まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

【小学生のノート力】ノートの基本はやはり「文字をていねいに書く」です

 今回からは5回に分けてノートを書く際のテクニックをご紹介していきたいと思います。今月のテクニックは「文字は、ていねいに書こう」

文房具
国語の教科書を写しています。息子なりにていねいに書いています。下にあるのが徒然草をえんぴつでなぞる本です。終わると息子が丸付けをしてくれます。
  • 国語の教科書を写しています。息子なりにていねいに書いています。下にあるのが徒然草をえんぴつでなぞる本です。終わると息子が丸付けをしてくれます。
  • えんぴつの持ち方がしっかりできていれば、しっかりと力強い字が書けます。
  • ていねいに書くためには、罫線に合わせて書くことが基本です。そのためにもお子さまの文字やかきぐせにあった罫線選びをするのも大切です。
  • 太田あや著 『東大合格生が小学生だったときのノート』 講談社より発売中  Copyright (C) Kodansha Ltd. All Rights Reserved.
◆ていねいに書くとはやく書けない?

 先日、埼玉県のある小学校で、ノートの書き方の授業をしてきました。そのとき、4年生の男の子が「ノートをていねいに書いていると授業に遅れてしまう」と言っていました。字がとてもきれいな子でした。確かに、そういうこと、あります。そんなときに考えて欲しいのは、ノートは誰のために書いているか? ということです。ノートは自分のために書いています。美しく書くためではありません。最低限、自分が読める字であればいいのです。

 文字をていねいに書ける子は、スピードが上がっても文字もそんなに乱れません。だた、乱れた文字を自分が許せるかどうかなのです。ていねいに書くことを性分とする子にとっては難しいことですが、ノートの美しさに完璧さを求める必要はありません。

 東大生もよく言っていました。
「本当はもっときれいに書けるんだけど、そうすると授業に追いつけないので、これくらいで止めておきました」と。この東大生たちの潔さは、ノートは自分の目的のために書いているという意識がしっかりあるからなのだなと感じました。

《太田あや》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 文具メーカーの社員なら知ってて当たり前?ファイルの秘技を教えちゃいます

    文具メーカーの社員なら知ってて当たり前?ファイルの秘技を教えちゃいます

  2. 【開発秘話】表紙には6種の動物たち…60周年デザインに込めた「野帳」への愛

    【開発秘話】表紙には6種の動物たち…60周年デザインに込めた「野帳」への愛

  3. 就活で勝つ!就活戦略ノートで充実した活動を

    就活で勝つ!就活戦略ノートで充実した活動を

  4. 新入社員に聞いた!社会人デビューの手帳術とこだわり

  5. 【文房具 温故知新】発売60周年の測量野帳とスマホの意外な相性の良さ

アクセスランキングをもっと見る

特集