まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

コクヨデザインアワード2018受賞作品決定!テーマは『BEYOND BOUNDARIES』

コクヨは、「コクヨデザインアワード2018」の結果を1月18日に発表しました。国内外1,289点の応募の中から、山崎タクマの「音色鉛筆で描く世界」」が輝き、計4作品が受賞作品に選ばれました。

ピックアップ
グランプリ「音色鉛筆で描く世界」
  • グランプリ「音色鉛筆で描く世界」
  • 優秀賞「Palletballet」
  • 優秀賞「スマートなダブルクリップ」
  • 優秀賞「白と黒で書くノート」
  • グランプリトロフィー
  • 優秀賞トロフィー
  • 賞状
  • ノミネート「みんなのかきとりちょう」
 コクヨは、「コクヨデザインアワード2018」の結果を1月18日に発表しました。国内外1,289点の応募の中から、山崎タクマの「音色鉛筆で描く世界」」が輝き、計4作品が受賞作品に選ばれました。

 コクヨデザインアワードは、使う人の視点で優れた商品デザインを公募し、商品化を目指すコンペティション。顧客起点でのモノづくりをより強化することを目的に、2002年の開始以来、今回で16回目を迎えます(2010年開催のみ休止)。

 仕事と生活の境界の曖昧さ、コミュニケーションのフラット化が進むなど、今まで当たり前に存在していた境界のあり方が変化している一方で、国や文化、ジェンダーなど、社会的にも境界を越えるというテーマは注視に値するという考えから、コクヨデザインアワード2018では『BEYOND BOUNDARIES』というテーマで作品を募集しました。2018年6月22日~8月31日の募集期間に、国内766点と海外523点の合計1,289点の応募がありました。

 審査の結果、グランプリに山崎タクマの「音色鉛筆で描く世界」、優秀賞にSoch (Athul Dinesh / Ghufran Ahmed / Pranav Kishore Bidwe)の「Palletballet」、豊福 昭宏の「スマートなダブルクリップ」、中田邦彦の「白と黒で書くノートの三作品が選ばれました。」

 グランプリに輝いた「音色鉛筆で描く世界」は、「本提案は、紙と鉛筆の微小な摩擦音を増幅することで、文具を介して生まれる新たなコミュニケーションのかたちをあらわしたプロジェクトです。「描く」ことの意味を再考し、視覚情報を残すことを目的としない「楽器としての文具」の在り方を探求しました。文具を音色をえがく為のクリエイティブツールとして再定義することで、目の見えない人と見える人にとって、新鮮な創造的体験の可能性をあらわしました。」と説明されています。

◆コクヨデザインアワード2018
テーマ:BEYOND BOUNDARIES
【グランプリ】1作品
・音色鉛筆で描く世界
 一般名称:シャープナー、定規、ペンホルダー、クリップ、鉛筆
 受賞者・グループ名:山崎 タクマ

【優秀賞】3作品
・Palletballet
 一般名称:画材
 受賞者・グループ名:Soch (Athul Dinesh / Ghufran Ahmed / Pranav Kishore Bidwe)

・スマートなダブルクリップ
 一般名称:クリップ
 受賞者・グループ名:豊福 昭宏

・白と黒で書くノート
 一般名称:ノート
 受賞者・グループ名:中田 邦彦
《inspi編集部》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. ショコラティエ川路さとみさんの挑戦 【シリーズ】新しいページをひらく人たち(1)

    ショコラティエ川路さとみさんの挑戦 【シリーズ】新しいページをひらく人たち(1)

  2. ものづくりにやさしさを。コクヨのユニバーサルデザイン

    ものづくりにやさしさを。コクヨのユニバーサルデザイン

  3. プレゼンテーションツールの使い方が残念な人

    プレゼンテーションツールの使い方が残念な人

  4. 相手を動かすプレゼンの終わり方~最後の一言を決めておこう~

  5. 色鉛筆画家、林亮太先生にインタビュー!

アクセスランキングをもっと見る

特集