紙とペンさえあれば誰にでも書ける。秋の夜長、普段は読むことが専門の方も「思いの丈」を書く側に回ってみてはいかがだろうか。東十条王子のコラム。

インポッシブルにはできない!機密保持に役立つ文具たち 画像
文房具

インポッシブルにはできない!機密保持に役立つ文具たち

 身近な文具も、ミッションインポッシブル主人公イーサンが任務で使う道具のように進化を遂げている。これらを活用して、機密保持という各自に与えられたミッションを遂行していきたい。

今が理想の未来じゃなくても… 夢を現実にするため小説家は付箋を書き続ける 画像
文房具

今が理想の未来じゃなくても… 夢を現実にするため小説家は付箋を書き続ける

「夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語」というキャッチコピーのついた映画がある。是枝裕和氏によるの監督作「海よりもまだ深く」だ。作中に登場するふせんを深読みする東十条王子のコラム。

無くなってからわかる大切さ…ゼムクリップは空気と同じぐらい重要な文具かもしれない 画像
文房具

無くなってからわかる大切さ…ゼムクリップは空気と同じぐらい重要な文具かもしれない

 あまりに多くあり過ぎて、その存在をわざわざ気に留めない物がある。たとえば空気。逐一「自分は今、空気を吸っている」と意識しながら呼吸する人は、そういないだろう。そんな空気と同じぐらい、我々の身の回りに大量に存在している文具がある。ゼムクリップだ。

真っ新な自由の世界へ…詩人はどうして無地ノートを使うのか 画像
文房具

真っ新な自由の世界へ…詩人はどうして無地ノートを使うのか

筆者は今まで、文章として記録を残す際には罫線か方眼入りのものを使ってきたが、ここにきて無地も良いかもしれないと思うようになった。きっかけを与えてくれたのは、映画「パターソン」である。

新生活も怖くない。ヒーローに学ぶ環境への適応方法 画像
文房具

新生活も怖くない。ヒーローに学ぶ環境への適応方法

新たな環境に馴染むための第一歩は自分に必要なものを選ぶこと。状況に応じたものの使いわけを映画アイアンマンから学ぶ、東十条王子のコラム。

「打つ」と「書く」では大違い。きみに書く物語 画像
文房具

「打つ」と「書く」では大違い。きみに書く物語

手書きにあって電子データには無いものがある。それが「厚み」だ。実際に目に見え、手で触れられて重さも感じられる紙の束は、ダイレクトに人の心を揺さぶる。そこに手書きの文章があれば、言葉より先に強い想いが伝わる筈だ。

復習だけじゃなく復讐にも? こんなところにCampusノート 画像
文房具

復習だけじゃなく復讐にも? こんなところにCampusノート

 テレビや映画を観ていて、登場人物が文房具を使うシーンになるとつい目を凝らしてしまう。中でも出現率が高い文具がノートだ。ドラマ「監獄のお姫さま」劇中、Campusノートがなかなかの活躍を見せていた。

お正月はもう終わった…モチベーションアップに役立つかもしれない映画たち 画像
ピックアップ

お正月はもう終わった…モチベーションアップに役立つかもしれない映画たち

 連休明けは頭を仕事モードに切り替えるのが難しいもの。映画の中の登場人物たちはいかにしてモチベーションを上げ、己の成すべき「仕事」に臨んだのか。彼らが気分を高めていく姿にはきっと学び取れる何かがあるはずだ。

寅さんに学ぶ?フリーアドレス制オフィスの歩き方 画像
ピックアップ

寅さんに学ぶ?フリーアドレス制オフィスの歩き方

寅さんのトランクには何がはいっているのか?寅さんの実践から学ぶ、フリーアドレスオフィスならではの整理術!

宇宙のことまで考える? 『コクヨのシンプル整理術』 画像
ピックアップ

宇宙のことまで考える? 『コクヨのシンプル整理術』

『仕事がサクサクはかどる コクヨのシンプル整理術』(KADOKAWA)では、片づけに限らずコクヨ社員が実践している様々な整理術が紹介されている。レビューとともに宇宙まで思いを馳せてみました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3