まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

実録「令和キャンパスノート」発売への道~表紙印刷!~

当初は特に何もする予定がなかった新元号関連のアイテム。それが、「令和」が発表された後に、急遽発売することになり…!?そんな「令和キャンパスノート」発売までの舞台裏を、リアルタイムでレポートします!

文房具
令和キャンパスノート
  • 令和キャンパスノート
  • 1回目の色校正結果。右がデータ修正している様子です。
  • 2回目の色校正結果。花びらが重なるところ、黒の透け感の表現が難しい…
  • 3回目の色校正結果。色もバッチリ!花びらもバッチリ!
前回のあらすじ)自分で言うのもなんだけれど、nendoさんのおかげで期待以上にいい感じのデザインになった令和キャンパスノート。ここからはいよいよ生産の工程。はたして、デザインを忠実に製品に落とし込むことができるのだろうか?

4月26日



 ここからは、実際に滋賀工場に足を運んで生産に立ち会った開発担当からのメールを元にお送りします。

色修正、再色校正中



「1回目の色校正、色がうまく出なくて、今データを修正してもう一度製版している途中です。」

1回目の色校正結果。右がデータ修正している様子です。

※解説
 デザインをチェックするときは、オフィスにある一般的なレーザープリンターで出力しますが、ノートの表紙を作る印刷機は印刷の方式が全く異なります。

 そのため、デザイナーが意図する表現を忠実に再現するためには、生産現場の知識と経験を元にした製版と、インクの色合いや濃度の細かな調整が不可欠なのです。

2回目の色校正もダメです



「2回目の色校正もやり直ししてます。

 色はだいぶ良くなりましたので色自体はこれでいきますが、赤の花びらが重なるところの色差がうまく出なくて苦戦してます。

 ちなみに、黒の数字の透け感も難しいです。

 オフィスもしくは家庭用プリンタだと黒色を他の色の上に乗せることができるので出力イメージでは黒色が乗っかる感じで見えるのですが、印刷機は黒をいちばん始めに刷るので黒の上にほかの色が乗ります。

 なので、プリンタ出力のように下の色を隠すぐらいの透け感で表現するのが難しくて、黒の濃度も今調整中です。が、黒の濃度が元々調整できない濃度でデザインされているので印刷機でインキ量を調整するやり方しかできなさそうです」

2回目の色校正結果。花びらが重なるところ、黒の透け感の表現が難しい…

無事に終わりました



「令和キャンパス無事に赤の花びらの重なりもくっきりになり、印刷も終えて明日の断裁を待つだけです。

 これで表紙は無事に終わりました。次は製本作業です。

 今日はめちゃくちゃ疲れました。久しぶりに手間のかかるデザインでした。」

3回目の色校正結果。色もバッチリ!花びらもバッチリ!

 複雑なデザインは、生産するのも難しい。普段なにげなく手にとっているノートは、こんな苦労の上で作られているのだな…とメーカー社員でありながら、改めて感じることができました。

 次は表紙と中紙を貼り合わせる製本作業と、出荷のための包装作業です。あと少し!あと少し!

(続く)

まそそそ
入社以来、文房具とまったく関係の無いB2B畑を歩んできたが、文房具好きが認められて(バレて?)いつのまにか公式ツイッター「コクヨのぶんぐ」(@kokuyo_st)の中の人に。かわいいモノよりシブいモノが好きなオタク系女子。
《まそそそ》

関連記事

文房具 アクセスランキング

  1. 試験直前の勉強計画はスタディプランナーにおまかせ

    試験直前の勉強計画はスタディプランナーにおまかせ

  2. ジブン手帳キャンペーン結果発表…優秀作品に選ばれた6名の手帳術とは?

    ジブン手帳キャンペーン結果発表…優秀作品に選ばれた6名の手帳術とは?

  3. ジブン手帳2020年版登場!リニューアルポイントを徹底解説

    ジブン手帳2020年版登場!リニューアルポイントを徹底解説

  4. 「人にも自分にも役に立つ」ことが条件…思考を伝えるノートがすべてを制す!?

  5. みんなメモ帳を何に使っているの?気になる職業の方に聞いてみた【後編】

アクセスランキングをもっと見る

特集