まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

マスキングテープに琵琶湖の水深くらい深い愛を込めて ~開発者はミタ!滋賀を愛する「ReEDENヨシ物語」その10~

 7月も半ばが過ぎ、夏真っ盛りです。夏といえば、海・琵琶湖ということで、今回はこの時期にぴったりのびわ活アイテム「びわこマスキングテープ」のデザインに込めた思いの丈をお伝えします。

文房具
【びわこマステ】お魚柄
  • 【びわこマステ】お魚柄
  • 【びわこマステ】センチメンタル
  • 【びわこマステ】繋がる絵柄
  • 【びわこマステ】左出し
  • 【びわこマステ】琵琶湖・ヨシ
  • びわこクリップ・びわこマステ
  • ヨシメッセージカード
 7月も半ばが過ぎ、夏真っ盛りです。夏といえば、海・琵琶湖ということで、今回はこの時期にぴったりのびわ活アイテム「びわこマスキングテープ」のデザインに込めた思いの丈をお伝えします。

◆お土産・文具として
 実は、びわこマスキングテープは、びわこ文具シリーズの第1号としてびわこクリップと同時に誕生した製品です。「滋賀らしいお土産文具」として、びわこの形をしたクリップを開発する傍、もう1つのアイテムとして、琵琶湖柄のマスキングテープがあれば、普段使いから仕事、また幅広い用途に使っていただけるのでは、と考えました。これまでの紙製品とはだいぶかけ離れている品目だったので無理かなと思ったのですが、なんとこの企画が採用に!クリップとともに、変換期での大きな挑戦と冒険でした。

◆琵琶湖のオリジナルデザイン
 さあ!どんな柄にしよう!とアイデアを練り始めました。びわこマスキングテープと銘打つのであれば、当然琵琶湖のフォルムは必要です。でも、琵琶湖が一定間隔で現れるだけでは面白くない。琵琶湖の魅力ってなんやっけ?何が面白いんやっけ…?と琵琶湖で頭がいっぱいに。

 そうしてデザインしたのが、琵琶湖のお魚や琵琶湖と人のさまざまな関わりです。開発目線でピックアップして、見てみましょう!

【琵琶湖のお魚】
 琵琶湖にのみ棲息する琵琶湖の固有種のお魚たちをデザインしています。左から順にイサザ、ホンモロコ、ニゴロブナ、ビワマス、ビワコオオナマズと、だんだん全長の大きなお魚になっていきます。
【びわこマステ】お魚柄
 こだわり思考の我々は、お魚のデザイン案をお世話になっている琵琶湖博物館の学芸員さんに見ていただきました。専門家にちょっと見てもらおう!という軽い考えが吹き飛ぶほどに、それはもう真摯に絵柄をチェックしてくださいました。魚の大きさの比率がおかしい、ヒレの形が違う、ビワマスの顎の形の特徴が……などなど、ならではのご指摘が。もうね、学芸員さんのお魚に対する愛が深い!!琵琶湖の水深くらい深いのです。でも、監修とつけましょうよ!と言うと遠慮されちゃうのです。慎み深いけれど強い情熱を確かに受け取り、このデザインに!

 ちなみに、琵琶湖博物館さんとはその後きちんと監修の上、コラボ製品を開発したのは、別のお話。

【釣り人の糸が垂れる先は】
 琵琶湖で遊ぶといえば、釣り!そんな一コマを切り取ったのがこのシーンです。
【びわこマステ】繋がる絵柄
 垂れた釣り糸が途切れているのですが、実はこのマスキングテープ、上下二段に貼り合わせると絵柄が繋がるのです!垂れた釣り糸は、琵琶湖の水面下のお魚のところに針を下ろしています。つまり、デザインが陸上と水中に分かれているのです。他にもちょこちょこと繋がる部分がありますので、ぜひ探してみてください!

 その他、琵琶湖のレジャーシーンを描いています!淡水で泳いでヨシ!穏やかな波でカヌーにヨシ!ヨットを楽しんでヨシ!

【センチメンタルに】
 失恋した時、友達とケンカした時、なんだかモヤモヤした時、人はどこに行くのでしょうか。そう、海です。大きな海を眺めて、それに比べて小さな自分を見つめ直し、気持ちや悩みを消化するのでしょう。でも、滋賀には海がありません。するとどこへ行くのか?そう、琵琶湖です!【びわこマステ】センチメンタル母なる湖は、きらめく湖面でもって出迎えてくれます。静かなさざなみに、気持ちが落ち着きます。琵琶湖は、ともに寄り添い生きる人々の心の拠り所でもあります。

【忘れちゃいけない、琵琶湖とヨシ】
【びわこマステ】琵琶湖・ヨシ
 そもそも、これは「びわこ」マスキングテープです。もちろん琵琶湖のフォルムが入っています。そのとなりには、ReEDENが守り育てているヨシと、鳥をデザインしています。

◆ヨシメッセージカードに込めた想い
ヨシメッセージカード
 マスキングテープとセットで入っているのが、琵琶湖・淀川水系のヨシを活用したヨシ紙のメッセージカードです。カードには、ビワコオオナマズやヨシ原、滋賀県の県鳥カイツブリなど滋賀らしい絵柄を木版画風にデザインしています。柔らかい絵柄が、ヨシの優しい風合いにマッチしている、こちらもこだわりの一品です。メッセージを書き、マスキングテープで書類やプレゼントに貼るなど、人に想いを“伝える”ツールです。

 ReEDENの理念は、ヨシを活用して琵琶湖の環境保全に寄与することです。それまで、PPC用紙やノートの中紙など、製品本体にヨシを活用してきました。このびわこ文具シリーズ発起に当たっては、ヨシ紙をメッセージカードとしてセットすることで、ヨシの活用の幅を広げることが目的でした。まずは、面白いな!とクリップやマスキングテープに目をとめていただき、後から気づく環境意識につながればと。もちろん、クリップやマスキングテープにも、この通りこだわり抜きました。そうした想いが、今日のびわこ文具シリーズへと続いています。

◆使い道は無限大
 マスキングテープって、使い勝手の良いアイテムですよね。テープとして、シールとして、絵柄を活かして。使い手の発想次第で、楽しみ方が広がります。

 びわこマスキングテープは、その絵柄から、滋賀のお土産にヨシ!自分使いにもヨシ!びわ活の思い出を書き留めるアイテムとしても、手帳や日記で活躍すること間違いなしです!熱い夏も、爽やかブルーで乗り切りましょう!

【ミタヨシコ】プロフィール"ミタヨシコ
 滋賀で生まれてこの方ずっと滋賀暮らしの「滋賀っ子」です。文具・雑貨が大好きで、ReEDENの開発グループの一員として、日々、滋賀の魅力探し・欲しい文具の妄想に励んでいます。プロジェクトの活動や製品開発の裏側など、開発視点でお届けっ!

《ミタヨシコ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 文具女子博2018開催!見逃せないおすすめポイント

    文具女子博2018開催!見逃せないおすすめポイント

  2. 【文具女子博】潜入レポート!愛と熱気にあふれた3日間!

    【文具女子博】潜入レポート!愛と熱気にあふれた3日間!

  3. 【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

    【2018ダイアリー診断】シゴト手帳は働き方にあわせて選ぶべし♪

  4. 福引き・席決め・グループ分け…カンタン「スピードくじ」でドキドキ

  5. 【文房具 温故知新】今さら、定規に驚かされる。

アクセスランキングをもっと見る

特集