まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

「アワードそのものも境界線を越え、新たなフェーズへ」コクヨデザインアワード2018

 2019年1月18日、「コクヨデザインアワード2018」の表彰式&審査員トークショーがスパイラルホールで開催されました。世界46カ国から集まった応募作品1,289点から、グランプリ1点と優秀賞3点が決定しました。

ピックアップ
「コクヨデザインアワード2018」表彰式のようす
  • 「コクヨデザインアワード2018」表彰式のようす
  • 「コクヨデザインアワード2018」表彰式のようす
  • 「コクヨデザインアワード2018」表彰式のようす
  • 「コクヨデザインアワード2018」会場エントランス
  • 「コクヨデザインアワード2018」グランプリに授与されたトロフィー
  • 「コクヨデザインアワード2018」オーディエンス賞の投票ボックス
  • 「コクヨデザインアワード2018」グランプリを受賞した山崎タクマ氏
  • 「コクヨデザインアワード2018」表彰式冒頭で挨拶するコクヨ会長・黒田章裕氏
 2019年1月18日、「コクヨデザインアワード2018」の表彰式&審査員トークショーがスパイラルホールで開催されました。世界46か国から集まった応募作品1,289点から10点が一次審査を通過。この日行われた最終審査(二次審査)によってグランプリ1点と優秀賞3点が決定しました。

 コクヨデザインアワードは、単にすぐれた作品を表彰するだけでなく、コクヨが商品化に向けて取り組むことを約束しているデザインコンペです。過去に商品化された作品は17を数え、「コクヨデザインアワード プロダクツ」としてブランド化しています。

 会場に入ると、ホール入口はファイナリストの作品に見入る人々で埋め尽くされていました。昨年から「オーディエンス賞」が設けられ、来場者は作品のプレゼンテーションシートとプロトタイプ(作品模型)をもとに自分のお気に入り作品に投票できます。もしも自分のお気に入りと審査員の評価が同じなら、なかなかのセンスの持ち主かも。そんなことも楽しみにしつつ、表彰式のスタートです。

会場エントランスには、今回のテーマをあしらった壁面とそれをよじ登る人物の姿が。

グランプリは山崎タクマ氏「音色鉛筆で描く世界」



 2018年度のテーマは「BEYOND BOUNDARIES」。コクヨ会長の黒田章裕氏は冒頭、「世界で、そして私たちの身近なところでも、今さまざまな『境界線』が生まれている。我々もそういった境界線を跨ぐように、単なる文具や家具の域を越えて、モノの提供・消費という視点だけではなく、新しい価値を提供していきたい。今日のファイナリストの作品からもそのことを垣間見ていただければ」と挨拶しました。

 審査員は、植原亮輔氏(KIGI代表/アートディレクター・クリエイティブディレクター)、川村真司氏(PARTY NY代表/エグゼクティブクリエイティブディレクター)、佐藤オオキ氏(nendo代表/デザイナー)、鈴木康広氏(アーティスト)、渡邉良重氏(KIGI/アートディレクター・デザイナー)、そしてコクヨ社長の黒田英邦氏です。

 日本を代表するクリエーターと、「商品化」という使命を担うコクヨの社長が選んだグランプリ作品は、“音色を描く”という新たな役割を文具にもたらした「音色鉛筆で描く世界」(山崎タクマ)でした。優秀賞は、遊び心の詰まった回転する画材「Palletballet」(Soch/Athul Dinesh・Ghufran Ahmed・Pranav Kishore Bidwe)、新しいダブルクリップを提案した「スマートなダブルクリップ」(豊福昭宏)、視覚が持つ境界を利用した灰色の紙のノート「白と黒で書くノート」(中田邦彦)の3点。そしてオーディエンス賞には、グランプリと同じ「音色鉛筆で描く世界」(山崎タクマ)が選ばれました。

グランプリは山崎タクマ氏の「音色鉛筆で描く世界」に決定。オーディエンス賞とのダブル受賞!

作品への思いが詰まった受賞者のコメント



グランプリ「音色鉛筆で描く世界」(山崎タクマ)
「これは目の見えない方と一緒につくったプロジェクトです。課題をデザインでどう乗り越えるか、制作期間中、毎日悩みもがいた跡までも評価していただき、嬉しく思います」

グランプリ作品「音色鉛筆で描く世界」。シンプルで手に馴染む洗練されたフォルムが美しい。

優秀賞「Palletballet」(Soch/Athul Dinesh・Ghufran Ahmed・Pranav Kishore Bidwe)
「私たちはインドから来た学生です。インドを代表してこの場にいることを大変誇りに思っています。本当にありがとうございました」

