まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

ミュージシャンのお道具箱(その14)~INSPi北の音楽的文房具「旅先でのスケジュール管理」~

「この木なんの木」のCMでおなじみ、アカペラグループINSPiのメンバーである北が、ミュージシャンと文房具の懸け橋となるべく執筆しておりますこのコラム。今回は旅先で使った「Pat-mi Pocket」とともに、ミュージシャンの旅の様子をご覧いただきます。

文房具
日・ミクロネシア連邦外交樹立30周年大型文化事業として、コンサートとワークショップを開催。
  • 日・ミクロネシア連邦外交樹立30周年大型文化事業として、コンサートとワークショップを開催。
  • Pat-miをこの旅の専用スケジュールとして採用。
  • マンスリーとウィークリーバーチカルを同時に閲覧できる。
  • 使わなかった欄は旅の間の出納帳として活用。
  • クリヤーブックにも入れておける薄さ。コンサートのチラシと一括管理。
  • ミュージシャンのお道具箱(その14)~INSPi北の音楽的文房具「旅先でのスケジュール管理」~
 「この木なんの木」のCMでおなじみ、アカペラグループINSPiのメンバーである北が、ミュージシャンと文房具の懸け橋となるべく執筆しておりますこのコラム。今回は旅先で使った「Pat-mi Pocket」とともに、ミュージシャンの旅の様子をご覧いただきます。

ミュージシャンと旅



 ミュージシャンの活動のメインとなるのは、やはりライブです。自分たちで企画してツアーを開催したり、あるいはぜひINSPiに歌ってほしい場所やイベントがあるということで呼んでいただくこともあったりして、デビューして17年の間に気が付けば日本全国全県制覇を達成しています。

 知り合いのミュージシャンを飲みに誘おうと連絡を取ってみると、「今ツアー中でゴメン」と断られたり、逆に誘われたのに自分がツアー中で断ったりすることもしばしば。ミュージシャンにとって旅は生活の一部と言っていいぐらい身近なものです。

 通常ミュージシャンが演奏旅行をする場合、ギターなりベースなりキーボードなり、自分の扱う楽器を旅先の会場に用意しなければなりません。持参したり輸送したり現地で手配したりするといった手間が必要なのです。ですがINSPiはアカペラグループ、全員ボーカルですので楽器を持たずに声だけでステージを作ります。音響の手配や確認は事前に必要ではありますが、旅に楽器を持参しなくていいのはアカペラの良いところのひとつです。

 招く側の裏の理由として「アカペラだったら身ひとつで来られるからいろいろと楽だろう」というイメージがあるのかないのか(笑)ありがたいことに海外での公演の依頼が来ることもあります。INSPiは今までにタイ、インドネシア、モンゴル、ウズベキスタン、カザフスタン、香港、ブラジル、メキシコなど世界の様々な場所で歌ってきました。

 2018年9月にはグアムの南に位置するミクロネシア連邦で、コンサートとワークショップをしてきました。在ミクロネシア日本国大使館主催の外交樹立30周年記念事業の一環で、滞在日数6日のうちにコンサート3回、ワークショップを5回というハードスケジュール。国際親善の担い手としてINSPiへの期待感がもりもりなスケジュール設定でしたが、その旅を支えてくれたのが「Pat-mi Pocket」でした。


ミクロネシア旅で役立った「Pat-mi」



 スケジュールを管理するときに大事にしていることは何ですか?僕は必ず手書きで、自分で書く ことで、自分に染み込ませて把握させる作業をしています。共有のためにネット上でカレンダーをメンバーと共有もしていますが、時間と手間がかかっても必ず手書きをしています。これはセルフでのダブルチェックとしても有効なやり方と言えます。

 今回のミクロネシア旅では、先方の準備したスケジュール表がありました。それを印刷しておけば約1週間の全行程を問題なく閲覧は可能ですし、メンバーとスタッフ間の共有のためにも同じものを使うことが正しく便利で楽な手法です。ただ、僕は用意されたものだけを使うことは何となく受け身に感じてしまうのです。

 僕はどうにかして能動的な旅にしたかった。スケジュールを手書きで、自分で書くことで少しでも自分の旅になるのではないか、と思って使ったのが当時出来立てほやほやの「Pat-mi pocket」でした。

マンスリーとウィークリーバーチカルを同時に閲覧できる。

 厚めの紙でできた1か月分のマンスリーとウィークリーバーチカルが合体したつくりのスケジュールで、上にめくるとその週の時間軸を書ける欄が現れます。移動行程まで含めると10日のハードスケジュール旅にピッタリの機能。「移動日」や「コンサート会場」など、その日の大きなトピックはマンスリーに、細かい時間や詳細はウィークリーバーチカルに記載することで、自分だけの能動的スケジュール表が完成しました。

 これ便利だなと思ったのが、ホテルから会場へ、また会場から会場へと衣装のまま移動するようなときでも、スーツの内ポケットにすっと入れておける点。軽くかさばらないのでスーツも型崩れせず、いつでもその先のスケジュール確認ができました。「1か月分を持ち歩く」という絞った機能のスケジュールならではの便利ポイントです。

 旅が終わった後は、その時の資料やチラシなどと一緒にファイルに放り込んでおけば、いつでも見返せる思い出の品に早変わり。ここでも薄くて軽い点が役に立っています。

クリヤーブックにも入れておける薄さ。コンサートのチラシと一括管理。

 Pat-miに助けられながらミクロネシア連邦での公演は大成功。ワークショップで教えた生徒たちが、年が明けてもいまだに練習を重ね、ことあるごとに「上を向いて歩こう」を披露しているとのことです。訪れたその時だけでなく、人々の中に残る仕事ができたこと、とても光栄に思います。

世界遺産ナンマドールにて。アロハは正装です


自分で書くということ



 どこへ行って何を食べたなどの情報が、スマホの位置情報や撮った写真などから自動的に記録されて、ライフログとして提供されるようなサービスも出てきている昨今。だからこそ、意志をもって自分で動き、自分で残すということが問われ、価値を持つ世の中になっていくのだと思います。

 偉そうなことを言っていますが、結局は自分で書き残すのって楽しいよと言っているだけです。例えばあなたが旅行するとき、旅行会社から送られてきた行程表を自分の手で手帳に記入するだけで、その旅はもうあなたのもの。

 未来の予定を書くってそれだけでワクワクしませんか?INSPiは今2019年夏のツアーを準備中です。あなたの手帳にINSPiという文字をワクワクしながら記入してもらえるように、僕は僕で打ち合わせのスケジュールを今日も追記するのです。

INSPi 北剛彦
アカペラグループ「INSPi(インスピ)」のVocal担当。文房具好き。出身地である静岡県磐田の「いわた茶PR大使」を務める。 / INSPi:2001年フジテレビ「ハモネプ」出演がきっかけとなりメジャーデビュー。2005年2月より日立CMソング「この木なんの木」を担当。

《INSPi 北剛彦》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 実録「令和キャンパスノート」発売への道~デザインが、できたぞー!!~

    実録「令和キャンパスノート」発売への道~デザインが、できたぞー!!~

  2. 「人にやさしくて、便利な文房具5選!」こんなところに工夫が!?

    「人にやさしくて、便利な文房具5選!」こんなところに工夫が!?

  3. 人気のロングセラー商品「測量野帳」そのわけは?

    人気のロングセラー商品「測量野帳」そのわけは?

  4. こんなにおしゃれな使い方も! 「測量野帳」のステキ活用術

  5. 測量野帳のちょこっとカスタマイズ~地味な進化を自分で起こす~

アクセスランキングをもっと見る

特集