まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

オセロは3歳から始められる!? 思考力と集中力を養い世界を目指せ

 オセロは、日本ではほとんどの人が「一度はプレイしたことがある」というほど、日本人には馴染みがあるゲームではないだろうか。ところが、外国ではオセロはまだまだ知られていない。オセロは、実は日本発祥のゲームということをご存知だろうか。

ピックアップ
認定証
  • 認定証
  • イメージ
 2018年10月9日から12日にチェコのプラハで開催された第42回世界オセロ選手権において、日本人の小学5年生の福地啓介君(11)が世界の大人たちを抑えて優勝。ギネス世界最年少記録を4歳も縮める快挙だった。

 福地君が全日空機で帰国する際、機長の谷田邦彦さん(51)が機内アナウンスで祝福。それまでの記録は、谷田さん自身が1982年に打ち立てた15歳という記録だったことを明かすサプライズがあったことも、ニュースになった。今回の快挙をきっかけに、世界を目指せる競技として「オセロ」が注目されている。

オセロは日本発祥のゲーム



 オセロは、日本ではほとんどの人が「一度はプレイしたことがある」というほど、日本人には馴染みがあるゲームではないだろうか。ところが、外国ではまだまだ知られていない。オセロは、実は日本発祥のゲームということをご存知だろうか。

 考案したのは、長谷川五郎氏。1973年に長谷川五郎氏により「日本オセロ連盟」が設立、1977年からは世界オセロ選手権が開催され、今では世界選手権に30の国と地域から参加者が出場する大会となっている。とはいえ、歴代世界チャンピオンには日本人の名前が並び、日本は今なお、世界最強国だ。

覚えるには1分、極めるには一生



 オセロの特徴といえば、やはり、シンプルなルールだろう。黒と白が交互に石を打ち、相手の石を挟むと、自分の石の色に変えることができ、最終的に石の多いほうが勝ち。オセロは将棋、囲碁などの盤上ゲームに比べ、ルールが簡単で、3歳ぐらいの小さな子でも楽しめる。

 一方で、あまり知られていないのがオセロの奥の深さ。とにかく、最初からたくさん石を取っていけばいいと思われがちだが、実はそうではないのだ。勝ち負けは、偶然でも運でもなく、将棋と同じように名前が付けられた定石もある。オセロのキャッチコピーは「A minute to learn, a lifetime to master.覚えるには1分、極めるには一生)」。

 勝つためには、先を読む力深い思考力集中力が必要となる奥が深いゲームなのだ。途中まで優勢でも、後半で逆転されることもあるため、粘り強さ、メンタルの強さも必要だ。将棋や囲碁と同じように、級や段があるので、実力が上がっていくことを実感できるのが嬉しい。

認定証

オセロ指導者に聞く「オセロが強くなるには」



 では、オセロは、どうすれば強くなるのだろうか。日本オセロ連盟東京都本部長で、1999年世界選手権準優勝も果たしている中島哲也八段に、どうやってオセロがうまくなったのかを伺った。

 中島八段は、4歳の誕生日に、お姉さんからオセロ盤を贈られたことがきっかけで、毎日のように、おばあちゃんとオセロを打っていたそうだ。幼稚園のころには、近所で開催されたオセロ大会で入賞。中学生のときには、全国大会に出場するも予選敗退。その帰りに、母親に「森田オセロ」というコンピューターオセロを買ってもらったことが転機となり、本格的にオセロに没頭したそうだ。オセロの本などでも独学した中島八段だが、「指導者がいたら、もっと効率よく学べたのに」という思いから、現在は、東京・品川で小学生向けのオセロ教室を開催。小学生グランプリなどで活躍する子どもたちを多く輩出している。

 世界を目指すためには、何歳から始めるのが良いのか。中島八段は、「早ければ早いほど良い」という。4歳の子どもでも、先生の解説を理解して強くなっていくそうだ。オセロにも強くなる「素質」というのがあるのだろうか。

 「ある程度強くなる子かどうかは、勘のよさ、飲み込みのよさでわかります。ただズバ抜けて強くなる子は、オセロが大好きで夢中になれる子。そういう子は、受け身の姿勢ではなく、自分でも強い人の棋譜を研究したり、オセロの本を読んだり、ネットで対局しまくったりするので、あるとき、そうした知識・経験がストンと腹に落ちて、グンと強くなります。」(中島八段)

 本人が好きであることが一番大事。どんな習い事でも同じようだ。

「ズバ抜けて強くなる子は、オセロが大好きで夢中になれる子」(中島八段)

オセロで鍛えられるさまざまな能力。モテる子になる!?



 もし、子どもがオセロにハマったら? 夢中になれることが見つかったなら、応援してあげたいものだ。しかし、強くなる子は、時間があればずっとオセロ…という。となると「そんなにオセロにハマって、大丈夫?」と不安になる親もいるのでは。そんな親のために、中島八段に、オセロが子どもにもたらす良い影響を聞いた。

 「オセロがきっかけで、学校の成績が良くなることも珍しくないそうです。たとえば、オセロが強くなりたい一心で本を読み漁った結果、読解力や作文力が向上したり。オセロでは、定石を暗記する必要があるので、社会や歴史の暗記が得意になったり。さらに、自分が打つ手により局面がどう変わるか、全体から細部まで慎重に検討する必要があります。結果として「変化に敏感」になる。たとえば、奥様が髪を切ったとか、シャンプーを変えたとか、そういう変化も逃さなくなったり。」(中島八段)

 変化に気づく…そんな男の子は、女の子にモテること間違いなしかもしれない。とても奥が深いオセロ。とはいえ、一番の魅力は、シンプルで楽しいこと。ぜひ、まずはご家族で楽しんでみてほしい。

(取材協力:日本オセロ連盟品川支部長・中島哲也氏)
《鯰美紀》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. 相手の視点でプレゼンのシナリオを考えるって具体的にどうするの?

    相手の視点でプレゼンのシナリオを考えるって具体的にどうするの?

  2. 相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

    相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

  3. コクヨデザインアワード2018受賞作品決定!テーマは『BEYOND BOUNDARIES』

    コクヨデザインアワード2018受賞作品決定!テーマは『BEYOND BOUNDARIES』

  4. 中高生が200万回以上見た! “神ノート”作者のみいこさんインタビュー

  5. 働く女子に学ぶ! みんなが実際にやっている、簡単メモ&ノート術

アクセスランキングをもっと見る

特集