優秀賞「スマートなダブルクリップ」(豊福昭宏)
「このアワードへ挑戦し続けられたのは、私の作品を『楽しい』と喜んでくれる友人や家族がいたから。今回の受賞で、彼らの目が確かだったと証明できたのかなと思います」

優秀賞「白と黒で書くノート」(中田邦彦)
「ようやくこの場に立てたことが嬉しい。この作品は商品化に向けてもしっかり考えたつもりなので、これからさらにいいものにして、店頭に並ぶのを楽しみにしたいです」

グランプリ作品は満場一致



 木田隆子氏(雑誌「エル・デコ」ブランドディレクター)を司会・進行役に迎えての審査員トークショーは、グランプリ作品「音色鉛筆で描く世界」の講評から始まりました。

トークショーの司会を務める木田氏「コクヨデザインアワードの進化を実感しています」

木田:今回は「どんな境界をどうやって越えて、それを越えるとどうなるの?」というところから発想を広げるテーマ設定でした。グランプリは満場一致で決まり、しかも皆さん、プレゼンテーションが始まる前からプロトタイプを手に取って描き始めるほどの前のめり具合でした。

植原:実は一次審査の段階ではよくわからなかったんですが、最終審査で改良されたプロトタイプを見せてもらい、またデザイナーのプレゼンテーションを聞いたら、テーマにすごく合っていて、新しい扉を開いたな、という感覚が芽生えました。

川村:僕のクライテリア(判断基準)は「テーマとのブリッジ、アイデアのジャンプ、デザインとしてのクラフト、そして自分が欲しいか」なのですが、この作品は4つとも満たしていた。とんでもなく斜め上のアイデアです。本来ビジュアル表現に使うべきツールを耳で楽しむツールに変換する装置を発明したような。

佐藤:最終審査に向けたラストスパートが素晴らしく、このデザインコンペが求める理想形がいきなり体現されたという印象です。やはり「思いつきで終わらせない」ことはすごく大事だなって。視覚情報を音声情報に変換する、というアイデアまではなんとなく浮かぶけれど、この作品はちゃんとモノとして昇華させています。

鈴木:この作品を使った瞬間「僕自身が鉛筆になった」という感覚がありました。その拡張感たるや、電子的なメディア技術では絶対に体験できないものでした。正直、僕自身がついて行けなかった。こんな感覚は今まで経験したことがありません。

「試し書きをした瞬間、身体の拡張を感じた」とグランプリ作品について語る鈴木氏

渡邉:私は仕事で鉛筆をよく使っているので、鉛筆の音は聞き慣れているほうだと思っていましたが、この作品を使用する際に聞こえる音がすごく良くて、プレゼンテーションの最中、ずっと落書きしていました。「音を聞くことで書いている文字が分かる」ということの可能性に期待しています。

モノよりコトを伝えたかった



黒田:山崎さんは視覚にハンディキャップを持たれた方とワークショップをされたそうですね。誰の立場に立って、どこまでこだわるか、という価値をつくるプロセスがすごく感動的でした。世の中にものが溢れ、文具もデジタル化していく中で、我々は何を目的としてものづくりをしていくのかに悩む日々ですが、ここにはそれに対する1つの答えがあり、背中を押された作品でした。コクヨとしても、グランプリにふさわしい作品だと思います。

木田:(会場の受賞者席へ向かって)デザインした山崎さん、審査員に聞きたいことはありますか?

受賞者・山崎:本当はモノをつくりたくありませんでした。モノをつくるとそちらにばかり目が行ってしまうし、モノの提案に終始してしまう。それよりも「音を増幅させるとこんなことが起きる」という可能性を伝えたかった。提案の仕方として、どのようなビジュアルにすればより伝わるか、最後まで悩みました。

川村:体験してなんぼだなと思いました。子どもの頃に作文を書いていたときの思い出がパッと蘇りました。感覚って、モノがないとやはり得られないので、そういう意味ではモノをつくったことは正しかったと思う。コンセプトレベルで終わっていたらここまでの評価につながらなかった。

《柏木由美子》

関連記事

ピックアップ アクセスランキング

  1. 「男性の育休」のリアル~その3「残されたメンバーの闘い」

    「男性の育休」のリアル~その3「残されたメンバーの闘い」

  2. 【一発OKが出る資料をつくるコツ】いい資料に必要な6つの構成要素とは(第2回)

    【一発OKが出る資料をつくるコツ】いい資料に必要な6つの構成要素とは(第2回)

  3. 【1分間プレゼン02】ダメなプレゼンに見られる4つのキャラ

    【1分間プレゼン02】ダメなプレゼンに見られる4つのキャラ

  4. 学習時のPDCに合わせた最新文房具あります

  5. 【1分間プレゼン01】「プレゼン」をしているつもりが「説明」になっている残念な人

アクセスランキングをもっと見る

特集